Home Contents モンスト 闇属性モンスターの重鎮であるワールドが待望の獣神化

モンスト 闇属性モンスターの重鎮であるワールドが待望の獣神化

by админ
 モンストで闇属性モンスターの重鎮であるワールドが待望の獣神化を果たしています。ワールドといえば獣神化が実現する前からよく知られていた特徴としては、やはりなんといってもストライクショットのタイム・イズ・オン・マイ・サイドではないでしょうか。このストライクショットはふれた敵の攻撃ターンを3ターン増加するというもので、30ターンの経過が必要となるためすぐには使えない分、起死回生となる一撃になる可能性の高い物となっています。

 このストライクショットは獣神化によってパワーアップし、その名前はクロックワーク・オレンジとなり、神化後での効果に加えて、自分自身をパワーアップすることもできるようになりました。これは30ターンの経過によって追加されるもので、従来通りの効果については26ターンの経過で発動することができるようになっています。そんなワールドの獣神化について、取り上げている動画をピックアップして紹介していきます。
獣神化「ワールド」超強ホーミングと貫通ホーミングでWホーミング!
 モンストでワールドの獣神化を紹介している様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画ではモンストの中の人であるさなぱっちょさんとぱなえさんが2人で新たに追加されたワールドの獣神化について詳しくプレイヤーに伝えている内容なのですが、まず貫通でバランス型であり、友情コンボには超強ホーミング8に加えて副友情コンボでは貫通ホーミング8が発動するようになっていることがわかります。
【モンスト】ちょっと分かりづらいけどちゃんと強くなってる!! 獣神化したワールド
 もっともここで使用されているのは開発中のものとなるため、実際には若干の違いある場合もあることは頭に入れておく必要があります。そしてアビリティに飛行とアンチ重力バリアが付いているため、ギミック対策も複数に対応していることから汎用性も高いということができそうで、ストライクショットも128万ものダメージを与え、攻撃力が上がっているのではないかと評されています。
【モンスト】ワールド艦隊 大黒天
 モンストでワールドの獣神化を実際に使ってみた様子が収録されているYouTubeに投稿されている動画がこちらです。この動画ではYouTuberのこっさりさんとシュンタソさんが獣神化後のワールドであるアンダーワールドを英雄の神殿の獄炎の神殿の修羅場で実際に使用している内容となっていて、こっさりさんもシュンタソさんもワールドを使用しており、この2体がわくわくの実を食べる対象となっています。

You may also like

Leave a Comment