Home Contents ハリーポッターはファンタジー映画の最高峰!

ハリーポッターはファンタジー映画の最高峰!

by админ
 ハリーポッターはイギリスの児童文学作家であるJ・K・ローリングが1997年に刊行した冒険ファンタジー小説で、第一作目の「ハリーポッターと賢者の石」が世界で大ヒットとなります。書籍のヒットを受け、2001年から映画公開され、以後10年間、シリーズ化されます。映画の配役で唯一、オーディションを受けなかったのは、ハリーを演じたダニエル・ラドクリフです。監督は、1999年から3,000人もの子役に会いハリー役を探していたが、見つからなかった。そんな時、事務所の棚にTV映画の雑誌を見つけて、「ここにハリーポッターがいた!」と叫んだと言います。また、プロデューサーを務めるデビット・ヘイマンも「彼を見た瞬間、稲妻が光り、空が真っ二つに割れまるで聖書の中の天啓を受けたような瞬間だった」と語ったのです。しかしハリーの両親は息子に主役を演じさせる事に反対していたのです…

【映画】ハリーポッター vs ヴォルデモート
 ヴォルデモート、散り散り、ハリー 赤ちゃんの頃、ヴォルデモートから生き残った唯一の男の子として皆から賞賛を浴びたハリーが、ヴォルデモートとの最後の戦いを見せます。ヴォルデモートの杖の光とハリーの杖の光、2つの閃光が強く怪しく光ります。そんな時、ヴォルデモートの分霊箱の一つであった蛇のナギニが、友人ネビルの手によって殺されます。力を失ったヴォルデモートは杖を手から落としてしまいます。杖を再び、手に入れたのはハリーでした。杖の忠誠心を得ていたドラコ・マルフォイからヴォルデモートとの戦いの前に、ハリーが杖の忠誠心を奪い、ニワトコの杖はハリーが所有者となっていたのです。それを知らないヴォルデモートは、戦いに敗れるのでした。散り散りになり、煙と灰になったヴォルデモートは風に吹き上げられ存在しない物に変わってゆくのでした。ハリーとヴォルデモートとの10年の戦いはこれで、最後になるのです。
【映画】ハリーポッター1-5 [呪文総集]
 呪文、守護霊、アバダ・ケダブラハリーポッター映画に登場する名シーンでの呪文集です。まず、「アロホモーラ」は扉を開けるもしくは、閉める呪文です。賢者の石でのハーマイオニーの得意顔が印象的でした。「エクスペリアームス」は、武器の解除を命令する術です。相手の武器を取る、もしくは相手を吹き飛ばしてこちら側に向かわせないようにします。「エクスペクトパトローナム」は守護霊呪文です。ディメンターの死のキスから身を守るため、守護霊を呼び助けてもらいます。ハリーの守護霊は父であるジェームズポッターと同じ牡鹿です。母のリリーは雌鹿でした。ダンブルドア校長は不死鳥です。「ルーモス」光をつける呪文です。暗い地下を歩く時などに杖をかざし、電灯のように使います。有名な闇の魔法呪文もあります。「クルーシオ」苦しめ、はりつけの呪文です。死喰い人がハリー達に何度となくかけた恐ろしい呪文です。「アバダ・ケダブラ」一瞬で相手を死に陥れる恐怖の呪文です。受けると治すような手立てはなく、死あるのみです。強烈な呪いの呪文の為、唱える方の魔法力も強靭でないと効果はないとされる。
映画『ハリー・ポッター』10年間を総決算する特別映像
 ジニー、リータ・スキータ、日刊預言者新聞ハリーポッター映画は、10年間に渡ってファンタジーのトップを走り続けてきました。ハリー達が10歳の子供から大人になり、最終話の「ハリーポッターと死の秘宝」では最後に友人ロンの妹であるジニーと結婚する姿までちらりと映ります。ハリーポッターのその後を、作家J・K・ローリングが自身のウェブサイトで発表しました。物語の中で登場するリータ・スキータが日刊預言者新聞の中の記事と言う設定で話が進みます。ダンブルドア軍団の近況という記事で、ハリーは、「まもなく34歳。有名な闇払い。黒い髪に白髪が混じり、妻のジニーがワールドカップの取材中、子供たちの面倒をみている」としています。一方、妻のジニーは「日刊預言者新聞のクィディッチ特派員でワールドカップ取材中。リータによるとジニーには特派員の才能は無いとの事。名字がポッターというだけでうらやむような仕事を任されている」としています。リータらしい嫌味な内容となっています。

You may also like

Leave a Comment