チャオズとは?

チャオズは国民的漫画「ドラゴンボール」に登場するキャラクターの一人です。

エイジ738年生まれで身長138cm、体重33kg。趣味は映画鑑賞で特技は料理です。

特に特技である料理はプロ並みの腕前で、兄弟弟子である天津飯と共に修業をしている際、料理は全てチャオズがつくているそうです。

容姿は中国の映画のキャラクターである「キョンシー」にそっくりで、初登場時はキョンシーそっくりなドレスのような服を着ていました。

それ以降はタンクトップに黒いズボンという服装が一般的になっています。

戦士としてのチャオズ

天下一武道会では本線の1回戦でクリリンと対戦していますが敗けています。

鶴仙流の技である舞空術で攻撃を避けていましたが、クリリンにかめはめ波を喰らって超能力でクリリンの動きを封じ込めて攻撃します。

その際に超能力を出すためには手をかざしていないといけないという特性を見破られてしまい、簡単な計算で手を使ってしまい超能力を解除してしまいます。

そのすきにクリリンにパンチを喰らい場外敗けになりました。9−1ができないことや左右が分からないなど、初登場時は15歳にも関わらず知能としてはかなり低いことが分かります。

また師匠である鶴仙人には絶対に逆らえない様子で、決勝戦において超能力で孫悟空の動きを封じ込めたりしています(そのご天津飯に怒鳴られ解除しています)。

第23回天下一武道会では、予選でサイボーグ化した桃白白に敗けています。その後ナッパとの戦いの際に、瀕死の天津飯を守るために自爆をしてナッパを倒そうとしますが、ほとんどダメージを与えられずに死んでしまいました。

兄弟弟子である天津飯を守るために命をかけることから、天津飯の事をとても大切に思っていることがわかります。

チャオズが直接戦闘に参加したのはナッパとの戦いが最後であり、それ以降は参加していません。

アニメでは死んでしまったチャオズが界王様の星でギニュー特戦隊の一人であるグルドと戦いますが、勝利しています。原作・アニメを合わせても、チャオズが戦いで勝ったのはこの1回のみです。

その後人造人間がやってくるというので天津飯とともに3年間修業を重ねますが、「この戦いにはついていけない」といわれてしまいます。

DB 登場人物&用語一覧」へ

チャオズの戦闘力の変遷

08791-dragonball_thumbnail

エイジ753 15歳 戦闘力100ぐらい

第22回天下一武道会に出場。どどん波を打つときには気をためているので、もしかしたらもう少し戦闘力は上がっているかもしれません。

エイジ756 18歳 戦闘力150ぐらい

この時にはもう鶴仙人の元をはなれて天津飯と共に独自に修業を行っています。第23回天下一武道会に出場するも、予選でサイボーグ化した桃白白に敗けてしまい、病院送りにされてしまいます。

これが功を奏し、決勝戦でピッコロが武道会場周辺を破壊してしまいますが、病院の職員によって避難してもらっていたため巻き込まれずにすみました。

エイジ761 23歳 戦闘力200ぐらい

ラディッツが地球にやってきたときです。戦いには一切参加していませんが、5年間天津飯と共に修業を重ねていたと思うので、これぐらいの戦闘力の上昇はあると思います。

エイジ762 24歳 戦闘力600ぐらい

ベジータ・ナッパ戦のときです。戦いまでの1年間、天界で神様とミスター・ポポによる修業を重ね、これぐらいの戦闘力の上昇はしていると思います。

この戦いのときにナッパに対して自爆をしていますが、その時の戦闘力は一瞬ではありますが2~3倍には膨れ上がっていると思います。

エイジ762 24歳 戦闘力2000ぐらい

ベジータ・ナッパとの戦いで死んでしまい、界王様の元で修業しました。蛇の道100万kmを走破し、バブルスを1日で捕まえるなど、孫悟空よりも全て短期間で課題をクリアしました。

アニメオリジナルストーリーですが、界王様がギニュー特戦隊(ギニューを除く)を界王様の星に呼び寄せて戦わせ修業をさせました。その時にグルドに勝利していますのでこれぐらいの戦闘力の上昇だと思われます。

エイジ763 25歳 戦闘力40000ぐらい

ドラゴンボールによってヤムチャ、天津飯と共に生き返り、その後地球で修業を重ねていました。

エイジ764 26歳 戦闘力50000ぐらい

サイボーグ化したフリーザが父親と共に孫悟空を倒すために地球にやってきました。

結局未来からやってきたトランクスが全員倒してしまったので戦う事は無かったのですが、天津飯と共に修業をしていたのでこれぐらいの戦闘力の上昇はあると思います。

エイジ767 29歳 戦闘力150000ぐらい

未来からやってきたトランクスによって3年後に人造人間がやってくることを告げられたため、修業を重ねます。

戦闘力は飛躍的に上昇しますが、他とは圧倒的な差がついてしまったため、天津飯によって戦力外通告を受け、戦いには加わらずにそのまま残ります。

これ以降は主な戦いには参加することはありませんでした。

エイジ774 36歳 戦闘力400000ぐらい

天津飯と修業をしてパワーアップ。魔人ブウの天界からの総攻撃を避けて死なずに済みました。




チャオズの名言・名シーン

さよなら天さん・・・。どうか死なないで

ナッパとの戦いの際、ヤムチャは死んでしまい、天津飯は腕が吹き飛ばされるなど、かなりの劣勢でした。

そんなときにチャオズがナッパに気づかれることなく背後に回り込み背中を取ります。チャオズの体は小柄なためにナッパの手は届かずにもがいていると、チャオズが天津飯にこのセリフを言います。

大好きな天津飯を守るために自らが犠牲になったのですが、このセリフもよかったのですが、自爆直前に目に涙がたまっているのが印象的でした。

結局大したダメージも与えられず、犬死にになってしまいました。

タコ

チャオズ初登場である第22回天下一武道会に出場したとき、クリリンの頭を見たときに言ったセリフで、初めてしゃべったセリフでもあります。ちなみにチャオズの頭には髪の毛が1本だけ生えています。

DB 登場人物&用語一覧」へ

チャオズの意外と知らないうんちく

チャオズは孫悟空と一度もしゃべってない

チャオズと言えば長いドラゴンボールの話の中でも、かなり初期に登場しているキャラクターですが、実は主人公である孫悟空と一度も会話をしたことがないのです。

唯一あるとすれば、ベジータ・ナッパ戦のときに死んでしまい界王様の元で修業をしているとき、ナメック星に向かう途中の孫悟空と界王様との会話の中、死んでしまったメンバーの話になったときに孫悟空が「チャオズもか」と言ったとき、チャオズが「へへへ」と会話?をしたのみです。

そのため、原作の中で唯一孫悟空に対しての呼び方が不明なのです。アニメでは「悟空」と呼び捨て、ドラゴンボール改では「悟空さん」と呼んでいます。

ちなみにチャオズが原作の中で会話をしたことのある主要メンバーは、天津飯、亀仙人、鶴仙人、クリリンの4人のみです。

天下一武道会でのラスボス扱いだった

チャオズの初登場は第22回天下一武道会でしたが、当初天津飯よりも強く、天下一武道会のラスボス的なキャラクターにしようとしていたそうです。

その後どういった事情があり設定変更したのかはわかりませんが、原作の通りの設定になったようです。

未来の世界ではチャオズは死んでいない?

未来から来たトランクスが、孫悟空と3年後に人造人間がきて世界を滅ぼすことを話しているときですが、ベジータやピッコロなど、全員が人造人間に殺されるという話の中で、トランクスの口からチャオズが死んだという言葉は出てきませんでした。

もしかしたらチャオズだけ殺されずに生き残っているのか?と思いがちですが、アニメでは人造人間に殺される描写があるので、トランクス以外全員死んでいるようです。

チャオズは置いてきた

人造人間19号・20号との対戦の前、孫悟空が事前にトランクスに出現場所を聞いていた北の都の岩山に到着した際、先にヤムチャ・天津飯・ブルマが到着していました。

孫悟空と天津飯の会話の中で天津飯が、「チャオズはオレが置いてきた。はっきり言ってこの戦いにはついていけない」というセリフがあります。

確かにチャオズは人造人間との戦いにはついていけないと思うのですが、これを読んだりアニメをみた人たち全員が「お前もだろ」と思ったそうです。

ちなみに映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の中で、天津飯が「チャオズとヤムチャはオレが置いてきた」というセリフがあります。このセリフが出たときに映画館の中で、ヤムチャも追加されたのかよと言う意味で失笑が漏れたそうです。

チャオズの必殺技

ここではチャオズが劇中で繰り出した技を紹介していきます!

どどん波

鶴仙人が編み出した技。

人差し指の指先に力を溜め、光線状に繰り出される。チャオズの他に、天津飯、桃白白も使用することができます。どどん波はかめはめ波よりも威力が高いようです(天津飯がかめはめ波を見た際、この程度の技と言っていることから予測できます)。

原作ではチャオズ、天津飯は第22回天下一武道会でしか使用しませんでした。

超能力

①金縛りの術

両方の手のひらを相手に向け、相手を動けなくする技。第22回天下一武道会でクリリン相手に使用し、クリリンに対して腹痛を起こさせ、動きを封じ込めました。

金縛りの術を使うためには両方の手のひらを相手に向けるのは絶対条件のようで、これを見切ったクリリンはチャオズに計算問題を出し、手を使わせて術を解きました。

決勝戦での孫悟空と天津飯の対戦では、指1本で一瞬ではありますが孫悟空の動きを止めました。ベジータ・ナッパ戦ではナッパ相手に使用しましたが、まったく効きませんでした。

②念動力

第22回天下一武道会の対戦相手を決める際に使用しました。

いわゆる超能力を使用した「ズル」で、この力を使って天津飯の意のままに対戦相手を決めました。ちなみに第23回天下一武道会の予選のブロック分けのくじ引きの際にも使用しています。

③テレパシー

第22回天下一武道会の決勝戦において、チャオズが天津飯と脳内で会話するために使用しました。

言葉を発せずに会話することができます。孫悟空と天津飯との決勝戦において、試合が天津飯に有利に進めるために「金縛りの術」を孫悟空に使用した際、術の使用をやめるようにテレパシーを使用して会話しました。

自爆

ベジータ・ナッパ戦のときに、ナッパに対して使用した技です。相手の背中に張り付き、自身の体を爆発させることで相手に大ダメージを与えます。

使用したのはナッパに対しての1度のみでした。結局ナッパは背中が多少黒くなったのみで、ほとんどダメージを与えることはできませんでした。

チャオズが命を懸けてはなった技のためそれなりの威力はあったようですが、自爆によって死んでしまった後に天津飯が気功砲を放っていますが、気功砲はナッパの戦闘服が破れているのを見ると、チャオズの自爆より天津飯の気功砲の方が威力はあるようです。

ちなみにこの技は名前はないのですが、ゲームでは自爆直前の「さよなら天さん」というセリフがそのまま技の名前になっているものもあります(この場合死んでしまわずにパワーの残りが1になってしまいます)。

舞空術

鶴仙流独特の技で、空中に浮かんだり自由に空を飛んだりできる技です。

第22回天下一武道会の際、チャオズと天津飯が舞空術を使用して観戦していた際、孫悟空とクリリンが「すごい」と言っていることから、それなりに難しい技のようです。

その後天津飯がピッコロ大魔王と対戦した際、天津飯が舞空術を使った際に「舞空術を使えるのか」と、本来なら鶴仙流の技なのにどうしてピッコロ大魔王が技の名前を知っているのか、と疑問が残ったりします。

それ以降は主要キャラ全員が何事もなかったように舞空術を使用しています。

DB 登場人物&用語一覧」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ