日本のアーケードゲーム ベスト2022

japanese-arcade-games

となると、日本のゲーム市場は王者です。欧米のアーケードゲームにも珠玉の作品はあるが、アーケードゲームのプレイヤーの大半は、日本で開発されたゲームをプレイしている。では、なぜ日本発の名作が欧米に進出していないのだろうか。それは、さまざまな理由が考えられる。開発者が、欧米では自分たちのゲームに十分な観客がいないと考えているのかもしれない。他の地域でどの程度通用するのか心配なのかもしれない。理由はともかく、日本のアーケードゲームには、欧米市場に出ていない素晴らしい作品が数多く存在する。ここでは、そのいくつかを紹介する。

1. ガンダムVS

ガンダムVSは1999年以来、日本のアーケードで定番となっている2人用のメカファイターである。このゲームは、巨大ロボットのチームを相手に壮大なバトルを繰り広げるもので、長年にわたっていくつかのトーナメントで紹介されてきた。速いテンポのアクションと印象的なビジュアルで、『ガンダムVS』はどんなアーケードでもヒットするだろう。

2. ぷよぷよテトリス

ぷよぷよテトリス」は、「テトリス」のブロックマッチングゲームと「ぷよぷよ」の特徴的なパズルゲームとを組み合わせたクロスオーバーゲームです。両シリーズのファンにはたまらない、熱狂的なパズルゲームに仕上がっています。ぷよぷよテトリス』は2014年の発売以来、日本でもヒットしていますが、欧米でも同じように人気が出るのは間違いないでしょう。

3. 電撃文庫 ファイティング クライマックス

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』は、電撃文庫から刊行されているライトノベルのキャラクターが登場する2D対戦格闘ゲームです。2014年に日本のアーケードで発売され、批評家から好評を博した。カラフルなキャラクターとタイトな戦闘メカニックで、Dengeki Bunko Fighting Climaxは世界中の格闘ゲームファンにヒットすることでしょう。

4. スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

スーパーストリートファイターIV アーケードエディションは、人気格闘ゲーム「スーパーストリートファイターIV」のアップデート版です。2011年に日本のアーケードで発売され、ファンや評論家から絶賛を浴びました。スーパーストリートファイターIV アーケードエディションは、その象徴的なキャラクターと激しい格闘ゲームプレイで、どのようなアーケード環境でも確実にヒット作となることでしょう。

5. 太鼓の達人

画面上の合図に合わせて太鼓を叩くリズムゲーム。2001年に発売されて以来、日本のアーケードゲームの主流となり、数多くの続編やスピンオフゲームが生み出されている。そのシンプルで中毒性のあるゲームプレイから、「太鼓の達人」はアーケードゲームの初心者からベテランまで幅広く楽しめるゲームでしょう。

これらは、まだ欧米市場に出ていない数多くの素晴らしい日本のアーケードゲームのほんの一部です。アーケードゲームのファンなら、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新しいエントリー

カテゴリー

タグ