Home Gamedb ネットハイ

ネットハイ

by админ

ゲーム情報:ネットハイ

ネットハイ

総合評価:

●プロモーションムービー

●商品の背景

『ネットハイ』は、マーベラスより発売されたプレイステーション・ヴィータ専用のゲームソフトです。発売日は2015年11月26日、ジャンルは爆発炎上バトル(アドベンチャーゲーム)となっています。プロデューサーは田中幸一、キャラクターデザインは杉浩太郎。開発元はグルーブボックスジャパンです。CEROはCであるため、15歳以上推奨のゲーム内容となっています。体験版も配信されていますので、まずはプレイしてみることをおすすめします。

ネットハイ:イメージ画像1

●ゲームの特徴

「怒りの炎でリア充の嘘を暴く痛快アドベンチャー」という公式サイトの記載から分かる通り、このゲームはネット上の「炎上」を題材としています。しかしただ揚げ足を取って炎上させるわけではなく、様々な情報を収集してその事実を元に、悪人の本章を暴いていくというゲーム内容になっています。現代のインターネット社会のよくある炎上ネタをうまくゲームとして取り込み、なおかつ陰湿さを感じさせない作風が印象的なゲームです。

ネットハイ:イメージ画像2

●ゲームシステム

敵との出会い、調査、討論、ご褒美という流れを繰り返していくことで、このゲームは進んでいきます。少し詳しく解説すると、裏に邪悪な本性を隠し持っていると思わしき、現代のインターネットにおけるカリスマ的存在の派手な人物たちと主人公が出会い、ネットや現実世界に溢れる情報の中からこの相手に関連した情報を探りだし、入手した情報を元に公開生放送を舞台として討論し、勝てばこの戦いの最中で知り合った美女とやり取りができるという流れです。

ネットハイ:イメージ画像3

●世界観

舞台は20XX年。「ネオ・コミュニケーション法」が可決された日本において「リア充」優遇の措置が取られ、その結果日本に大きな格差社会が生まれてしまいます。また、この世界では同時並行で国によってスマートフォンとSNS「ツイイッター」が用意され、さらに「ニヨニヨ動画」というサイトが大ブームとなっているなどネットワークが盛んとなっています。そんな高度化したネットを限界まで駆使して悪と戦うのが、このゲームの主人公「俺氏」です。

ネットハイ:イメージ画像4

●あらすじ

「非リア充」に位置づけられている主人公「俺氏」は21歳のフリーターで、無気力で何の希望も持ち合わせていない青年です。しかし、一度特殊なメガネをかければ性格が一気に逆転し、正義のヒーローとなって悪と「炎上」という手段を用いて戦います。メガネに搭載された人工知能「シル」と共に、「俺氏」は世界中の「リア充」たちに立ち向かっていくこととなります。はたして彼は不正を暴き、悪を滅ぼすことができるのでしょうか。

ネットハイ:イメージ画像5

●レビュー

「ネットハイ」のレビュー募集!>



You may also like

Leave a Comment