Home Contents 『これが私の人生設計』予告・おすすめシーン編総まとめ

『これが私の人生設計』予告・おすすめシーン編総まとめ

by админ
 2015年イタリア映画祭で絶賛された『これが私の人生設計』(原題は Scusate se esisto! )。イタリアを舞台に描く、女性建築家セレーナの物語です。世界を股にかけ活躍していたセレーナは、故郷ローマに戻りキャリアを再スタートさせようとしますが、イタリアの建築業界は男性社会そのもの。女性の就労状況の過酷さを思い知らされます。

 彼女が割り入る隙はなく、貯金も尽きてしまいますが、そんな中、公営住宅のリフォーム案が公募されていることを知ります。自らをアシスタントとし、架空男性をつくりあげコンペに参加してしまうセレーナ。優秀であるのに力を発揮する機会すら得られず、プライベートでも壁にぶち当たります。こういうことあるよね、と誰もが彼女に共感したくなる本作、本格派予告編とおすすめシーン動画、メイキング動画をお届けします!
Scusate se Esisto! - Trailer Ufficiale (『これが私の人生設計』[映画祭では「生きていてすみません!」 特報!)
 颯爽と歩く主人公、セレーナが登場するシーンから始まります。活気に溢れ、明るい性格の女性像が伝わってきます。さらに、世界各国のあらゆる地で、建築家として表彰されるという華々しい経歴。しかし寂しさが募り、故郷へ帰ることに…。ところが状況は一転、バイク便らしき制服姿で子どもに叱責され、自転車に乗りながらパンをほおばるセレーナの姿が…。アルバイト先のカフェで超美形のフランチェスコと出会い、いい感じでワインを飲むシーンが続きます。
Scusate se esisto! - Clip - L'incontro (主人公セレーナが超美形男子フランチェスコに遭遇するシーン)
 恍惚とする彼女でしたがそれも束の間、フランチェスコはゲイ!?呆然とするセレーナ。しかし怒ってばかりもいられず、そんなとき、公営住宅のリフォームの仕事があることを知ります。キャリア女性や男性上司に囲まれながら、提案をしたり会議に参加したりはするのですが・・・?フランチェスコのゲイの友人も加わり、事態は急展開、セレーナの周りが賑やかに変化していきます。最後のシーンはエレベーターに乗るふたり。このふたりの関係は?仕事は果たして?ラストが気になってたまらない特報動画です!
Scusate se esisto! - Backstage 1 (『これが私の人生設計』[映画祭では「生きていてすみません!」 メイキング)
 バイクのヘルメットをかぶった本作のヒロイン、セレーナを演じるパオラ・コルテレージが登場。カフェに到着したセレーナは、届け物を渡すためにフランチェスコなる人物の居所をウィトレスに尋ねます。カフェの奥へと移動するセレーナは、階段から男性が降りてくるのに気づきます。コメディ要素がたっぷり含まれた本作ならではのスロー映像で、じっくり魅せる男性の色気。

You may also like

Leave a Comment