ジョージ・ルーカスが監督を務めたスターウォーズエピソード3のあらすじ

 まとめの内容:スターウォーズはジョージ・ルーカスが監督を務めた映画シリーズです。構成としてエピソード1から3の第一部とエピソード4から6までの第二部に分かれます。第一部がアナキン・スカイウォーカーが主人公で第二部がルーク・スカイウォーカーです。この二人は血縁関係ということが映画を見ていくとわかってきます。

 第二部の方が先に公開されていることもあり映像的には古くなっています。第一部の最終話のエピソード3はアナキンがどうやって第二部のルークの敵、ダース・ベーダーとなっていくかが描いてあります。あらすじは歴代をみても最強の部類に入る力を手にしつつあるアナキン。ですが精神面に関して成長が遅く、ジェダイの騎士になりきれない面がジェダイマスターに見抜かれており評価されない日々が続きそのことが拍車を掛け、ますます孤独になっていきます。そんなアナキンですが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ