Home Contents 素敵なドラえもんの世界に行ってみよう!藤子F不二雄ミュージアム

素敵なドラえもんの世界に行ってみよう!藤子F不二雄ミュージアム

by админ
 日本人なら誰もが知っているアニメの代名詞とも言えるドラえもん、その原作者は藤子F不二雄先生だ。代表作は「パーマン」、「キテレツ大百科」などでもちろん「ドラえもん」もその一つである。1996年に他界されているのだが、彼の作った漫画は未だに世代を超えて愛されている。そんな彼の世界を表しているのが藤子F不二雄ミュージアムだ。神奈川県川崎市にあり、火曜、年末年始以外は開館されている。10:00から18:00まで営業している。

 ミュージアムの中にはドラえもんに出てきた様々な道具をイメージしたモニュメントや等身大のドラえもん、のび太などが展示されている。一緒に写真を撮ることも可能だ。また、おしゃれなカフェも入っていてそこでしか食べることのできない特別メニューが用意されている。ドラえもんファンなら一度は行っておきたいスポットだ。
【ドラえもん】藤子・F・不二雄ミュージアム リポート
 この動画では藤子・F・不二雄ミュージアムを男の人が紹介してくれる。主に日本のゲームやアニメ文化について紹介するシリーズのようでその一つだ。オープニングにさっそくドラえもんとのび太が恐竜の背中に乗っている像が出てくる。その隣に立って、これからミュージアムを紹介すると説明する。
【ドラえもん】きれいなジャイアンの聖地!藤子不二雄ミュージアムに行ってきた!
 このミュージアムが建設されている神奈川県川崎市は、藤子F不二雄先生が長年住んでいた街であり、そこで彼の作品や人柄について紹介しているのがこのミュージアムだという。映像として、ドラえもんのブロンズ像や漫画の原本、ミュージアムに行くためのシャトルバスなども紹介される。シャトルバスはドラえもんの絵が描かれていて行く前からわくわくする。ミュージアムというだけあって様々な貴重なものが展示してあるという。さっそく広いエントランスを通って、なかに入ってみると…
【ドラえもん】藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ってきました!
 みなさんはきれいなジャイアンをご存知だろうか。あるストーリーのなかで、ドラえもんが出してきた「きこりの泉」という秘密道具、その泉のなかに古来なったものを入れるとそれよりももっといいものを渡してくれるという。そこで欲張ったジャイアンがたくさんのものを入れようとして滑って自分が落ちてしまう。そこで現れたのが本物のジャイアンよりも美しく、真面目で立派なきれいなジャイアンであった。そのストーリー展開に衝撃を受けた人も少なくはないだろう。そのため、多くのフィギュアができて、ファンも多くミュージアムにも飾ってあるのだそうだ。この動画ではきれいなジャイアンファンの投稿者が実際にきれいなジャイアンをミュージアムに観に行くという。

You may also like

Leave a Comment