Home Contents 最近流行っているK-POP

最近流行っているK-POP

by админ
 K-POPブームは去ったものの、根強いファンは日本国内でも多いです。また昔と比較して今は若い世代に好まれる洋楽要素が強い曲が多くなってきています。中でも激しいダンスが見どころのK-POPは人気も高く、K-POPランキングでは上位にあがってきます。男性グループだけでなく女性グループも人気が高く、歌唱力の高さと独特の音楽性が人気となっています。中でも同じ言葉を繰り返すフックソングと呼ばれる音楽は、歌詞も覚えやすくK-POPの特徴ともいえます。

EXOのWolf
 EXOは韓国人メンバーと中国人メンバーとで結成された韓国のアイドルグループである。韓国人メンバーはEXO-K、中国人メンバーはEXO-Mとして活動しており、ライブやCD発売時は一緒に活動することが多い。WolfはEXOメンバー全員で作られた曲になっている。今までのK-POP音楽と洋楽の要素、ラップも取りいれられた曲が多く、若い世代に人気のグループである。日本デビューも果たしているが、日本活動を拠点としておらず、韓国、中国での活動がメインとなっている。EXOのWolfという曲は韓国語曲の他、中国語バージョンでも発売がされている。発売と同時に話題を呼び、音楽番組でも数々の1位を獲得している。メンバーの人数を活かしたハーモニーと、圧倒的なパフォーマンスが見どころの曲にもなっている。
APINKのNONONO 
 APINKは韓国の人気アイドルグループである。学生などの若い世代をターゲットにしたガールズグループであり、アップテンポのかわいい曲が多く、このNONONOという曲もリズミカルなダンスと、繰り返し口ずさむNONONOの歌詞が印象的な曲でもある。激しいキレのあるダンス曲ではなく、のびやかに踊りながら楽しめる曲でもある。APINKは男性ファンが多いグループであるが、歌いやすい曲調から女性ファンも多い。数多いK-POPアイドルの中でも清純派のアイドルとして売り出されているので、女性の恋心を歌った曲も多い。NONONOはAPINKの代表曲でもあり、同曲の日本語バージョンがシングルCDでも発売されている。韓国と日本とでMVが違うのも面白い点の一つである。
防弾少年団のWar of Hormone
 防弾少年団は韓国の人気アイドルグループで、完成度の高いダンスとテンポのいいラップが魅力のグループとなっている。中でもWar of Hormoneは防弾少年団の人気を急上昇させた曲で、激しいラップを取りいれた曲と、ノリのいいダンスが魅力的な曲となっている。また、日本語バージョンも発売されており、日本語バージョンのタイトルは「ホルモン戦争」となっている。日本ではポニーキャニオンからデビューしており、日本シングルでは静かなバラード曲も発売させている。最近発売された日本シングル「for you」ではオリコンチャート1位も獲得し、日韓ともに人気急上昇中のグループでもある。

You may also like

Leave a Comment