映画 マレフィセントについて宇多丸が批評!!

 映画「マレフィセント」はロバート・ストロンバーグ監督製作の映画で、2014年から上映が開始された。ディズニーが配信している実写版映画であり、有名な「眠れる森の美女」の悪役である魔女「マレフィセント」についてスポットライトを当てて、彼女の視点に立って描かれる物語だ。そこは未だ人と、そうでないものがお互いに尊重しあいながら生きていた時代。次第に人間たちが幅をきかせるようになってきて、ついには神聖なる妖精の森にまで侵略を企ててきた。

 その映画「マレフィセント」について宇多丸がおなじみのTBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」内で語っている。毎回サイコロを振って、出た目によってみる映画を決めるという方法で批評する映画を決定しており、宇多丸の鋭い視点での意見が視聴者の心を掴んでいる人気の企画だ。果たしてこの映画についてはどんな評価を下すのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ