Home Contents 黒い砂漠 キャラメイクの初心者講座~基礎から美人を作るコツ~

黒い砂漠 キャラメイクの初心者講座~基礎から美人を作るコツ~

by админ

黒い砂漠 キャラメイクの特徴とは?

キャラメイク画像1

黒い砂漠のキャラメイクの最大の特徴は「自由度だ。これまでのゲームのキャラメイクとは一線を画すと言っても過言ではない。

鼻や目、口といったパーツはもちろん、眼球のサイズや輪郭、顎の位置まで自由に調整することができる。

とはいえ、「自由に調整できる=作れる顔の幅が広い」ではない。

そもそも現実の人間の顔は個人個人で違いはあるものの、大きく外れることはあまりない。それは黒い砂漠のキャラメイクでも同じことが言える。

つまりよほど特徴的なキャラを作ろうとしない限り、自然と現実の人間に近い顔立ちになる。また、たしかに調整できる範囲は広いが、それでも限界はある。

キャラメイクの「崩れ」

キャラメイク画像2

そして黒い砂漠のキャラメイクの欠点として、自由度が高すぎて「崩れるという問題が浮上する。

顔のほぼすべてのパーツをいじれるわけだが、自由度が高すぎるせいで首の幅や顔の大きさ、頭の大きさなど一部の触れないパーツが目立ち、触れないパーツとのバランスが崩れやすい

自然な表情を作るのは至難の技

キャラメイク画像3

さらに黒い砂漠のキャラメイクを一気に難易度の高いものに引き上げているのが「表情の存在だ。

さすがに自由度の高いキャラメイクと本物の人間のような自然な表情を両立させるのは難しかったのだろう。

表情を意識したキャラメイクをしない限り、笑顔は見られたものではない。

もちろん表情を意識した完璧なキャラを作ることも可能だが、キャラメイク上級者であっても至難の業であるし、キャラメイクの幅が狭まるため意図的に無視することも多々ある。

キャラメイクは課金が必須?!

キャラメイクを始める前に注意しておきたいのは、修正や一部プレミアムパーツの利用には課金必須という点だ。

修正にはエステ券が必要

キャラメイク画像4

キャラメイクはキャラ作成画面で行えるが、一度作成したキャラを修正するにはエステ券(1回)やエステ券(30日)といった課金アイテムが必要になる。

そのため、キャラメイクにこだわりたいのであれば課金は必須と考えておこう。

さらに、一度のキャラメイクで完璧にできるならイベントでもらえるエステ券(1回)でも十分だが、後述する理由から1回のエステで仕上げるのは不可能に近い。

必然的に30日券(1500円)か、プレミアムパッケージ(2000円)への課金となるだろう。

黒い砂漠 キャラメイク初級編~配布データを使う~

08594-blackdesert_thumbnail

まず、キャラメイクに興味がなければ用意されている顔型を使うことをオススメする。

用意されている顔型は「え?」思うような顔も多いが、中には比較的まともなものもある。その顔型を使って髪型や色、体型だけ変えれば十分だ。

いや、少しは自分でカスタマイズしたい」と思うのなら、ネット上で配布されているカスタマイズデータ、いわゆるレシピを拾ってくるのが手っ取り早い。

キャラメイク画像5

公式サイトでも過去のキャラメイクコンテスト入賞者のデータを配布しているし、個人で配布しているサイトもいくつもある。

そういったところからデータを拾ってきて、自分好みに多少カスタマイズするのがオススメだ。

配布データを利用の注意点

キャラメイクの善し悪しはスクリーンショット(以下、SS)で確認すると思うが、そのSSがエステ画面の場合はあまり参考にならないことだ。

これはエステ画面だと数割増しで「きれいに写るからである。そのため、できれば「フィールド上で撮影したSS」を掲載しているサイトからデータをもらうのがベストだ。

ちなみにキャラメイクデータは「CustomizationData」という名前で「マイドキュメント>Black Desert>Customization」のフォルダで管理されている。

拾ってきたデータをこのフォルダに入れて、エステ内で「キャラ作成情報読込」から選択することで使える。

サブフォルダを作ることも可能なのでクラスごとに分けて整理することも可能だ。




黒い砂漠 キャラメイク~エステ画面とフィールドの違い~

他人のデータをいじるのに飽きたり、納得がいかない部分が出てきたらゼロから自分で作ってみよう。とはいえ、作成する前にキャラメイクの注意点を把握しておきたい。

まず「エステ画面とフィールド上での違い」だ。初級編でも紹介したが、エステ画面とフィールド上では顔が異なって見えることも多々ある。

これはエステ画面だと数割増しできれいに見えるからだ。プリクラと本人が同一人物に見えないのと同じである。

クラスによって違いの大小がある?!

キャラメイク画像6

さらにこのエステとフィールドの違いはクラスによって差がある。たとえば1番人気の「レンジャー」はフィールド上に出てもほとんどエステと変わらない

つまりキャラメイクしやすいクラスだと言える。

しかし日本限定クラスの「リトルサマナー」などは真逆だ。リトルサマナーはフィールドに出すとエステとは似ても似つかない顔になる。

これは光源の位置の違いや明るさなどが原因だが、解決方法は2つ。フィールドで確認しながらひたすら調整し続けるか、諦めるか。それだけだ。

キャラメイクは多方向からの確認が重要

キャラメイク画像7

パーツを動かすときは正面を向かせがちだが、左右や上下から見てみると明らかにおかしいパーツがあったりする。

特に「スライダー」ではなく「直接パーツをいじっている場合」には、思わぬ方向に動いていることもあるため注意しよう。

黒い砂漠 キャラメイク中級編~スライダーはオンオフで使わない~

そもそもキャラメイク時にスライダーを使わない、という人はいるだろうか。もしいるならすぐにスライダーで調整するべきだ。

もちろん直接編集を否定するわけではないが、スライダーと直接編集では細かな調整に差が出る。

また、前述したように思わぬ方向に動くことを避けるためにも、調整はスライダーで行うように心がけたい

キャラメイク画像8

そして本題のスライダーのオンオフという使い方についてだが、キャラメイクに慣れてくるとなぜかスライダーをオンオフで使う人が増えてくる。

微調整では違いがわからないからだと思うが、スライダーはオンオフで使うものではない。オンオフで動かしてみて動く範囲を確認し、その上で理想的な調整をするのがベストだ。

パーツの連動も要注意

キャラメイク画像9

さらに、各パーツを動かす際に注意したいことがある。それは「動かしたパーツの周辺のパーツも動く」ということ。

たとえば個人的によくやるのが頬のパーツを持ち上げることだ。頬のパーツはその部分だけではなく口角にも影響する。

実際にやってみてもらえればわかると思うが、頬パーツを持ち上げることで表情が柔らかくなるはずだ。また、鼻の横のパーツを動かすことで小鼻を調整することもできる。

このようにパーツ1つ動かすだけでも他のパーツに影響を与えることを覚えておこう。

一見すると動かしたくないパーツまで動くデメリットに思えるが、パーツ同士の影響により調整の幅が広がるため、慣れてくればメリットに思えるようになるだろう。

顎ボールと眉の調整の影響

キャラメイクを自分で行うようになったら、忘れずに調整しておきたいのが「顎ボール」と「」だ。

顎ボール

キャラメイク画像10

顎先に浮いている白い玉のパーツで、この顎ボールは動かすと顎だけではなく口周辺のすべてのパーツが動く重要なパーツである。

ただし、あまりキャラメイクにこだわりがなければ、「逆に動かすべきではないパーツ」でもある。

なぜなら顎ボールが影響を与えるパーツが多すぎて、元に戻せなくなることが多々あるからだ。表情にも大きく影響するため、うまく調整する自信がなければ触らないほうがいい。

とはいえ、輪郭や口周辺のパーツを理想に近づけるには避けては通れないパーツだ。そのため配布されているデータの顎ボールのスライダーを参考にするといいだろう。

顔パーツの眉

キャラメイク画像11

さらに「」に関してだが、眉は「化粧」の眉からしか調整できないと思い込みがちだ。しかし化粧の眉では角度や幅を調整できないため、調整の幅が非常に狭い。

そこで顔パーツとしての眉の出番だ。

眉パーツや眉間を調整することで角度を変えたり、眉同士を近づける、遠ざけるといったことが可能なので、理想的な眉を作り上げられる。

男性諸君は「たかが眉」と思うかもしれないが、眉は顔全体の印象が変わるほど重要なパーツだ。

個性を出すには必須のパーツと言っても過言ではない。色や長さ、形だけではなくしっかりと目や顔にあわせた眉をデザインしよう。

黒い砂漠 ちょっと小休憩、有名人の再現のすゝめ

キャラメイクを続けていると、どの顔も似通ってしまいスランプに陥ることがある。しかしキャラメイクは無意識に自分の理想に近づけてしまうため、似通うのは当然だ。

意図的に違う顔を作ろうとしない限り、同じような顔になってしまう。そこでキャラメイクの練習として「有名人に似せる」というテーマで作ることをオススメする。

キャラメイク画像12

黒い砂漠のキャラメイクほどの自由度があれば簡単だと思うかもしれないが、これが意外に難しい。人間の顔というのは想像以上に個性的であり、ゲーム内のキャラメイクの幅の狭さを知ることになるだろう。

また、有名人に似せようとすることで無意識に触ることを避けていたパーツを触り、パーツへの理解も深まる。テーマを決めたキャラメイクを行うことで、新しい発見がたくさんあるはずだ。

とはいえ、前述したように黒い砂漠の自由度でも現実の人間を再現するのは難しい。どうがんばっても再現できなかったり、特定の表情しか再現できないこともあるため、完全に再現できないくても問題はない。

黒い砂漠 キャラメイク~クラスごとの違いを知る~

キャラメイク画像13

しばらくゲームを楽しんでいれば自然とサブキャラを作ることになるだろう。

ゲームシステム的には同じクラスのサブキャラを作ったほうが色々と捗る部分が多いが、キャラメイクを楽しみたいなら違うクラスを作るべきだ。

とはいえ、違うクラスをキャラメイクするにはクラスごとの違いを知る必要がある。

たとえば人気職の「レンジャーは非常にキャラメイクしやすいクラス」であることは前述した通りだ。どのパーツも可動域が広く、かつ破綻することは少ない。理想的なキャラメイクができるだろう。

クラスごとのキャラメイクの特徴

ここではレンジャー以外のクラスの特徴と注意点を解説していきます。

ソーサレス

たとえば黒い砂漠の中でもアダルティな雰囲気を持つソーサレスだが、肌の色として入れられているチークが濃い

エステ画面上ではあまり気にならないが、フィールドに出すと途端に濃く見える。

リトルサマナー

陰影ができやすい割にエステ画面だとほとんど消えて見えるという嫌な特徴がある。

ウォーリア

黒い砂漠内で屈指の渋さを誇るが、なぜかキャラメイク中に動く

エモーションというほどではないが、ゆっくりと上下しているため、選びたいパーツと違うパーツを選んでしまうこともある。

その他の注意点

また、クラスごとの基準点の違いもある。

たとえばウォーリアの場合、鼻の奥行き幅を調整すると高さは固定のまま顔の土台部分が前に出たり引っ込んだりするが、レンジャーでは顔の土台部分は動かず、鼻が伸びることとなる。

このように黒い砂漠のキャラメイクはクラスごとにも差があるため、特定のクラスのキャラメイクに慣れたからといって他のクラスもうまくできるとは限らないことを覚えておこう。

黒い砂漠 キャラメイク上級編~回転・化粧を使いこなす~

キャラメイク画像14

ここまでくればある程度キャラメイクに自信を持てていることだろう。しかしまだ序章にすぎない。黒い砂漠のb>キャラメイクは回転を使い出してからが本番だ。

キャラメイクの回転には3種類ある。

正面から見た平面の回転

立体で見た縦回転

横回転

この3種類を使いこなせるようになると、途端にキャラメイクが楽になる。

回転の代表的な使い方

上まぶたの縦回転

黒い砂漠のキャラメイクではまつげはアイメイクのタブに含まれている。

しかしアイメイク内のまつげでは種類と色、長さしか変えることができず、ビューラーのように角度を変えることはできないが、そこでまぶたを縦回転させるとまつげの生える角度を変えることができる。

平面の回転

唇やまぶたなど多くのパーツで役に立つし、輪郭の回転でエラを目立たせることも可能だ。

眼球の回転

目の位置を動かす場合には回転が必須となるが、左右対称」のチェックボックスをオフにすることで、特定の方向に向けることもできる。

視線を動かすことの意味はあまりないが、SSを撮る際に動かすとよりリアルなSSを撮ることができる。

まとめ

ただし、回転は非常に有用なツールではあるが、回転させることで周辺パーツとのバランスが崩れることも多い。

そのため常に全体のバランス、上下左右から見たバランスを気にしつつ調整するといいだろう。

化粧も大事

キャラメイク画像15

そして回転と同様に使いこなしたいのが化粧。

アイメイクでは輝きや反射を利用してラメっぽさを出したり、チークに白などを使うことでデフォルトのチーク色を打ち消すこともできる。

また、化粧の中には民族的なものやタトゥーのような化粧もあるため、理想のキャラを作るために積極的に活用してみよう。

最後に・・・

キャラメイク画像16

キャラメイクのコツは「楽しむこと」だ。基本的にキャラメイクは自己満足であり、他人の評価はあまり気にしないほうがいい。

現実の人間の顔の好みが千差万別であるように、黒い砂漠のキャラメイクも人それぞれだ。

もちろん他人に見せることを否定するつもりはない。公式の掲示板やTwitterなどにアップしてもいいし、キャラメイクギルドに所属するのもおもしろいだろう。

アバターや染色もキャラメイクの一部であると言えるので、そのあたりを含めてキャラメイクをするとより一層楽しくなる。

他にも黒い砂漠ではSSが活発なので、作り出したキャラを魅力的に撮るのもおもしろい。黒い砂漠は自分なりの楽しみ方を見つけるゲームでもあり、キャラメイクも同じだ。

それがキャラメイクの最大のコツである。


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/onlinega/public_html/q-movie.com/wp-content/plugins/advanced-custom-fields-pro/includes/api/api-template.php on line 502

You may also like

Leave a Comment