Home Contents ピッコロとは?

ピッコロとは?

by админ

大人から子供まで、まさに文字通り老若男女が知っている「ドラゴンボール」ですが、その中でも主要キャラクターのうちの一人として人気があるキャラクターと言えば「ピッコロ」です。

長いドラゴンボールの物語の中で、初期の登場時から後期まで活躍したのは、孫悟空をのぞいたらピッコロと天津飯ぐらいではないでしょうか。

初登場時は「ピッコロ大魔王」という名で登場し、クリリンや天下一武道会に出場したメンバーを殺していくなど、悪の限りを尽くしていました。

しかし、ラディッツと戦うために初めて味方側に加わって孫悟空と共に戦ったり、ベジータ・ナッパと戦うために孫悟空の子供である孫悟飯を鍛えたりするまでになりました。

孫悟飯を鍛えているときも、厳しい修行をしているなかでも時折優しさを見せたり、孫悟飯がナッパに殺されそうになると身を呈してかばったりと、仲間思いなところもあったりします。

名前の由来

まず最初に「ピッコロ」という名前についてですが、同名の楽器から取った名前です。

この名前ですが作者が名前を考えたとき、「極悪なやつなのに悪そうな名前を付けるのは、面白くないからかわいい名前を付けよう」「悪いやつなのにかわいい名前というばかばかしさ」とこの名前が決まったそうです。

実際作中でも、亀仙人が「名前だけはかわいい」と言っています。ピッコロの名前にもなった楽器の「ピッコロ」ですが、ピッコロという名前の楽器があるという事を、ドラゴンボールを見て初めて知ったという人が多いらしく、楽器の方の「ピッコロ」の名前を聞くとドラゴンボールの事を思い出してしまう人がたくさんいるらしいです。

ピッコロのデザイン

実は原作とアニメでは若干違うところがあります。まずは指の本数です。原作では指の数が4本なのですが、アニメでは5本になっています。

これについてですが、明確な説明はされていないのですが、差別的な意味合いを排除するために5本にしたのではないかと言われています。

しかし原作では4本だったはずの指が何度か5本になったことがあります。ピッコロがピッコロ大魔王として少年時代の孫悟空と闘ったときの話ですが、「5秒で息の根を止めてやろう」と手を差し出したとき、4本のはずの指が5本に増えています。

この時はこれが書かれたコマの下に作者が、「指が1本ふえちゃった」と手書きで書かれています。多分ですが、書いた後に気づいちゃったんでしょうね。

そのあとも何度か、戦闘中の小さなコマに書かれているピッコロも指が5本になっていたりします。

余談ですが、指の本数が原作と異なるというのは他の漫画やゲームにも見受けられ、有名なRPG「ドラゴンクエスト3」のボス、ゾーマもゲーム中では指が4本なのですが、フィギュアでは指が5本になっています。

あと一つ原作とアニメの異なる箇所ですが、ピッコロは腕の部分に蛇腹模様があるのですが、原作ではベージュだったのに対し、アニメではピンク色になっています。

これの理由については不明なのですが、ピッコロ以外のキャラクターにも原作とアニメの部分では少しちがうところがあるので、アニメの制作者側の何らかの理由があって変更されたものだと思われます。

ハリウッド版

そんなピッコロですが、アメリカのハリウッドで2009年に実写版で映画化され、いろんな意味で話題になった「DRAGONBALL EVOLUTION」では、ドラゴンボールを狙う悪の親玉として登場しています。

2000年前に大暴れして封印されていたものが現代で封印がとかれ、また大暴れするという設定になっています。

3歳で天下一武道会に出場

ピッコロは天下一武道会にも出場(第23回)していますが、実は3歳で天下一武道会に出場しています。

ピッコロ大魔王の生まれ変わりとして父親のかたきを討つために卵として産み落とされ、3年後の天下一武道会に出場したことになりますから、3歳という事になるんですね。

ピッコロの性別

実はピッコロは男性ではないのです。見た目だけで言えばどこをどう見ても男性(しかもイケメンの部類にはいるかも)ですが、卵を産んだりしています。

実際フリーザ編で、デンデとブルマの会話のやり取りでわかります。ナメック星のたくさんのナメック星人は全員最長老が産んだ子供になるので、ピッコロだけでなく、ナメック星人全員性別がないのです。

DB 登場人物&用語一覧」へ

ピッコロの戦闘力とその変遷

08654-dragonball_thumbnail

登場初期からのピッコロの戦闘力を数値化してみました。

※公式を参考にしていますが、具体的な数値が出ていない部分は推測で数値化しています。

※戦闘力の基準はラディッツが初めてピッコロをスカウターで戦闘力を測った「322」を基準にしています。

戦闘力250ぐらい

神様と別れる前のころでナメック星の危機により地球に避難してきたころです。親は「カタッツ」で、自分の子供を宇宙船にのせて地球に避難させたのです。

その子供こそ、後のピッコロです。宇宙船が地球に到着した時の衝撃が原因かは不明ですが、あたまを強く打って記憶をなくしてしまい、この時に自分の名前を忘れてしまいます。

到着したのは地球の「ユンザビット高地」で、そこで後からわが子を追って地球に来るであろう親を待っている精神力があると思うので、これぐらいの戦闘力だと思われます。

戦闘力260ぐらい

この時は、神様になるために修業を重ねて自分の中にいる邪悪な心を追い出したあたりです。その時に神様・ピッコロ大魔王に分かれます。

それ以前に神様になるために修業を重ね戦闘力がアップしますが、2人に分かれたために戦闘力がダウンしたと仮定し、これぐらいの戦闘力になったと思います。

戦闘力フルパワー時で550ぐらい

亀仙人たちの師匠である「武泰斗」による魔封波で長らく電子ジャーの中に封印されていましたが、ピラフ一味によってその封印が解かれたころです。

300年近く封印されていたためにパワーダウンしてしまうのですが、ドラゴンボールで永遠の若さを手に入れたためにこれぐらいまでパワーアップしたと考えられます。

爆裂魔光砲という技は1発で世界が分けられた43区の1つを消してしまうぐらいの威力です。現実世界でいうと国1つをピッコロの技1発で消すのと同じでしょうか。

現在の原子爆弾の威力で国1つ消えてしまうぐらいなので、このときのピッコロの力は現在の原子爆弾ぐらいの力があったと考えられます。

この時にピッコロ大魔王は少年時代の孫悟空と対戦して敗れてしまいますが、死ぬ直前に卵を残しています。この卵からかえったのがのちのピッコロです。

第23回天下一武道会 戦闘力最大で1000ぐらい

この時、ピッコロを封じ込めるために一般人に憑依した神様が天下一武道会に出場しています。実はこの時が神様とピッコロの最初で最後の直接対決です。

この時に出場したピッコロですが、ピッコロ大魔王から産み落とされた卵からかえって3年後に天下一武道会に出場しているので、3歳で戦闘力が1000まで上がったことになります。

孫悟空がドラゴンボール最初に登場した時の戦闘力は50らしいのですが初登場時の年齢は12歳なので、力の差が歴然としていますね。

ラディッツとの対戦時 戦闘力最大1330

天下一武道会からラディッツ登場までは平和な日々だったのですが、ピッコロは真面目に修業して新技まで開発していたので戦闘力が飛躍的にあがりました。

通常時は戦闘力322(重いマントとターバンを外すと408まであがる)ですが、魔貫光殺砲を撃つために戦闘力を一点に集中させたためここまで戦闘力が上がりました。

ちなみにこの時の戦闘力は孫悟空よりも上(悟空の最大戦闘力はかめはめ波を撃つときの924が最高)です。

ベジータ・ナッパ対戦時 戦闘力最大3500ぐらい

ピッコロ・クリリン・孫悟飯の3人をナッパがスカウターで計測した数値は1220でしたが、ナッパと戦っているときにこれぐらい上がったと思います。

ナメック星編(フリーザ対戦時) 戦闘力最大120万ぐらい

ベジータ・ナッパとの対戦時に死んでしまい、界王様の下で修業していたためにかなりの戦闘力がアップしたと思います。

それに生き返ってフリーザと戦う直前にネイルと同化しています。その後フリーザの第2段階と互角かそれ以上の戦い(変身第2段階フリーザの戦闘力は100万以上)なので、これぐらいの戦闘力になると思います。

人造人間編(セルゲーム時) 戦闘力200億ぐらい?

人造人間17号・18号に敗れてしまい、神様と同化したので戦闘力が飛躍的にアップしました(神様と同化するとフリーザより強くなるのでこれぐらいだと思います)。

またセルゲームに出場するために精神と時の部屋で1日(1年)修業しましたのでこれぐらいの戦闘力だと思います。

この時にピッコロはセルジュニアと何とか戦っていられたのでこれぐらいにしました(セルジュニアの戦闘力は250億だったと思います)。

魔人ブウ編 戦闘力210億ぐらい?

修業は続けていたのですが、平和だったことと戦闘の第一線からは離れたため、これぐらいの伸び幅と予想しました。このころにはほかのキャラがボケたのをツッコむ役割になっていましたね。




ピッコロの名シーン(名セリフ)

地球を…なめるなよ……!!

ナッパとの対戦時のセリフです。戦闘力に差がありすぎて劣勢になり、一度は気絶させられてしまうのですが、何とか立ち上がって攻撃したときのセリフです。力の差がありながらもなんとか一矢報いるシーンが印象的です。

悟飯……、オレと…ま…まともにしゃべってくれたのは…おまえだけだった……。き…きさまといた数ヶ月……わ…わるく…なかったぜ……。死ぬ…な…よ…… 悟……飯……

これはナッパに攻撃されそうになった孫悟飯をピッコロがかばって死んでしまったところです。厳しく悪かったピッコロが子供を守るために犠牲になるという、このシーンも良いのですが、セリフもまたこみ上げてくるものがあります。

貴様らに殺されたナメック星人の怒りをおもいしれ!!!

このセリフはフリーザとの対戦時に言ったセリフです。ドラゴンボールを奪うために何の罪もないナメック星人を皆殺ししたフリーザ達に対してのセリフです。

超サイヤ人にも弱点があったか……

スーパーサイヤ人になった孫悟空が、力の加減がうまくできなくて、軽くチチを叩いたつもりがぶっ飛ばしてしまったときのセリフです。どこかギャグ要素のある、別の意味での名セリフだと思います。

DB 登場人物&用語一覧」へ

ピッコロ大魔王について

ピッコロと言えば、初登場時からキングキャッスルで少年時代の孫悟空に敗れてしまう「ピッコロ大魔王」と第23回天下一武道会に出場したピッコロ(マジュニア)と別れるのですが、ここではピッコロ大魔王について述べたいと思います。

初登場したのは第22回天下一武道会終了直後です。終了後に孫悟空がドラゴンボールと如意棒を忘れてしまい、それを代わりに取りに行ったクリリンが殺されてしまいます。

その時直接クリリンを殺したのはピッコロ大魔王ではなくて手下のタンバリンなのですが、これ以前の物語はギャグの色が強い漫画だったのですが、この時からギャグはほとんど見られなくなり、ストーリー漫画(バトルもの)にシフトチェンジしていったように思います。

これは作者が後に言っていたことなのですが、それまで描いた悪役はどこか憎めない、ギャグの要素も持ち合わせたキャラクターが多かったのですが、これほど純粋な悪者を描いたのはピッコロ大魔王が初めて、と言っていました。

ピッコロ大魔王はその昔、亀仙人や鶴仙人の師匠である武泰斗が魔封波を使い、命と賭けてまでまで封印して海深くに沈めたのですが、ピラフ一味がその封印を解いてしまい、現代によみがえってしまいました。

その力は昔からとてつもなく強かったらしく、殺されたクリリンの横に置いてあった「魔」の文字が書かれた文字をみた亀仙人が震え上がったほどです。

そんな恐れられているピッコロ大魔王ですが、原作の中でも見ていると「こいつもしかしてチキン(弱虫)なのかな?」と思うところがいくつかあります。

まず1つは部下を使って武術の達人たちを片っ端から殺して行っていることです。魔封波を使えるものが現代にも残っているかもしれないので、その可能性を消すために取っている行動です。

そしてもう1つは亀仙人戦ったときです。ドラゴンボールを奪うために亀仙人とピッコロ大魔王が戦うのですが、その時に亀仙人が魔封波を使って封じ込めようとします。

それを見たピッコロ大魔王は「うわー」と悲鳴をあげて逃げていく描写があります。そしてもう1つは孫悟空と戦ったときです。

ピッコロ大魔王と対戦した孫悟空はあまりの力の差に劣勢になるのですが、かめはめ波を撃とうと構えを取るのですが、その時にピッコロ大魔王は魔封波と勘違いして焦っています。

この3つからわかるように「魔封波」という、自分を何百年も封印していた技をかなり恐れています。

初めて登場した純粋な悪者に当時衝撃を受けた読者もいたようですが、それと同時にあまりのチキンっぷりに衝撃を受けた読者もいたようです。

ピッコロの必殺技について

爆裂魔光砲

国王の座を無理やり奪ったピッコロ大魔王ですが、国王になった5月9日を「ピッコロ記念日」と名付け、世界の43にわけられた地区を消すつもりだった技です。

1発で1つの地区(現実世界で言うところの国に当てはまると思います)を消してしまう技なので、かなりの威力がある技だと思います。

爆力魔波

全身に気を溜め、手から強力なエネルギー波を放つ技です。キングキャッスルを跡形もなく消し去る技で威力が大きい反面、気を溜めるのにスキが生まれてしまいます。

そのスキを孫悟空が狙って攻撃を仕掛けました。

魔貫光殺砲

ピッコロが孫悟空を倒すために開発した技です。この技はピッコロの数ある技の中でも最高クラスの技だと思います。これを避けたラディッツに対してピッコロが「あのスピードを・・・」と発言していますので、スピードもかなりのものだと思われます。

この技の難点は気を溜める際に膨大な時間がかかってしまいまう事です。ラディッツに対しては孫悟空が注意をひきつけていたので何とか撃つことができましたが、一人で対戦するときなんかは難しい技かな、と思います。

再生

これは技とは言えるものではないのかもしれませんが、手など、体の一部が欠損してしまった場合でも元通りになるというものです。

力を入れると欠損した部分から生えてくるように飛び出し、元に戻ってしまうというものです。ただし元に戻っても戦闘力や体力までは元に戻ることができません。

これはピッコロの細胞を持っているセルも同じように元に戻すことができます。魔人ブウも同様の事ができます。

その他

名前のないもの(人造人間17号に使用した気功波をたくさん撃って敵を包囲し、一気にすべてを打ち込む技など)や、ゲームオリジナルのものもあります。

DB 登場人物&用語一覧」へ


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/onlinega/public_html/q-movie.com/wp-content/plugins/advanced-custom-fields-pro/includes/api/api-template.php on line 502

You may also like

Leave a Comment