天才女性シンガーソングライター「宇多田ヒカル」

 宇多田ヒカル(うただヒカル、1983年1月19日-)は、日本の女性シンガーソングライター。本名、宇多田光(うただひかる)。愛称はヒッキー(Hikki)。ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、自身は生粋の日本人と公言している。2000年頃の日本のR&Bブームに大きな影響を与えた[1]。日本の音楽史上、最多の売り上げを記録した『FirstLove』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占している。“日本で最もアルバムを売ったアーティスト”としてギネスブックに紹介されている。オリコンで1stアルバムから7作連続で1位というのは、女性グループおよびソロとしては唯一、男女を通じても2番目の記録。魅力的な声質に特徴があり、倍音が含まれる声は、宇多田ヒカルの母親、藤圭子譲りと言われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ