Home Gamedb GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

by админ

ゲーム情報:GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

12月4日にPlayStation 3・PlayStation 4にてコンシューマ版がリリースされた格闘ゲームです。タイトルの「Xrd」は本作が、本伝となるシリーズの一作目『GUILTY GEAR (GG) 』・二作目『GUILTY GEAR 2 OVERTURE (GG2) 』・一作目の物語を補完する外伝シリーズ『GUILTY GEAR X (GGX) 』・『GUILTY GEAR XX (GGXX) 』から続いて、両方の観点から見ても「3番目の作品」であるという点から命名されています。シリーズの生みの親である石渡太輔氏が手がける格闘ゲームとしては、GGXXから10年ぶり、シリーズとしてはGG2から7年ぶりの続編となります。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-:イメージ画像1

●ゲームの特徴

これまでの「GUILTY GEARシリーズ」は、GG2を除き2Dグラフィックによる対戦格闘ゲームであったが、今回はキャラクターを含め全てのビジュアルを3Dポリゴンにて描写しています。3DCGでありつつセルアニメ調表現を追求したグラフィックは高く評価され、CEDEC AWARDS 2015のビジュアル・アーツ部門最優秀賞を受賞しました。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-:イメージ画像2

●ゲームシステム

3Dグラフィックを用いているが、2D格闘ゲームと同系統です。これは、過去にアークシステムワークスが開発した『バトルファンタジア』や、同時期に稼働していたカプコンの『ストリートファイターIV』シリーズと同じです。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-:イメージ画像3

●世界観

西暦2187年10月21日、かつて「日本」と呼ばれた場所に「ラムレザル=ヴァレンタイン」と名乗る人物が出現し、全人類の抹殺を宣言します。かつてイリュリア連王国で破壊活動を行った実行犯である「ヴァレンタイン」と同じ名を冠した人物の声明に、事態を知る者達はそれぞれに行動を開始します。ストーリーは、前作『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』からの直接の続編です。また、『パチスロ ギルティギア ヴァステッジ』もストーリーとのつながりがあります。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-:イメージ画像4

●あらすじ

全シリーズの主役であるソル・バッドガイやカイ・キクスなど、お馴染みのキャラクターそれぞれのストーリーを楽しめます。ゲーセンでのアーケードモードも楽しめます。コンシューマ版の発売に当たり、アークシステムワークスは2014年12月上旬、コンシューマ版のストーリーモードのネタバレ自粛を呼びかけました。

GUILTY GEAR Xrd -SIGN-:イメージ画像5

●レビュー

「GUILTY GEAR Xrd -SIGN-」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment