Home Gamedb 剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜

by админ

ゲーム情報:剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

『剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜』は2015年1月22日に発売されたダンジョンRPGです。Xboxやパソコン用に発売された『剣の街の異邦人 〜白の王宮〜』とほぼ同じ内容ですが、出現するモンスターの一部が入れ変わっていたり、インターネットを通じてダンジョンの攻略時間やアイテムの収集度合いを比べるランキングがあったりと異なる部分も存在します。PS Vitaのハードとしての特性を活かしたタッチパネルによる操作も可能です。

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜:イメージ画像1

●ゲームの特徴

『Wizardry』に代表されるハック&スラッシュ形式のダンジョン探索をメインにした作品です。3Dで描写されたダンジョンの中を移動しながら、キャラクターを育成したり、アイテムを入手したりしてエンディングを目指します。キャラクターはプレイヤーが名前や種族、クラスなどを自由に設定することが可能です。性別や年齢、ボイスといった要素も決められるのでオリジナルのキャラクターで冒険したい人にもおすすめできます。やりこみ要素も多いので、シナリオクリア後も長い時間楽しむことができるでしょう。

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜:イメージ画像2

●ゲームシステム

戦闘は、オーソドックスなコマンド形式です。通常攻撃や防御、クラスに応じて習得できるスキルを使って敵の撃破を目指します。キャラクターには死亡するごとに生命点というステータスがあり、0になるとロストする危険があります。ダンジョンには血統種と呼ばれるボスモンスターが存在しており、倒すことで獲得できる純血晶を渡すことでパーティー全体で使える神気スキルを習得することが可能です。奇襲のリスクが高まる代わりに宝箱が必ず手に入る待ち伏せ、ミミックの長老であるムミックにレアアイテムを食べさせることで再入手を可能にするキャッチ&イートといった独自のシステムもあり、ランダムに性能が変化するアイテムの選別をしやすくなっています。

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜:イメージ画像3

●世界観

同じメーカーが開発しているゲーム『円卓の生徒』と共通の世界観となっています。基本的にダークファンタジーをベースにした世界ですが、時空の歪みを超えて現代から自動車やコンテナといった物が飛ばれされてきており、その痕跡を端々に見つけることが可能です。物だけでなく、人も流れ着いており、異邦人のギルドも存在しています。舞台となるエスカリオにはその異邦人ギルドの他に、光の精霊神を信仰する王宮騎士団とスラム街にあるメデル商会という勢力があり、それぞれが純血晶を求めています。

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜:イメージ画像4

●あらすじ

成田空港から出発した飛行機が突然太平洋上で姿を消すという怪事件が発生する。その飛行機に搭乗していた主人公は、見知らぬ砂の廃墟の中で目を覚まし、彷徨っていた。廃墟で出会った謎の老人の罠にはまり、魔物に襲われたところを異邦人ギルドの副団長である女性、リウに救われる。リウの案内で鉄の廟を抜け、蝶の街エスカリオにたどりついた主人公は、元の世界に戻る手段を探すため、異邦人ギルドで出会った仲間とともに数々の迷宮へと挑むことになるのだった……。

剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜:イメージ画像5

●レビュー

「剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment