Home Contents マインクラフト ディスペンサーの面白い使い方

マインクラフト ディスペンサーの面白い使い方

by админ
 マインクラフトの世界には様々なアイテムがある。それぞれに使い道があってそれらを工夫することでいろいろな装置を作ることもできるのだ。それらを考えたり自分なりの建築に活かしたりすることもマインクラフトの楽しみの一つだと言える。そこで今回はその中でもディスペンサーについて紹介する。

 ディスペンサー丸石、そしてレッドストーンから作ることができるアイテムで、中にアイテムを入れることができるようになっている。そしてスイッチやレバー、レッドストーン回路などをつなぐことで自在にその中のアイテムが噴出されるようになる。これを利用することで遠距離攻撃や自動水出しが可能になって、を自動化させたり、TNT爆弾を入れておいて放出すれば、遠くからでも攻撃することができるようになる。整地にもぴったりだ。マインクラフト上級者になるにはディスペンサーを使いこなせるようにしよう。
【マインクラフト】ディスペンサーとドロッパーの違いって?ゆっくり解説
 この動画では初心者の方のためにディスペンサーとドロッパーについて紹介していく。この二つのアイテムはとてもよく似ているので何が違うのか疑問に思っている方も多いのではないだろうか。この動画ではそれぞれの違いと、使い方を解説してくれる。
〔マインクラフト実験〕炎のゾンビマシーン!ディスペンサーでゾンビピッチングマシン作ってみた!
 まずディスペンサーに矢を入れる。そしてスイッチを押すと弓を使った時のように矢が放たれる。一方のドロッパーはアイテム化された状態で出てきた。これが二つの違いだという。次に水を入れてみる。ディスペンサーは水が流れてドロッパーはアイテム化されて水入りバケツが出てくる。そしてこれらの違いを生かして使用するのだが...
【カズクラ】マインクラフト実況 隙間男ゲート作ってみた!ディスペンサー着火方式
 この動画ではディスペンサーを使用したちょっと面白い装置を作成している。クリエイティブモードでの作成となっており、スーパーフラットワールドで実験的に行うという。手にはゾンビの卵を持っており、それをディスペンサーの中に入るだけ詰めて、クロック回路を繋ぎ、一定間隔で噴射されるようにしたらピッチングマシーンのようになるのではないかというのがその実験内容だ。計算してみると576体のゾンビが出てくる予定だそうだ。

You may also like

Leave a Comment