ハリーポッターと賢者の石、魔法学校での不思議な冒険と仲間との出会い

 ハリーポッターと賢者の石はイギリスの児童文学作家J・Kローリングが1997年に発表した作品で2001年に映画化されています。両親が亡くなり、母の姉ペチュニア夫婦に引き取られたハリーは、従兄弟のダドリーや夫婦にいじめられる毎日を過ごしていました。ある日、動物園の蛇の言葉が理解でき、何かある時は自分でもわからない不思議な力を発揮してしまうことに気付いていきます。11歳なる前にハリーにホグワーツ魔法魔術学校から入学許可書が届きます。そして、巨人のハグリッドがダーズリーの家にハリーを迎えに行きます。ハグリッドはハリーが魔法使いの子供で、両親を殺したヴォルデモートからの唯一の生き残りであることを告げます。汽車でホグワーツ魔法学校に到着したハリーは、組み分け帽子により、グリフィンドール寮に決まります。同じ年の魔法使いロン・ウィズリーとハーマイオニー・グレンジャーとも出会い、これから始まる魔法学校での冒険を予感させる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ