マインクラフト 使える!きれいな「円」の作り方教えます。

マインクラフトで建築するには、きれいな円の作り方が重要になってきます。

しかし、四角いブロックで円を作るのは、慣れない人にはとてもむずかしい作業です。

円画像1

建築をされている方のお話だと、円も慣れるとすぐ作れるようになる。円が出来たら球体も作れるようになる。と言う事です。

球体は、特殊な建築でしか利用しないかも知れないですが、作れるようになったら建築の幅も広がりそうですね。

快適なマイクラライフを送るためにここで円の作り方を覚えていきましょう!

また、こちらのサイト「マイクラ攻略wiki」も便利なのでぜひ立ち寄ってみてください!

マイクラでの円の作り方

マイクラでの円の作り方

円は4等分にして、対象に作るのがコツ

円だけでなく、ドット絵など設計図があるものを作る事全般に言える事ですが、ある程度の大きさにあらかじめ分けておくと置きミスが少なくなり、楽に作れるようになります。

円の場合なら4等分が良いでしょう。計算機を使わずに円を作るには・・・

計算機を使わないで円を作るコツ

円画像3

1、4等分した線から離れるほど連続したブロック数を減らしていく

2、同じ数が連続するのは2回まで(3ブロック置いてひとつ下げて2ブロックを置く事を2回したら次は1にするというような感じ。ただし、1は何度連続しても大丈夫です)

3、途中で90度回転させる。横に3-2-1と並べた物を90度回転させて縦に1-2-3と置くという感じになる

4、円を大きくしていくには、スタートするブロックの長さを長くしていく

小さな円は綺麗に作るのが難しい

マインクラフトのブロックは1辺が1mと大きな物です。どうしても小さな円を作ろうとすると角が目立つので、小さな円を作るのは難しくなってきます。可能なら大きな円を作るのが綺麗に見せるコツです。

どうしても小さな円が必要な場合は、クリエイティブモードや、高く積み上げたブロックを使い遠くから見てみましょう。綺麗に作る事は難しいので雰囲気で見る事が大切です。

便利な3-2-1の置き方

円画像4

円を作るのには3-2-1という置き方がひとつのポイントになってきます。建築で塔など作る時はこの3-2-1で円を作るとちょうど良い大きさになるでしょう。

スタートが3、ひとつ下がって2という置き方です。この場合の円の大きさ調整は、2を2回繰り返したり、1の部分を繰り返したりして行います。

円の作り方についての記事、いかがでしたでしょうか。円の作り方はいろいろありますが、1番簡単なものは3-2-1方式でしょう。

ちょっとわからないな、という人はこの記事の下にある動画

【マインクラフト】きれいな円形の作り方!※修正以前【ゆっくり実況】を参考にしてください!




マイクラ 円の設計図

マインクラフトで自力で綺麗な円を作るのは、なかなか難しい事です。

円画像5

こちらでは、設計図を作る計算機を公開してくれている方がいるので、そちらをご紹介したいと思います。

※動画は下にスクロールしたところにあります

動画説明にあるコードをコピーしてメモ帳に貼り付け、計算機を作っていきます。

これも作り方がありますので、動画で説明されているのを見て、そのとおりにしてください。

難しくはないですが、「なるほどわからん」な方は、絶対に動画の通りにやってください。使い方も動画で説明されています。

アバウトな点ではなく、きちんと「ここには中心点からいくつの場所に点を打つ!」というのを、とても親切に教えてくれる計算機です。

円の半径を入力すると順に数字が表示されます。その位置に点を打っていくだけですので非常に簡単です。半径100の円まで対応しているそうなので、大きな円を作りたい方でも安心です。

動画コメントの中に、改良版のもっとコンパクトな物もあげらてれいます。そちらをご利用になるのも良いでしょう。

ペイントソフトを使ったドット絵の設計図

円画像6

ペイントソフトで小さな円を描き、拡大してドットが見えるまで表示したものも良い設計図になるでしょう。

ペイントソフトで拡大してドット化する技は、フォントをマイクラで作る際の設計図にも使用できますので、積極的に活用してみてください!

記事を読んでいて「???」となったら「マイクラ攻略wiki」こちらのサイトで調べてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ