「19(ジューク)」

 岡平健治=けんじと岩瀬敬吾=ケイゴのネオ・フォークユニット。‘98年デビュー、セカンドシングル‘99年「あの紙ヒコーキくもり空わって」が大ヒット、アルバム「音楽」はミリオンを記録しています。学生時代から広島で仲良し、二人で歌っていたのですが、意外に早く2002年に解散してしまい、現在でも再結成してほしいバンドに1位ランキングすることもあります。デビュー当初は、イラストライターの326(ミツル)とコラボレーション・ユニットとして活動し、作詞とジャケットワークを326、曲と歌を19(ジューク)が奏で、新しいスタイルで、10代の気持ちを等身大で歌った世界感で印象付けました。けんじは男っぽいやんちゃキャラでハスキーボイス、ケイゴはデビュー当時は水色のヘアスタイルでハンサムキャラの艶やかボイス、その2人はアコギを弾き絶妙の声でハモり、ジーンとくるメロディーで心をつかみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ