実話をもとにした感動する名作野球映画、おすすめ3選!

money-ball-movie

1839年に始まった野球は、歴史あるスポーツで、これまで多くの映画が実話に基づいて作られてきました。また、野球はプレイするだけでなく、ブックメーカーの中でも人気あるスポーツの1つです。野球に賭けられるブックメーカーは「ブックメーカー野球」がおすすめです。

日本国内では、賭博を提供する側(胴元)および、賭博する側(プレイヤー)双方が、日本国内で違法賭博を行った場合に違法賭博が成立しますが、海外で政府の許可を受けているブックメーカーを起訴することはできないため、これまでに逮捕者は出ていません。この記事では、実話をもとに作られた野球映画3選について紹介します。野球について知ることで、ブックメーカーをもっと楽しめるようになるでしょう

マネーボール

メジャーリーグの常識を覆した野球映画。選手からフロントに転身したビリー・ビーンは、若くしてメジャーリーグの弱小球団、アスレチックスのゼネラルマネージャーに。

ビリーはある時、世界中から超エリートが集まるイエール大学経済学部卒で、データ分析に長けた男、ピーターに出会う。彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出す。周囲の反対を押し切ってのちに「マネーボール理論」と呼ばれる戦略を実践。貧乏球団を常勝球団に生まれ変わらせていく過程を描く、誰もが予想することのできなかった奇跡を起こすリアルストーリーとなっています。

42〜世界を変えた男〜

史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの半生を描いたドラマです。ブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)のゼネラルマネージャーを務めるブランチ・リッキーとの交流を軸に、偏見や差別が残る白人の世界に飛び込み奮闘する彼の姿を描く。

ブルックリン・ドジャースのGMであったリッキーは周囲の反対を押し切り、ロビンソンとメジャー契約を結ぶ決断をした。2人は、ファンやマスコミ、チームメイトからも誹謗中傷を浴びせられるが、自制心を貫き、背番号42を誇るようにプレーするロビンソンに対して、次第に周囲の人々の心も一つに。

ミリオンダラーアーム

インド初のメジャーリーガーを発掘した、スポーツエージェント、JB・バーンスタインの実話を映画化したドラマ。キャリアの危機に陥ったスポーツエージェントのバーンスタインは、一発逆転を狙い、豪腕投手の原石を見つけようと野球未開発の地インドでコンテスト形式のリアリティショー番組、ミリオンダラーアームを制作。

番組で最後まで勝ち残った2人を連れてアメリカに帰国したバーンスタインは、彼らに野球を教え込んでメジャーリーガーに育てようとする。様々なトラブルに遭いながらも前代未聞の挑戦に挑む、二転三転する展開と爽快なサクセスストーリーに驚きと感動が押し寄せる。

まとめ

以上3選が、実話を基にしたおすすめの野球映画です。ブックメーカーをもっと楽しむためにも、ぜひみてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新しいエントリー

カテゴリー

タグ