映画 英国王のスピーチについて宇多丸が語る

 映画「英国王のスピーチ」は2010年に上映されたイギリス映画だ。この物語の舞台は第二次世界大戦前のイギリス。当時のイギリス王ジョージ6世が主人公だ。彼は人には言えない悩みを抱えていた。その悩みが故に自分が王様になることをためらい、思い悩んでいた。そんなところに一人のオーストラリア出身の男が現れてストーリーが進んで行く。ジョージ6世が悩みを克服し、無事に王様になるまでを描いた映画である。

 その「英国王のスピーチ」について宇多丸が語る。毎週土曜日22:00からTBSラジオで放送されている「ウィークエンドシャッフル」、この中に宇多丸が毎回サイコロを振って出た目の映画を見に行くという人気企画がある。毎回、見に行った映画について批評を行うのだがいつも宇多丸独特の遠慮のない素直な評価で共感を得ている。この映画についてはどんな評価が下るのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ