宇多丸映画批評 ワイルドスピード・SKYMISSION

 2001年に第一作目が作られて以来、カーアクション映画のシリーズ物として一ブランドを築き上げた「ワイルドスピード」シリーズの最新作「ワイルドスピードSKYMISSION」。別名の「Fast &Furious7」が示すとおりの通算7作目にあたる。本作がクランクアップする前にシリーズを通してW主役の片翼を務めてきたポール・ウォーカーが不慮の事故でなくなってしまったため、一部のシーンでは彼の兄弟たちが代役を務めることで完成の日を迎えた。

 (もっとも第2作にはもう一人の主役ヴィン・ディーゼルは出演していないし3作目には2人とも出ていない)。制作サイドではポールの死後、作品をどうするか(継続するべきかどうか)話し合いが行われたというが、ポールの兄弟が参加することで、スタッフや出演陣一丸になって完成させることができたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ