ジブリ映画 思い出のマーニーについての宇多丸の評価は?

  映画「思い出のマーニー」はスタジオジブリ作品の一つで米林宏昌監督作品である。2014年に映画化されたもので米林宏昌監督作品としては「借りぐらしのアリエッティ」以来4年ぶりの作品となった。もともとはイギリスの作家ジョーンGロビンソンが作った児童文学が原作となっている。物語の主人公は内気な少女のアンナ、彼女は誰にも心を開くことがない少女であった。周りも心配しているのだがそのことも彼女には届かない。

 しかし、ある日一人の少女と出会ったことで変わっていく。そんな感動映画「思い出のマーニー」について宇多丸が語る。TBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」では毎週土曜日22:00からサイコロを振って出た目に沿った映画を見てその批評を行うコーナーがある。シネマハスラー宇多丸の率直な意見が聴く人の共感を得ることも多い人気のコーナーだ。その中で宇多丸はどんな批評を行うのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ