スプラトゥーン ウデマエの上げ方~初心者講座~

2015年の春に発売され、今も盛んにオンライン対戦が行われている『スプラトゥーン』。

ウデマエ画像1

操作方法やルールが直感的でわかりやすいため、老若男女様々な層の方が、このゲームをプレイしています。

さて、このゲームには「ランク」や「ウデマエ」といった制度があり、これらをドンドン高めていくのがゲームの一つの楽しみ方です。

この記事では、この「ウデマエ」を上げるための必須テクニックを公開していきたいと思います。

なかなかウデマエが上がらない初心者の方は必見ですよ!

スプラトゥーン 初心者のウデマエの上げ方

06035-splatoon_thumbnail

スプラトゥーンでは、ランクは一度上がれば下がっていくことはありませんが、ウデマエは負けることによってどんどん下がっていくという仕様になています。

もちろんこのゲームは団体戦ですので、自分が上手くやったところで組まされたチームメンバーがいまいちで勝てないな〜、ということもあります。

あるいは、上手い人と同じチームになってしまえば何もしていなくても勝てますので、勝手にウデマエは上がっていきます。

しかし勝利に貢献し、そして勝利の確率を上げていくためにはやはり、チーム決めの運に頼らずに立ち回りを身につけていかなければいけません。

ウデマエ画像2

ガチマッチが選べるようになった段階では、とりあえず現時点で最強だと思うブキとギアの特殊能力を駆使してテキパキとガチエリア、ガチホコ、ガチヤグラという3つのガチマッチを制していきましょう。

ガチマッチの鉄則

ウデマエ画像3

ガチマッチで勝つには、どのルールにおいても勝つための道筋をしっかり整え、そして相手が勝つために整えている道筋を崩していくことが重要となります。

キル数よりも「死なない」ことが大事!

ウデマエ画像4

キル数ばかりに目がいきやすいですが、前線を確保するためにはなるべくマップ上で数的有利な時間が多くなるよう心がけましょう。

前線を確保できれば味方も復帰しやすくなり有利な状況が生まれます。ですので何がなんでも生き残る、という気持ちが大切です。

ではそのためには具体的になにをすればいいのでしょうか?

ウデマエ画像5

1、絶対に真正面から敵と打ち合わない

敵と真正面から対峙してしまったらすぐにイカ状態になりましょう。この時に敵の横や背後を取れれば攻撃しても大丈夫ですが、難しい場合にはいさぎよく撤退しましょう。

ブキの相性次第では攻撃を仕掛けてもいいのですが、状況判断がすぐにできないなど、慣れないうちは即撤退するのがベストです。

ウデマエ画像6

2、いつでも逃げる準備をする

1とも関連するのですが前線に向かう時には常にイカ状態になれるよう、必ず地面を塗っておくよう心がけてください。

きっちりと塗る必要はありませんが、簡単に上塗りされない程度には太めに塗っておくのがいいでしょう。

ウデマエ画像7

3、スーパージャンプは原則禁止

前線に一気に駆けつけることができるスーパージャンプですが、着地点にマーカーが現れてしまうため敵に狙い撃ちにされる可能性が大です!

着地直後にやられた経験がある人が多いのではないでしょうか?(筆者はしょっちゅうです)

どうしても使いたい場合には着地点に相手のインクがあるか確認しましょう。

ただし何度もいうようですが、慣れないうちはスーパージャンプを封印しておくのが得策だと思います。

ブキの特徴を理解しよう

ウデマエ画像8

ステージやルールでブキやギアを柔軟に使い分ける

ステージやルールで装備を使い分けることが重要です。ここでは説明しきれないので省略しますが、ネット上ではおすすめのステージとブキの組み合わせがたくさん紹介されています。

下記の動画でも詳しく調べられているので見てみてください。

それでも迷った時には、「スブラシューターコラボ」 「ホットブラスターコラボ」この2つがバランスがいいのでおすすめですよ。

ゲームマップで状況を確認

ウデマエ画像9

少し慣れてきたらゲームマップもこまめにチェックしてみよう。

物陰に隠れてセンプク状態にしたらインクを補給しつつ仲間の状況を確認、チームプレーには必須のテクニックです。

またヤられてしまった場合にも復活するまでは必ずゲームパッドから目を離さないこと!

壁を塗ってバトルに利用しよう

ウデマエ画像10

壁はインクを塗ってもナワバリバトルの判定には効果はないが、このインクを伝って敵の背後にまわりこんだり危険な状況から脱出したりといろいろな場面で役に立ちます。

上級者は必ずやっているので、まずはみようみまねでいいので試してみましょう!

まとめ

いろいろ説明してきましたがここで紹介したのは基本的なことばかり。それでもやってみるとなかなか難しいものです。

戦いのコツやブキとマップの相性など文章を読むよりもプレイして実感した方が断然早いです。トライ&エラーでコツを掴んいきましょう!!




スプラトゥーン ウデマエをSやS+まで上げるには?

スプラトゥーンにおいて、BやA、そしてA+までは順調に上げられたとしても、ここからは非常に厳しい戦いとなります。

もちろんランクを落とさないことは大事ですが、なんといっても上げるために必要なポイントが多いため、どのようにしてポイントを上げ続けるかが重要となります。

ウデマエ画像11

ポイントを上げるに当たって重要なことは、ブキ選びです。A程度までは自分の好きな強いと思うブキでもなんとかなりますが、ここからは効率がいいブキを選んでプレイしましょう。

.96ガロンデコ、ダイナモローラーがベスト

なぜこれらのブキが有効であるかを解説する前に、使用をおすすめしないブキの紹介をします。

チャージャー、ローラーは基本的に不利

ウデマエ画像12

普段チャージャーで上手くやっている場合でもSを目指すにあたっては使わないことをおすすめします。

そしてローラーも、自分でがんがん塗り進めるにあたっては便利なブキですが、基本的にこちらも攻めと守りどちらでも有効というわけではないのでSを目指すにあたってはいまいちです。

唯一の例外「ダウナモローラー」

しかし、先ほど挙げたダイナモローラーの場合はこれに限りません。

ウデマエ画像13

射程が非常に短いというローラーの欠点が解消されているダイナモローラーは、動かなくても非常に広範囲を塗ることができてとにかく強力です。

スプラトゥーンは塗ることさえできればそれだけで勝利への近道となりますので、この点が非常に強力です。

また、このブキはローラーではありますが移動速度が遅いため、他のローラーとは戦法が異なります。

「.96ガロンデコ」がおすすめのワケ

ウデマエ画像14

このダイナモローラーと同様におすすめの「.96ガロンデコ」ですが、こちらは連射が苦手な代わりに射程と攻撃力が高いブキです。

ガンガン塗り進めつつ、敵たちが近づいてきてもいざというときはダイオウイカを使って逃げることができますので、非常におすすめです。

最後に・・・

Aに到達すると、散々このゲームを遊んでいるわけですので正直疲れてモチベーションが下がってくることもあるでしょう。

SになってからS+に到達するまでの長さなどは、特に厳しいです。

しかし、気を緩めているといつまで経ってもそこまでは辿りつけません。強いブキを使い、ひたすらに塗りましょう。

そうすれば、やがてSやS+には到達できます。

スプラトゥーン ウデマエの分布とは?

ここでは少し脱線してスプラトゥーンにおけるレーティングであるウデマエの分布の説明をしていきます。

ウデマエ画像15

スプラトゥーンは常に団体戦で行われるオンラインゲームですので、通常のFPS・TPSに較べてもかなりこのウデマエを上げることには神経を使うでしょう。

現在のウデマエは11段階

ウデマエには、C-、C、C+、B-、B、B+、A-、A、A+、S、S+の合計11段階があります。元々はSとS+がありませんでしたが、後からアップデートで追加されました。

理論上では、プレイヤーのウデマエの分布をシミュレーションするとSが一番多く、C-が一番人数が少ないということになります。

始めた一番最初の段階はC-なので、一番多いのもC-なのではないかと考える方も多いでしょう。しかし、シミュレーション上はそうではありません。

なぜC-ではないのか?

プレイヤーはどんどん増えていきますし、初めのうちは勝利によって上げられるポイントが高いため、ウデマエを上げやすいようになっています。

また、腕前が上がった直後の状態からは一回負けただけで即ウデマエがダウンするということがありません。

ウデマエ画像16

そのため、C-でとどまっている人は少ないのです。

徐々にウデマエは上がりにくくなり、とくにSとS+の間の必要なポイント数は非常に高くなっています。

実質的に他のランクの倍近く増減に時間がかかります。

現在はA〜Sランクにプレイヤーが密集している

ウデマエ画像17

S+にいても負け続けると下がってしまいますし、またSとS+は後からアップデートで追加されたものであるため人数の増え始めも少し遅くなっています。

それらの理由があるため、現在上から二番目であるSが一番人が多いということになるのです。C-からA+にかけての人数は、そのまま増えていっています。

C-からB+程度までは徐々に増えていきますが、A-、A、A+は少し増え幅が大きいと考えられます。

S+の人数分布については様々な説が考えられますが、発売から1年近く経った現在では少なくともA+と同程度かそれ以上にたくさん存在すると考えていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ