追憶の森 死を通じて描かれる心の再生

 「グッド・ウィル・ハンティング〜旅立ち」のガス・バン・サント監督が手掛けたミステリー作品。監督が舞台として選んだのは日本の青木ヶ原。青木ヶ原といえば自殺の名所として有名な樹海の地ですが、自殺を目的としてその地へ赴いた米国人男性(マシュー・マコノヒー)と、そこで出逢った日本人男性との心の交流を通し、各々が再生する過程を描いたヒューマンドラマでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ