Home Gamedb メイQノ地下ニ死ス

メイQノ地下ニ死ス

by админ

ゲーム情報:メイQノ地下ニ死ス

メイQノ地下ニ死ス

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

・発売日:2015年12月17日
・発売元:コンパイルハート:「魔界1番館」
・ゲームのジャンル:3Dダンジョンターン制RPG
・ゲームの背景:発売元「コンパイルハート」が送る「魔壊神トリリオン」を開発した「魔界1番館」ブランドは、尖った才能を持つとされるクリエイター達が住んでいる魔界の洋館をイメージしたゲームブランドです。この、「魔界1番館」が送る2作目の作品がPlayStation Vita用の新作「メイQノ地下ニ死ス」です。

メイQノ地下ニ死ス:イメージ画像1

●ゲームの特徴

「メイQノ地下ニ死ス」は「魔械士」とよばれる存在が操る「ガーディアン」と共に冒険とモンスターとの戦い、そして様々な試練に挑むことになります。星の自転が停止した世界に光を取り戻すため、主人公達は守護神のいる4つの搭へ向かいます。「魔械士」と呼ばれる少女達と「ガーディアン」は共に戦闘と冒険をして成長し、守護神たちの試練を乗り越えて星の自転を蘇らせる「星のネジ」を巻くという使命があります。

メイQノ地下ニ死ス:イメージ画像2

●ゲームシステム

「メイQノ地下ニ死ス」はターン制のコマンドバトルとなっており、基本的に「ガーディアン」が戦い、「魔械士」達はそのサポートとなります。「ガーディアン」と「魔械士」は1組で、ターンが巡って来る事にどちらで行動するか選ぶ必要があります。最大3組の行動が決まれば、素早さに応じて「ガーディアン」が攻撃をしたり、「魔械士」のサポート、または敵側からの攻撃が開始されます。もちろんですが「ガーディアン」が倒れれば攻撃手段が一気になくなってしまうため、バランスよく戦闘の流れを運ばなければなりません。

メイQノ地下ニ死ス:イメージ画像3

●世界観

「メイQノ地下ニ死ス」の世界観は、主人公達は「魔械士」という存在で、魔械士は「魔械術」を使って「ガーディアン」と呼ばれるロボットを操る能力持っています。彼女達の住む世界は星の自転が停止したために常に夜の闇に覆われてしまい、魔物が徘徊する危険な世界となってしまいました。星の自転を再び蘇らせるには、自転を司る「星のネジ」を巻く必要があるとされており、主人公である魔械士の少女「エストラ」は、仲間の魔械士と相棒の「ガーディアン」と共に守護神達のいる4つの塔に向かいます。

メイQノ地下ニ死ス:イメージ画像4

●あらすじ

登場キャラクターはほとんど女性で、主人公の「エストラ」を始めほとんどが女性キャラクターです。主人公達は「ガーディアン」と呼ばれるロボットを操る「魔械士」であり、それぞれが得意な属性を持っています。例えば、主人公と同じく選ばれし五人の魔械士の「フレア」は火属性の「魔械術」を得意とし、「コニー」は木属性の魔械術が得意です。さらに冒険と戦いを一緒にする相棒「ガーディアン」も様々な性格としゃべり方があるので、ロボットと言えどまるで人間のように感情を持っています。
P.N えさとれ

メイQノ地下ニ死ス:イメージ画像5

●レビュー

「メイQノ地下ニ死ス」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment