Home Contents グラブル キャラの上限解放とは?

グラブル キャラの上限解放とは?

by админ

グラブルを彩るのは、総勢200人以上の仲間キャラクターたちです。キャラクターの上限解放を行うことで、キャラクターのLVの上限が解放されます。

上限解放できる回数は、ステータス画面にある「☆」の数だけ可能となり、レアリティごとに異なります。

「Rキャラ」ですとLV50まで、「SRキャラ」はLV70まで、「SSRキャラ」はLV80まで、

それぞれLVを上げることが出来ます。

キャラクターのLVを最大まで強化すると、「最大HP」 「攻撃力」といったステータスも高くなり、パーティー強化に繋がるでしょう。

キャラの上限解放のメリット

キャラクターの上限解放は、さまざまな「トレジャーアイテム」を素材として行います。

上限解放に用いられた素材は「1段階ごと」に必要となり、上限解放を実行するたびに無くなります。

ですが、キャラクターの上限解放を行うことによって、得られるメリットも少なくはありません。

ここではいくつかのメリットを挙げてみたいと思います。

奥義ダメージアップ

SR「ヴィーラ」の「奥義」は「リストリクションズ・ネイル」ですが、SR「ヴィーラ」の上限解放を行うと、奥義名が「リストリクションズ・ネイル+」と変化します。

奥義名に「+」が付くことによって、「奥義」の威力と演出が強化されています。

アビリティが強化

各キャラクターにはそれぞれ2〜3種類のアビリティが設定されています。

上限解放を行い、キャラクターのLVを上げることによって、アビリティの性能が強化されます。

奥義名とおなじく、アビリティにも「+」が付き、ダメージ(小)から(中)へと「性能強化」であったり、効果、持続ターン数が延長されるものや、使用間隔が短くなるといったさまざまなメリットを得ることができます。

SSR「リリィ」のアビリティ「氷晶結界」は、非常に強力な対火防御アビリティですが、

初期のままですと使用間隔10ターン、効果時間1ターンとあまり使い勝手が良いとはいえません。

SSR「リリィ」を上限解放することによって、「氷晶結界+」となり、使用間隔は2ターン短縮され、効果時間も2ターンに延長されます。

アビリティの強化は、各キャラクターのステータス画面で「★性能強化」「ターン短縮」などといった表記で確認することができます。

イラストが変化

「皆葉英夫」氏の描かれる美麗なイラストは、グラブルの魅力を語るうえで欠かせない存在ですね。

皆葉氏のイラストに惹かれてグラブルを始めた方も多いのではないでしょうか。キャラクターの上限解放を行うことで、キャラクターのイラストが変化します。

全てのRキャラからSSRキャラに至るまで、2種類の書き下ろしイラストが用意されています。どのイラストも、キャラクターの個性が垣間見える素晴らしいものばかりです。

個人的に、Rキャラ「ラムレッダ」のイラストは秀逸です・・・いろんな意味で。

また、戦闘画面でのSDキャラ画像も変化します。おもに、キャラクターの持っている「武器」のグラフィックが豪華になっています。

後述する最終上限解放を行うと、「武器」グラフィックだけでなく、衣装部分にも装飾が施されるので、キャラクターの変化を楽しむ事が出来ます。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

グラブル 上限解放素材の集め方

08929-granbluefantasy_thumbnail

「宝珠」「書」「星晶」「竜鱗」

キャラクターの上限解放に必要な素材のうち、「宝珠」「書」「星晶」「竜鱗」などはエクストラクエスト(曜日クエスト)で手に入ります。

宝珠を集めたいなら火曜日、といった具合に曜日ごとにクエストが設定されているので注意が必要です。

月曜日は火曜日〜金曜日のクエストからすきなものが選べます。

全ての属性の「宝珠」「書」「巻」「星晶」「竜鱗」が手に入るエクストラクエスト(48時間クエスト)もあります。

出現モンスターは「曜日クエスト」よりは強めで、消費APも40と重く設定されています。

2日サイクルで入れ替わるので、タイミングを合わせるのが難しいかもしれません。

また、「宝珠」「書」「星晶」「竜鱗」は「シナリオイベント」などの「戦貨ガチャ」でも手に入れることができます。

「ショップ」の「トレジャー交換」を利用することで、下位素材から上位素材への交換、その逆も可能となっています。

アニマ、マグナアニマなど

キャラクターの上限解放に必要な「アニマ」「マグナアニマ」は、マルチバトルで対象の「星晶獣」を討伐することによってドロップします。

「ティアマト」「コロッサス」「リヴァイアサン」「ユグドラシル」などの「マグナアニマ」は、「カジノ」の景品や、「共闘クエスト」の「デイリーミッション」の報酬として並んでいるので、そちらで交換することも可能です。

また、「共闘クエスト」の「デイリーミッション」報酬のなかには「竜鱗」も並んでいます。

栄光の証、覇者の証

おもに、「栄光の証」はSR以上のキャラクターの上限解放に用いられ、「覇者の証」はSSRキャラクターの上限解放に必要です。

これらの証類は、「シナリオイベント」などの「貢献度報酬」として並んでいることが多いです。

「シナリオイベント」に積極的に参加し、「貢献度」を稼ぐことによって手に入れることができます。

ほかにも、エクストラクエスト(討滅戦)でトレジャー交換を行うことによって入手できます。




グラブル 最終上限解放とは?

先ほど少し触れましたが、一部のキャラクターのみ最終上限解放が実装されています。

最終上限解放が可能なキャラクターは、ゲームアップデートで随時追加されています。

現状では「ネツァワルピリ」「ユエル」「カリオストロ(土)」「ランスロット」「シャルロッテ」といった一部のSSRキャラのほか、「ダヌア」「ノア」「ソリッズ」「ティナ「ルシウス」などのSRキャラ、そのほかにも「アイドルマスターコラボ」イベントで編入可能な「島村卯月」「渋谷凛」「本田未央」3人のアイドルたちです。

SSRキャラはLV80→LV100まで、SRキャラはLV70→LV90まで、それぞれキャラクターのLVを上げることが出来ます。

最終上限解放の条件とは

最終上限解放可能なキャラクターを最大LVまで強化すると、フェイトエピソードが解放されます。

これらのフェイトエピソードをクリアすることで最終上限解放が可能となります。

奥義、アビリティの更なる強化

キャラクターの最終上限解放を行うことによって、更なる「奥義」の強化、アビリティの強化が可能となります。

最終上限解放を行ったキャラクターの「奥義」は「++」と表記されます。

ダメージアップだけでなく、SSR「ネツァワルピリ」の場合ですと「自分の奥義ゲージUP 」といった、さまざまな追加効果が付与されるようになり、非常に強力です。

それぞれのアビリティも「++」となり、大幅に性能強化されています。

SSR「カリオストロ(土)」の「ファンタズマゴリア」ですが、LV100まで強化すると、効果対象が「自分のみ」から「パーティー全体」へと変化し、強力な「全体バフ」でパーティーを支援することができます。

また、SSR「ユエル」はLV100まで強化することによって、4つ目のアビリティ「参之舞・燼花 」を習得可能です。

ほかにも新たな「サポートアビリティ」を習得するキャラクターもいますので、対象キャラクターを所持しておられるなら、最終上限解放を目指しましょう。

イラストが変化、キャラクターボイスも追加

キャラクターの最終上限解放を行うことで、皆葉氏による3枚目の美麗イラストを見ることが出来ます。

グラブルは、多くの豪華声優陣がキャスティングされていますが、最終上限解放を行うことにより、「奥義」のセリフ、戦闘中のセリフなどが変化します。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

グラブル 最終上限解放に要求される素材

キャラクターが大幅にパワーアップする最終上限解放ですが、特別な素材が必要となります。

碧空の結晶

「碧空の結晶」は「共闘クエスト」の「デイリーミッション」の達成報酬として、1日1個入手可能です。

また、「シナリオイベント」などの「チャレンジクエスト」や「HELL」の初回報酬として設定されているほか、

エクストラクエスト(討滅戦)最高難易度「MANIAC」で稀にドロップします。

SR「カタリナ」SR「ラカム」SR「リーシャ」などのメインストーリーで仲間になるキャラクターの最終上限解放に必要な「ミスラのアニマ」は、「ガロンゾ島」にて「星晶獣ミスラ」と戦うことでドロップします。

*「ミスラのアニマ」のドロップ率は低めに設定されています。

意外にあなどれないのが「ルピ」

SSRキャラの最終上限解放には、「上限解放素材」のほかに、費用10万ルピが必要です。

「ルピ」は「シナリオイベント」などの戦貨ガチャや、「貢献度報酬」「討伐章報酬」でこまめに回収しましょう。

それでも足りない場合は「共闘クエスト」で手に入る「共闘トレジャー」を「ショップ」で売却しましょう。


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/onlinega/public_html/q-movie.com/wp-content/plugins/advanced-custom-fields-pro/includes/api/api-template.php on line 502

You may also like

Leave a Comment