Home Contents ラブライブ 海未の他のメンバーにはない大きなギャップとは!?

ラブライブ 海未の他のメンバーにはない大きなギャップとは!?

by админ
 ラブライブの中心メンバーでもある2年生の園田海未ですが、ミューズの中でも真面目な性格で練習メニューなどを考えるだけでなく、作詞も担当するなど幅広く活躍しています。結成時も穂乃果とことりが短期間でもしっかりと歌って踊れるように練習メニューを考えるなどして、ミューズの基礎を作ったとも言っても過言ではありません。

 しかし一方では人気投票などではあまり上位にランクインすることがあまりないのも事実です。それでも熱狂的に支持するラブライバーも多くいますが、そこで今回は海未の魅力に気づける動画をまとめていきたいと思います。これまでに他のキャラクターを中心に愛でていた人も、新たに海未の魅力に気づけたり再発見できるようなきっかけになればと思います。他のメンバーにはない大きなギャップに注目して、園田海未の良さをお伝えしていきたいと思います。
(ラブライブ) 枕投げシーン 海未
 ラブライブに登場するキャラクターの中で最も真面目でミューズのことを真剣に考えているのが園田海未です。そもそもの性格が真面目であるため、スクールアイドル活動に前向きではありませんでしたが、母校の廃坑の危機に直面した時に何とかしようとする穂乃果の姿を見て全面的にバックアップしているのが海未です。
ラブライブ 園田海未 名場面
 そんなミューズの合宿での一場面でも真面目ぶりが発揮されており、練習メニューを細かく設定してハードな練習とメンバーからは酷評されていました。夜も英気を養うために早く寝るように全員に指示しますが、そんな状況でも枕投げで遊び始めます。そこで枕が飛んできて海未に当たった瞬間にメンバー全員が凍りつきます。寝起きで機嫌が悪いうえに翌朝も早くから練習をすると言っていたにもかかわらず遊ンでいるメンバーに対してとった行動とはどのようなものでしょうか?ラブライブの中でも名シーンに挙げられるほどの内容です。
【ラブライブ!】 園田海未 de きしめん 【園田海未誕生祭】
 ラブライブのキャラクターの中で「大和撫子」という言葉が最も似合うのが園田海未ですが、アニメ第1話での部活動に励んでいるシーンはラブライバーの中でも名シーンに数え上げられています。穂乃果から廃校の危機を脱するためにスクールアイドル活動を行おうと誘われますが、それを頑なに断って部活の練習をしていますが、もし自分がアイドルをしたら、という妄想を練習中にしています。他の部員から的を外すことを珍しがられていますが、それほど集中できていないのが分かります。

You may also like

Leave a Comment