Home Contents 【デスノート】際立つ存在感を放つ探偵L(エル)

【デスノート】際立つ存在感を放つ探偵L(エル)

by админ
 大人気となり映画化・アニメ化も果たしたデスノート。名前を書いたらその人間が死んでしまうという凄い力を持ったノートを手に入れた青年と天才的な探偵との戦いのドラマがデスノートです。そのデスノートにおいて、際立った存在感でドラマでもアニメでも人気なのが探偵エルになります。このエルはその人気のために映画ではエルを主人公にしたスピンオフ版も作成されたほどです。アニメ版のエルもその独特の風貌や夜神月のライバルとして立ちはだかるその抜群の知能で存在感を発揮しています。また、実写版においてもかつての映画版では松山ケンイチ、最近のドラマ版では山_賢人というそれぞれ演技派の俳優が演じており、実写版のエルも独特のオーラを漂わせる仕上がりになっています。今回はそのデスノートのエルについてまとめた動画を紹介していきたいと思います。

デスノート(DEATH NOTE)松山ケンイチと山_賢人どっちのL(エル)が好き?
 この動画は最初にパソコンでお金を稼げるようになった方法についての広告が挿入されているので、興味が無い人は最初の20秒ほどは無視しましょう。これはそれぞれ実写版のデスノートでエルを演じた松山ケンイチと山_賢人の演技を比較している動画になります。映画版のデスノートでは松山ケンイチが演じていてたエルですが、テレビドラマ版では山_賢人がエルを演じる事になります。動画ではまず松山ケンイチのエルに特徴的だったシーンが表示されます。松山ケンイチのエルの動画で印象的なのは携帯の持ち方です。握るというよりもつまむような持ち方をしており、この持ち方だけでもエルの変わった個性が十分表現されています。松山ケンイチのエルの演技の特徴的シーンが一通り流れた後は山_賢人の演技が流れます。山_賢人のエルの印象はやはり役者の顔立ちもあり非常に綺麗だという印象を受けます。最後は松山ケンイチと山_賢人の二人の演技を交互にみて比較するという形式です。どちらのエルがあなたはお好きでしょうか・・・。
【デスノート】L(エル)でスーパーに行ってみた。【コスプレ】
 学生(かな?多分。)が面白半分で作成した動画になります。白いトレーナーと青いジーンズそして、顔にエル風のメイクをした男性がその格好のままスーパーに出かけます。そして、目的地のスーパーに行って飴を買ってみるまでの間に何か起こるかを検証するという動画になります。手作り感満載の動画になっています。早速自転車に乗って買い物に出かける男性とカメラマン。始まってすぐ友達のお母さんと遭遇したようです。友達のお母さんにエルの格好をしている自分を見られた事を恥ずかしがっている男性、そんなことでスーパーまでたどり着けるのでしょうか?無事スーパーに到着した後、エル風のつかみ方で飴をつかむ男性。スーパーでも知り合いに会いたくないと強調していました。しかし、動画を通してこの男性の奇妙な恰好について突っ込みを入れてくるという人はまったくいませんでした。結論としては「みんな見てみぬ振りだった。」というところに落ち着いていました。
デスノート 私はエル (Japan with English subs)
 この動画はデスノートアニメ版のワンシーンになります。探偵エルが怪しいとにらんだ夜神月に対して一世一代の賭けに出る場面です。それは自らがエルであると存在を伝えて、夜神月の反応を観察するというものです。内心ではかなり動揺している月ですが、表情には出さないように抑えます。その月の表情を冷静に観察するエル。まさにアニメの一つの名シーンです。二つの頭脳が静かな戦いを演じているというシーンになります。冷静にキラではなく夜神月としての回答を返す月と、その完璧すぎる月に不審を抱くエル。また、月はエルの凄さを感じます。もし、今エルを殺してしまえばエルの存在を知っている人間が限られている状況下では月に疑いがかかるのは明白です。エルは自分がエルである事を告白する事によって、自分の身の安全も確保したのです。あらためて、エルという自分の敵の恐ろしさを感じた月でした・・・。

You may also like

Leave a Comment