Home Gamedb CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime

by админ

ゲーム情報:CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

「CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime」は、2015年4月23日にアイディアファクトリーから発売された恋愛アドベンチャーです。目玉としてはやはりプレイヤーが直に記述することで相手に回答するリアリティ溢れるシステムで、臨場感のあるノベルゲームとしても知られています。選択肢によっては、時系列を前後行き交うシナリオがあるなど、複雑かつ重厚なストーリーを楽しみたい人には特に人気のあるタイトルです。

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime:イメージ画像1

●ゲームの特徴

時間を行き交い、歴史を遡りつつもストーリーが進んでいく特殊な時系列とシナリオ進行が特徴のゲームです。プレイヤーのパラメータなども関わってくるもので、フラグがいつ立ってはイベントが起こるか、把握できないハラハラする展開も見もので、夢パートとして知られる選択パートも、多くのパターンが追加されていたり、新規にサブキャラクターパートも加えられているなど、Vita版における解禁要素だけでも大きなボリュームを持っています。

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime:イメージ画像2

●ゲームシステム

パートナーとの友好度もカギとなる課題システムが目玉で、ミニゲームに答えてはパートナーとの絆を深めていきます。簡単なクイズですが、難易度によっては手強くなるため、その分友好度が大きくアップするといったリターンも得られます。バックログなどの基本的なシステムも充実しており、夢パートでの情報収集などもスムーズなのが親切な設計と言えます。選択肢によって時空がゆがんで、シナリオが分岐するといった濃厚なチャートシステムも見逃せません。

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime:イメージ画像3

●世界観

現実の学園が舞台ですが、夢の世界が介入してくることによってファンタジーとサスペンスが入り乱れる世界観になっています。重要となる夢のパートは、現実の社会が舞台となっていますが、ちぐはぐな部分もあり、不鮮明なまま進んでいくシナリオ前半は特に不思議な雰囲気を放っています。条件を満たすことで起きる、時空が歪んで異なる時間へと飛ぶシーンなどは、冒頭からも散見できたSF要素が頂点に達するパートと言えるでしょう。

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime:イメージ画像4

●あらすじ

主人公は秋霖学園に通う6年生。日常を過ごしつつも、夢で見知らぬ人物に出会うなど不思議な体験をするようになってから、担任の神賀旭に課題を与えるとして他の生徒と共に招集された。課題の謎と夢の世界がちらつき、ついにはそこで出会った人物も出てくるという事態になる学園の謎。時間軸、現実と夢を行き交う不思議なストーリーの謎を解き明かすため、目の前の課題を乗り越える為のパートナーと主人公のチャレンジが始まります。

CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime:イメージ画像5

●レビュー

「CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜 ExTime」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment