Home Gamedb ひぐらしのなく頃に 粋

ひぐらしのなく頃に 粋

by админ

ゲーム情報:ひぐらしのなく頃に 粋

ひぐらしのなく頃に 粋

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

『ひぐらしのなく頃に 粋』は2015年3月12日に発売されたサスペンスアドベンチャーノベルです。パソコン用の同人ソフトとして発表された『ひぐらしのなく頃に』の出題編・解答編をベースにPS Vitaに移植した作品となっています。本編読破後にプレイできる要素として、プレイステーション2やニンテンドーDS、ドラマCDで追加された新規シナリオも収録されており、ひぐらしシリーズの総集編と呼ぶにふさわしい内容です。全編フルボイスなので、既にひぐらしシリーズをプレイをしたことのある人でも十分に楽しむことができるでしょう。

ひぐらしのなく頃に 粋:イメージ画像1

●ゲームの特徴

寂れた村を舞台に起きる不可思議な事件を読み進めながら、プレイヤー自身が真相に迫っていくゲームです。複数用意されているシナリオは、登場人物や時間軸が同じであるものが多いですが、それぞれのストーリーの展開と迎える結末が異なっており、その内容から謎を解くヒントを見つけ出していく形式となっています。通常のサウンドノベルでゲームオーバーになるたび、別のルートを選択してクリアしていく感覚に近いです。また、ひぐらしシリーズの知識を問うクイズオヤシロックというおまけのモードもあります。

ひぐらしのなく頃に 粋:イメージ画像2

●ゲームシステム

通常のサウンドノベルと異なり、シナリオの中に現れる選択肢がメインストーリーの展開に影響を与えることはありません。どんな進め方をしても、必ず1つのエンディングに到達します。そのため、読み進めていくだけでシナリオをクリアすることが可能なゲームです。しかし、1つのシナリオが終わるごとに、作中の事件の真相について考察することで、より楽しむことができる作りとなっています。もちろん、イラスト・ボイス付きの遊ぶ小説としてどんどん読み進めていくこともできます。

ひぐらしのなく頃に 粋:イメージ画像3

●世界観

物語は基本的に人口2000人未満の寂れた村、雛見沢村を舞台にして進行していきます。雛見沢村では”綿流し”と呼ばれる夏祭りが毎年6月に開催されていますが、そのたびに人が死んだり失踪したりといった怪事件がオヤシロさまの祟りとして恐れられているという状況です。最初は村でのほほえましい日常が展開されますが、時間が経過するにつれてどこからしら不安を感じさせる雰囲気が漂い、怪死事件や失踪事件が発生します。シナリオによって展開は異なりますが、村社会の暗い秘密、正体不明の怪奇現象という要素も物語に絡んできます。

ひぐらしのなく頃に 粋:イメージ画像4

●あらすじ

親の都合で雛見沢村に引っ越してきた主人公、前原圭一は竜宮レナや園崎魅音、北条沙都子といった友人たちと出会う。田舎という不便な環境ながらも、圭一は友人たちと楽しい毎日を送っていた。しかし、”綿流し”の前、村にやってきた刑事の大石やカメラマンの富竹から村で過去に発生した怪死事件と失踪事件について聞くことになる。事件について語ろうとしないレナたちに不信感を抱く中、”綿流し”に富竹が死亡するという事件が発生する。ますます友人への疑いを深くする圭一を待ち受ける運命とは……。

ひぐらしのなく頃に 粋:イメージ画像5

●レビュー

「ひぐらしのなく頃に 粋」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment