宇多丸が映画 ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い 国境を超えるについて語る

 映画「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い 国境を超える」は20011年に上映された映画だ。ワーナーブラザーズ配給、レジェンダリーピクチャーズ製作の映画で、ドタバタコメディである。物語の主人公は4人の男たち。彼らのうちの一人が結婚するのでその結婚式前夜にバチェラーパーティーを開いたことから始まる。普通のパーティーになるはずだったのになぜか全員の記憶がなく、さらにはそのうちの一人までいなくなっていた、というストーリーである。

 シリーズ2作目となるこの「ハングオーバー」について宇多丸が語る。毎週土曜日22:00から放送されている「ウイークエンドシャッフル」の中の企画でシネマハスラー宇多丸がランダムで映画を見て、その批評を行うコーナーがあるのだ。このドタバタ映画についてはどんな批評がされるのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ