Home Gamedb Friend to Lover 〜フレラバ〜

Friend to Lover 〜フレラバ〜

by админ

ゲーム情報:Friend to Lover 〜フレラバ〜

Friend to Lover 〜フレラバ〜

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

Friend to Lover 〜フレラバ〜はPCでリリースされていたアダルト向けの恋愛シミュレーションゲームで、PS VitaにはCERO Cとしてリデザインされての移植となりました。加賀クリエイトから2015年3月26日に発売したもので、短い間にヒロインとの友好を深めるのが目的の恋愛シミュレーションゲームとなっています。キャラクターが個性豊かなラインナップになっており、本筋に関係ない部分でもその魅力が発揮されていることで人気のタイトルでもあります。

Friend to Lover 〜フレラバ〜:イメージ画像1

●ゲームの特徴

とにかく敷居が低いシミュレーションとして公式が明言しており、闇雲に選択しているだけでも何かしらのエンディング、告白へとたどり着けることが特徴です。その分、一つ一つのイベントの密度及びキャラクターの描写が濃く、そこを楽しむゲームとしても知られています。キャラクターをシナリオよりも重視するプレイヤーには嬉しいデザインがされているゲームでしょう。ストーリー自体も短いのが特徴で、何回でもプレーできるサイクルの短さも人気です。

Friend to Lover 〜フレラバ〜:イメージ画像2

●ゲームシステム

ごく普通の恋愛シミュレーションと同じで、選択肢をひたすら選んではヒロインの友好度を上げていくのが基本的なシステム及びゲーム進行です。友好度の上げ幅がゆるくなっているのも特徴で、簡単にクリアできるのもこれが成せるものと言えます。ヒロインの友好度によっては、複数のキャラクターが絡むものなどもあるため、バリエーションが多岐に渡る分岐も魅力の一つでしょう。選択肢の数だけキャラクターのリアクション、そしてドラマがあるため、どれを選んでも楽しめるのも親切です。

Friend to Lover 〜フレラバ〜:イメージ画像3

●世界観

進級してクラス替えに胸膨らませる主人公が通う学校を中心として描かれる、オーソドックスな学園モノの世界観となっています。サブキャラ含めてたくさんの生徒たちが登場する為、彼ら彼女らのやりとりがスクールライフを楽しくしてくれること請け合いの明るい雰囲気が、本作の魅力と言っても良いでしょう。嫉妬されるなど、ヒロイン同士のやりとりも豊富で、選択肢を全て試してみたくなるほどにキャラクターの書き込みが濃いタイトルです。

Friend to Lover 〜フレラバ〜:イメージ画像4

●あらすじ

進級した主人公は特定の季節までに望月理奈や柊ゆずゆと仲良くなりたいと思うのですが、プレイヤーの選択によって多数のキャラクターと接することができるため、そこからドラマが枝分かれしていきます。サブキャラたちとの明るくも騒がしいやり取りを経て、スクールライフを堪能できる愉快なシナリオが楽しめます。彼女を作りたいと宣言した主人公の恋路と青春を明るいものとするめの、お気楽な学園生活がギュっと詰まっているストーリーです。

Friend to Lover 〜フレラバ〜:イメージ画像5

●レビュー

「Friend to Lover 〜フレラバ〜」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment