マインクラフト 「日照センサー」を有効に使いこなす!

 マインクラフトのレッドストーン回路の関連装置である日照センサーは、太陽光を受けると信号を出力する特性を持っています。マインクラフトの一日は、現実の時間に置き換えると20分となっており、内訳が日中が10分、黄昏時が1分30秒、夜が7分、夜明けが1分30秒です。一般的にプレイヤーの多くは、安全な日中にアイテムを採集したり冒険に出かけたりしますが、夜になると出現するモンスターから身を隠す準備、またはモンスターから得られるアイテムを求めて夜の戦いに挑む場合がほとんどです。

 日照センサーの出力は日の出と共に徐々に出力が強くなっていき、正午には最大出力となりますが、それ以降はじょじょに出力が弱くなり、夜になると出力はされなくなります。また、日照センサーは特性を反転させる事も可能で、反転した状態だと夜に出力、日中は出力無しと、逆の効果を持つようになります。これらの特性から日照センサーは、プレイヤーのライフスタイルに合わせたレッドストーン回路を組む事に良く使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ