Home Contents 舞台から見る【千と千尋の神隠し】

舞台から見る【千と千尋の神隠し】

by админ
 スタジオジプリと言えば、数多くのアニメ作品を公開しています。宮崎駿が有名な監督であり、今でもその人気は衰えないでしょう。日本ばかりでなく、世界中で人気を呼び、現代日本を代表しているような存在となっています。そんな数多い作品の中でも、「千と千尋の神隠し」は、アカデミー賞などを受賞し、世界でも知られています。日本の民俗学や歴史学などを参考にしたであろうストーリーであり、海外から見れば、エキゾチックな感じがするかもしれません。

 しかし、作品には、色々な謂われがあるように、「千と千尋の神隠し」も、同じようです。ここが舞台になった、あるいは、こちらがそうだ、などと、方々で語られているようです。実際のところはどうであるのか、制作者に聞いてみないと分かりませんが、肝心の制作者が何を語っているのか、定かではないようです。ともあれ、ここでは、そんな「千と千尋の神隠し」の舞台をテーマにした動画を集めています。それぞれ説得力があるかもしれませんが、皆さんはどのようにお思いになるでしょうか…..。
【台湾九_】千と千尋の神隠しの舞台でX-MEN__【ジブリ】
 「千と千尋の神隠し」と言えば、妖怪の街が有名ではないでしょうか?主人公が神隠しに遭い、現実とは別の世界に入っていきます。お風呂屋の下働きとなり、色々な物語を展開していきます。その街並みの舞台となったのが台湾ではないか、と言われています。この動画では、そんな台湾の一角を紹介しています。一人の日本人男性がレポーターとして、登場しています。急勾配の坂の横に古い建物が並び、確かに「千と千尋の神隠し」のシーンを連想します。おそらく有名な観光地のようになったのでしょう。
スタジオジブリ「千と千尋の神隠し」の舞台モデル「江戸東京たてもの園」
 多くの日本人が訪れているようです。台湾は、独特な歴史を歩み、かつては日本の一部として見なされていたこともあります。日本統治時代の建物が、今でも残り、復旧運動なども起こっています。もしかしたら、そういうこともあり、「千と千尋の神隠し」の舞台に台湾が選ばれたのかもしれません。いずれにせよ、身近な外国でもあり、この動画を見ることで台湾を訪問したくなるかもしれません。
映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった旅館|道後温泉本館
 台湾の街並みが「千と千尋の神隠し」の舞台になったのではないか、ということは、有名な話です。ジプリファンであれば、一度は耳にしたことかもしれません。しかし、台湾ばかりでなく、東京が舞台となったのでは、という話もあります。それは、宮崎駿を始め、「千と千尋の神隠し」のスタッフなどが、江戸の建物などを好んでいるから、ということです。確かに江戸情緒を感じられるような建物が、映画の中に出て来ます。

You may also like

Leave a Comment