艦これ 新拡張海域4-5を攻略しよう!!

 艦これの4-5海域「カレー洋リランカ島沖」は2015年6月に追加された拡張海域です。イベントのように海域ボスのゲージを削りきることで攻略完了とりなり、褒賞として勲章が1つ手に入ります。ただこの4-5海域はイベント深部に匹敵する難易度のため、生半可な艦隊では返り討ちに遭ってしまいます。4-5海域は編成によってボスへのルートを固定できるため、それを積極的に利用していきましょう。この記事ではおすすめの編成やドロップできる艦などの4-5海域の攻略情報をまとめてみました!

艦これ 4-5のルートごとおすすめ編成

05562-kantai_collection_thumbnail

艦これの4-5海域には3つの攻略法が存在します。ここではルートごとのおすすめ編成について解説していきます。

上ルート(A-D-G-I-J-M)

上ルートは軽巡1+駆逐2+(潜母or練巡or水母or軽空or航巡or重巡or軽巡or駆逐)1+自由2という軽めの編成で進行できます。

しかし初戦のDマスでいきなりリ級改flagshipとリ級flagship2隻、ツ級eliteにお迎えされるうえ、ボス戦で火力不足に陥りやすいためおすすめは攻略ルートとしておすすめはできません。

しかしIマスでごくまれにZ1がドロップするのでZ1狙う以外ではこのルートを選ぶメリットはないでしょう。

軽巡1駆逐2軽空1雷巡 2 または軽巡1駆逐2軽空1重巡2がおすすめです。

中央ルート(AorB-C-F-J-M)

中央ルートは戦艦+航戦+空母≦3+潜水艦以外という安定した編成で進行できます。

しかしボス戦が4戦目(4戦目は味方の火力が80%になってしまい、しかも回避が下がってしまう)のため戦艦空母が3隻では火力負けしてしまうことがあります。

強化された最終形態の時はなおさらです。なのでこのルートはゲージ削りに使用するとよいでしょう。

戦艦 1or2 正規空母 1or2 重巡航巡 3 の編成がお勧めです。重巡航巡にはしっかりと夜偵などの夜戦装備を載せましょう。

中央下ルート(AorB-C-F-H-M)

中央下ルートは戦艦+航戦+空母系≧4+自由とう火力に特化した編成で進行できます。

このルートは中央ルートと後述する下ルートの中間にあたり、夜戦を回避する代わりに道中での戦闘がもう1戦増えるルートです。

このルートでもボスは4戦目になってしまいますが、中央ルートと違い戦艦、航戦、正規空母が4隻以上入れられるため、火力で押し切ることができます。

また空母の艦載機にも余裕ができるため彩雲を載せてT字不利を回避することもできます。

しかしこの編成は大量の資材を消費するので最後のゲージ破壊におすすめです。戦艦 4 正規空母 2 の編成がおすすめです。

下ルート(B-E-H-M)

下ルートは編成に軽巡1+駆逐2を含まない編成ならどんな編成でも進行可できます。しかも全ルートの中で1番戦闘数が少ないルートでもあります。

しかし初戦はリ級改flagshipやネ級elite、ツ級eliteなどを含む夜戦マス、その次のマスも軽巡棲鬼、ヲ級flagship2隻(内1~2隻が新型)、ル級改flagship1~2隻と敵の編成がとても強いルートになります。

しかしこの敵さえ突破すれば火力低下のペナルティーなしでボスに挑むことができます。

またボスの最終形態では要求対空値が下がるため正規空母1隻で航空優勢が取れます。

なので重めの編成でEマス、Hマスを強引に突破してゲージ破壊を狙うのも良いかもしれません。戦艦4空母1潜水艦1または戦艦3空母2潜水艦1がおすすめです。




艦これ 各マスのドロップ艦と狙うべき艦

ドロップ艦

Cマス

 

・駆逐艦 吹雪、白雪、深雪、叢雲、磯波、綾波、敷波、暁、 雷、電 

・軽巡 長良、名取、五十鈴、川内、神通、那珂 

・重巡 摩耶、鳥海 

・軽空母 祥鳳、鳳翔

Dマス

 

・駆逐艦 綾波、暁、電、初春

Eマス

 

・駆逐艦 初雪、綾波、暁

Fマス

 

・駆逐艦 白雪、叢雲、綾波、敷波、暁、電 

・軽巡 球磨 

・重巡 摩耶 

・正規空母 加賀 

・軽空母 隼鷹、鳳翔

Hマス

 

・駆逐艦 深雪、叢雲、磯波、綾波、敷、暁、電、巻雲 

・軽巡 多摩、長良、由良、神通 

・重巡 衣笠、加古、青葉、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、那智、足柄、羽黒、利根 

・軽空母 祥鳳、鳳翔 

・戦艦 山城

Iマス

 

・駆逐艦 吹雪、白雪、初雪、深雪、綾波、敷波、暁、響、雷、電、Z1 

・軽巡 長良、名取、木曾、由良、川内、神通 

・重巡 衣笠、古鷹、加古、妙高、那智、足柄、羽黒、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、最上、利根、筑摩 

・軽空母 祥鳳 鳳翔 

・潜水艦 伊8 

・戦艦 扶桑、山城、金剛、榛名、霧島

Jマス

 

・駆逐艦 吹雪、白雪、初雪、深雪、 叢雲、磯波、綾波、敷波、暁、響、雷、電 

・軽巡 多摩、球磨、長良、木曾、五十鈴、由良、川内、神通 

・重巡 衣笠、古鷹、加古、青葉、妙高、那智、足柄、羽黒、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、利根、筑摩 

・軽空母 祥鳳、鳳翔 

・潜水艦 伊8 

・戦艦 金剛、比叡、榛名、霧島 

Mマス(ボスマス)

 

・駆逐艦 陽炎、不知火、三日月、舞風、谷風、早霜、清霜、朝霜、野分 

・軽巡 北上、多摩、球磨、長良、名取、由良、五十鈴、川内、神通、那珂 

・重巡 衣笠、古鷹、加古、青葉、妙高、那智、足柄、羽黒、高雄、愛宕、摩耶、鳥海、最上、三隈、鈴谷、熊野、利根、筑摩 

・正規空母 加賀 

・軽空母 龍驤、祥鳳、飛鷹、隼鷹 

・潜水艦 まるゆ 

・戦艦 伊勢、日向、金剛、比叡、榛名、霧島

狙うべき艦

 

Z1 ドロップマス Iマス

Z1は任務、Z3を旗艦にした建造、4-5でのドロップ以外入手手段がありません。もしZ3を建造する前に誤って任務で入手したZ1を解体、改修素材にしてしまった提督はここでドロップを狙って頑張りましょう

舞風 ドロップマス Mマス(ボスマス)

舞風は3-3、4-5、5-2からのドロップでしか入手できない。舞風狙いなら3-3の周回のほうが効率がよいです。攻略途中でドロップしたらラッキーだなー程度の気持ちでいるとよいと思います。(出るとは言っていない)

谷風 ドロップマス Mマス(ボスマス)

谷風は3-5、4-5のボスマスでしかドロップしないので狙うなら3-5か4-5を周回しましょう。

早霜 ドロップマス Mマス(ボスマス)

早霜は4-5のボスマスでしかドロップしません、欲しい提督は死に物狂いで4-5を回しましょう。

朝霜 ドロップマス Mマス(ボスマス)

朝霜も4-5のボスマスでしかドロップしません。しかし朝霜は2015年夏イベ以降は毎回イベントマップでのドロップがあるので4-5を無理に周回する必要はないです。

野分 ドロップマス Mマス(ボスマス)

野分も4-5のボスマスでしかドロップしません・欲しい提督はひたすら4-5を回すのです。

艦これ 4-5で攻略ついでにレベリング

4-5でのレベリングは正直厳しいと言えます。敵が強く、しかも1戦あたりの経験値もレベリングの天国として有名な5-4に劣っています。

攻略ついでにレベリングをするなら戦艦か正規空母、重巡がおすすめです。

それぞれどのようにレベリングしていけばいいか紹介します。どの艦種でも言えることですがレベリングするのは削りの段階までにしておくべきです。

ゲージ破壊の段階に入ったらレベリング艦が足を引っ張ることになります。

・戦艦

戦艦は前述の中央下ルートでの削りの際にレベリングが可能だと思います。編成としては戦艦4+正規空母2になると思います。

レベリング艦を入れる代わりに他の戦艦3隻は高練度の艦でまとめるべきでしょう。若干の火力不足に陥るかもしれませんが、そこは装備でカバーしましょう。

・空母

空母は中央ルート、中央下ルート、下ルートでの削りの際にレベリングが可能だと思います。

いずれの場合も正規空母は2隻編成にし、レベリング艦には彩雲を載せたり、索敵値を上げたりするサポート型にして、もう片方の高練度の艦は艦攻、艦爆を積んで火力を最大限発揮できるようにしましょう。

レベリング艦に彩雲を載せることでT字不利による惨敗を防ぐことができます。

ゲージ破壊の段階になると空母が1隻でも航空優勢がとれるようになるのでレベリング艦が入るスペースがなくなります。

・重巡

重巡は中央ルートでの削りの際にレベリングが可能だと思います。中央ルートでの重巡の仕事は主にJマスでの夜戦火力となります。

レベリングは夜戦装備(夜偵)をしっかり揃え、近代化改修をしっかりして状態で行うべきです。

重巡の場合特にですが中央ルート最初のCマスにおいてツ級eliteに中破大破にされる可能性が非常に高いです。

Cマスさえ突破できればそこからは重巡の活躍の場です。しっかりと夜戦火力を活かしていきましょう。

最後にすべての艦に共通することですがこのマップでのレベリングはレベル40以上の艦にするべきだと思います。

低すぎると火力を発揮できずに敵に押し負けてしまう。可能性が非常に高くなります。それでゲージが削れなかったら本末転倒です。

レベリングは攻略のついでであくまでメインは海域の突破であることを忘れないようにしましょう。

どうしても攻略できない場合は5-4、5-2、4-3、3-2などの他マップで十分にレベリングしてから再挑戦しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ