スプラトゥーン 竹を使いこなしてバトルを制覇!甲、乙、丙!

 スプラトゥーンにはたくさんのブキが備わっている。そのうちの一つに竹をモチーフにしたものがあることをご存知だろうか。その名も「14式竹筒銃」、甲と乙と丙があって、見た目はそのまま竹の姿をしている。竹の先からインクが出るように作られており、まさに和風だ。説明によるとこちらは伝説の指揮官が持っていたものの復刻版で見た目は当時のものをそのまま再現しているのだそうだ。チャージする時間がとても短いので素早く動くことができる一方で威力は弱くて一発で敵を倒すことはできない。今回はそんな14式竹筒銃の立ち回りやおすすめギアなどを詳しく解析していきます。

スプラトゥーン 丙の追加で14式竹筒銃はどうなる?

06057-splatoon-1669059

新アップデートで、ブキチセレクションの丙が追加された事で3種類になった14式竹筒銃。

甲、乙、丙の3つとも性能は同じですが、サブウェポンとスペシャルウエポンによって好みも人気も立ち回りもまったく違ってきてしまう武器になっているのではないでしょうか。

今回は、三種の14式竹筒銃の性能、使い心地、立ち回りを見ていきつつ、人気の竹を調べてみようと思います!

基本的な14式竹筒銃 甲

竹の中でも、基本の武器と言える14式竹筒銃 甲はどのような武器なのか見ていきます。

14式竹筒銃 甲はサブウェポンはスプラッシュシールド、スペシャルウエポンはメガホンレーザーとなっています。

このサブとスペシャルウエポンの組み合わせから行くと、前線でグイグイ攻めて行くタイプではなく、味方陣地の基盤となる場所をシールドを使ってしっかり守っていくサブ的な立ち回りを求められる武器と言っても良いでしょう。

14式竹筒銃はどれも攻撃力が低く、ギアで強化したとしても1確で倒すのは難しくなってきます。

その変わりにチャージがほとんど無いといっても良いくらい早く、パシュパシュと連射出来るチャージャーとして使う事が出来ます。

連射は効くとは言え、色の違うインクの上でジタバタしてもいない限り、敵もじっとしてくれているはずもなく、2発当てていくのは難しいです。

と、言う事で14式竹筒銃 甲では、攻撃に使用するのは難しくなってくるのではないでしょうか。

守備重視の武器?

上記の事から、チャージャーの仲間とは言え、やはり、他のチャージャーと比較すると、射程も短く、火力も低いので攻める武器ではなく「守る武器」と行った色が濃いのが特徴的です。

その変わり塗り性能はそこそこ良いので、派手な立ち回りは期待出来ませんが、味方の足をひっぱる程ではなく、そこそこチームに貢献できる武器とも言えるかも知れません。

その事を踏まえて、サブウェポンとスペシャルウエポンを見ていくと、14式竹筒銃 甲のシールドとメガホンレーザーというこのセットはなかなか使いやすい組み合わせなのではないでしょうか。

14式竹筒銃 甲の立ち回り

先ほども述べたように、14式竹筒銃の中でも甲は最前線に立つ事を避け、一歩引いた所を守るように立ちまわるようにするのが向いているのではないでしょうか。

前線を意識しておき、味方のピンチとなったらサッと前進して、そっとその前にシールドを置いてあげる、紳士な行動を求められているのが14式竹筒銃 甲と言えると思います。

ホッケ埠頭など狭い直線が続く場所なら、その性能をいかんなく発揮して、役に立つ武器となると思います。

スペシャルウエポンがたまっていれば、さらに後ろからメガホンレーザーで援護していく事も忘れずに立ちまわってください。

14式竹筒銃 甲のおすすめギア

14式竹筒銃 甲におすすめのギアは、攻撃力アップなどか良いのではなでしょうか。竹の1番の弱点である、火力の弱さを補ってあげれば、ワンチャン攻撃武器にも成り得ます。

いざと言う時のスプラッシュシールドのために、インク効率アップを付けておくのも良いのではないでしょうか。攻撃力アップとインク効率アップが14式竹筒銃 甲のおすすギアです。




スプラトゥーン 14式竹筒銃乙はどんな武器?

14式竹筒銃 甲のマイナーチェンジ版という位置にあるのが、この14式竹筒銃 乙です。基本的性能は、甲と全く同じです。

チャージャーとは言え、射程が短く、その変わりにチャージ時間がほとんど無いという武器なのは前述の通り。サブウェポンにはポイズンボール、スペシャルウエポンはスーパーセンサーになっています。

塗り性能は高めとは言え、サブとスペシャルウエポンにそれだけでピンチを何とか出来るという能力も無く、どのように立ちまわって良いのか迷う武器なのではないでしょうか。

ポイズンボールで敵の動きを鈍くして、二発当てるという事が確実に出来れば前線で戦う事も可能になってくるかも知れない、という程度です。

スペシャルウエポンのスーパーセンサーは、時間短縮の下方修正が行われたスペシャルウエポンであり更に14式竹筒銃 乙を使いにくくしてしまっていると言えるでしょう。

14式竹筒銃 乙の立ち回り

敵チームが乙よりも射程の長い武器ばかりの時は、まったく使い物にならない武器と言っても過言ではないでしょう。少し後ろに下がって味方の後ろを守るのが良い立ち回りでしょう。

状況を見て、味方のピンチにはポイズンボールを投げて敵の移動速度を奪ったり、潜ってしまった敵のイカにはスーパーセンサーで居所をあばいたりと、チームのサポート役に向いていると言えるのが14式竹筒銃 乙になります。

14式竹筒銃 乙のおすすめギア

14式竹筒銃 乙におすすめのギアは、ボム飛距離アップ、これに尽きるのではないでしょうか。ポイズンボールの飛距離が伸びるので、味方の横後方から対峙する敵に対して投げつける事が出来ます。

スプラトゥーン 新武器14式竹筒銃「丙」

アップデートで追加された、ブキチセレクション武器の中のひとつ、14式竹筒銃 丙についてお話していきたいと思います。

これは、他の14式竹筒銃とは、そのカラーリングが全く違い、ひと目で丙だとわかるようになっています。14式竹筒銃 甲のブキチの改造版なので、基本性能は甲、または乙と全く同じになっています。

14式竹筒銃 丙のサブウェポンはクイックボム、スペシャルウエポンはトルネードになっています。

クイックボムはアップデートで弱体化されたとは言え、14式竹筒銃と一緒に使うとなると話は別。

チャージャーの中でも1確で倒せない14式竹筒銃には、弱体化されたクイックボムでも非常にありがたい物になってきます。

特にクイックであるという事が重要で、メインを撃ってからのクイック、またはその逆でクイックを当ててからのメインの攻撃で確実に相手を倒す事が出来るようになるからです。

今まで14式竹筒銃は前線に立つ事が出来ないチャージャーと言われてきましたが、丙の出現により十分に守り役ではなく攻撃役としての立ち回りが出来てくるようになりました。

トルネードは塗りのスペシャルウエポンですが、敵をあぶり出す事も出来、高台でどっしり構えているチャージャーに向けて放つ事で、高台から引きずり下ろす事も可能になってきます。

そこに、クイックボムとメインを1発打ち込んで上げましょう。チャージの短い14式竹筒銃なら勝てるでしょう。

14式竹筒銃 丙の立ち回り

上記のサブウェポンとスペシャルウエポンの組み合わせによって、14式竹筒銃でも丙は十分戦闘力に足りる存在となっています。

塗り性能の良さで、素早く道を作り、前線に進み最前線で戦う事が出来るようになりました。

しかし、射程距離は相変わらずなので、あまり前に出すぎず、引いたり出たりの状況判断をしつつ、味方と一緒に戦っていきましょう。

14式竹筒銃 丙のおすすめギア

これは、クイックボム用のインク効率アップが良いのではないでしょうか。また、前線に出るなら足には安全シューズも欲しい所ですね。

余裕があれば、攻撃力もできるだけ上げておきたい所です。後のふたつはお好みでという所ですが、インク効率はできるだけ付けていった法が良いでしょう。

総合評価 おすすめの14式竹筒銃は?

プレイヤーの好きなチーム内ポジションによりますが、攻撃して行きたい人は、新武器の14式竹筒銃丙がおすすめです。

1確で倒せない竹の火力を補うクイックボムは、ぜひ14式竹筒銃に欲しいサブウェポンです。守りに徹したい、塗りが好きだという人は、甲が良いのではないでしょうか。

乙でも良いのですが、いざという時のシールドが欲しいという所で甲をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ