グラブル オリヴィエの評価と運用

グラブル オリヴィエとは?

・レアリティ:SSR

・属性:闇 

・maxATK 2000

・maxHP 750

・(最終上限解放後 maxATK 2420/ maxHP 930)

主な入手方法:レジェンドガチャ。サプライズチケットなどで選択可。

Dエンジェル・オリヴィエは闇属性のSSR召喚石です。

最終上限解放(☆4)可能な召喚石のひとつになり、闇属性キャラ攻撃UP、最大HP上昇といった加護効果をもたらします。

加護による上昇効果は、現状最高の数値となっており、同じ闇属性SSR召喚石「ディアボロス」の上位交互といえます。

特に最大HP上昇効果は長期戦などの耐久バトルで有用で、ソロ性能に優れています。

加護の効果

・闇属性キャラクターの攻撃25%UP/最大HP25%UP

・上限解放後(☆3):闇属性キャラクターの攻撃40%UP/最大HP40%UP

・最終上限可能後(☆4):闇属性キャラクターの攻撃60%UP/最大HP40%UP

・闇属性キャラクターのチェインバーストダメージの威力が25%UPとなります。

召喚効果

召喚効果は「スロウ」を付与します。再召喚可能となるには9ターン必要です。

「スロウ」の効果は敵のチャージターンを1つ減らせるもので、オリヴィエ同士の合体召喚の場合、チャージターンを2つ減らせます。

ただし、有利属性以外ですと、成功率が高いとはいえませんのでくれぐれも過信しすぎないように。

最終上限解放後の召喚効果

通常時と同じく「スロウ」付与に加え、闇属性キャラクターのアビリティ再使用間隔1ターン短縮というものが追加されます。

闇属性キャラクターのみなので、他属性キャラクターにはアビリティ再使用短縮は適応されません(missと表示される)

また、最終解放後のオリヴィエ同士の合体召喚ですと2ターン短縮されます。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

オリヴィエの評価

09004-granbluefantasy-8353058

オリヴィエの加護がもたらす最大HP上昇効果による高い耐久性は、

・「シュヴァリエ・マグナ」の特殊技「光の剣」を凌ぎ切る

・「ジ・オーダーグランデ討伐戦」「アポロンHL」などの耐久力の高い強敵とのバトルにおいて真価を発揮

召喚効果は敵に「スロウ」効果を付与し、闇パーティーには「スロウ」効果を持ったキャラクターが多く、それらのアビリティを併用することで敵の特殊技を未然に防ぐことが可能です。

元々、バランスの良いステータスをもっていましたが、最終上限解放後はレベル150まで強化することで申し分ないステータスとなり、闇属性最強の召喚石「バハムート」を所持していないなら、メイン召喚石として活躍するでしょう。

ステータスの高さから、サブ召喚石としての運用もおすすめです。

オリヴィエの加護である「キャラクター攻撃UP」を最大限に活かすなら、サポーター召喚石は「バハムート」「オーディン」などの「属性攻撃UP」加護をもったものを選びましょう。

「セレスト・マグナ」や同じ「Dエンジェル・オリヴィエ」ですと、グラブルのダメージ計算上、持ち味を活かすことが出来ません。

(キャラ攻撃UPは攻刃に加算扱いとなるため)




オリヴィエの最終上限解放素材

・闇晶のエレメント×300

・オリヴィエのアニマ×10

・真なる闇のアニマ×5

・黒霧の結晶×10

・虹星晶×10

・幻魔の破片×20

・栄光の証×5

・碧空の結晶×5

強化費用20万ルピが必要です。

幻魔の破

オリヴィエ上限解放に必要な「幻魔の破片」は、共闘クエストに出現する「ディアボロス」からドロップします。

闇晶のエレメント

闇晶のエレメントは、闇属性召喚石をエレメント化させることにより入手可能です。

(属性エレメントは栄誉交換などでも入手可能ですが、レートが高く割に合わないと思います。)

属性エレメント300個は大変かもしれません。

エレメント化の目安:ゲーム内でドロップするセレスト・マグナやイベントSSR召喚石などは20エレメント。

レジェンドガチャ産のリッチ、サタンなどのSSR召喚石は200エレメントになります。(ガチャ産召喚石のエレメント化は、SSRが豊富にあり、被りが多い人向けです)

SR召喚石の場合、ガチャ産は15エレメント、ゲーム内召喚石は1エレメントです・・・

カジノ景品SR召喚石「バジリスク」はなぜかガチャ産扱いで15エレメントになります。

最終上限解放クエストを発生させる条件

・Rank40以上であること

・「セレスト・マグナ」を自発し、討伐に成功

クエスト発生場所は「24章」「霧に包まれた島」になります。

呼び出すためのトリガーアイテムとして、「ダークジーン」50個、または「黒竜鱗」を6個が必要です。1日2回まで呼び出すことが出来ます。

「オリヴィエのアニマ」のドロップ率は割と低めであり、回数制限もあるのでアニマ集めはなかなか大変です。

Twitter上で「Dエンジェル・オリヴィエ」のワードで検索すると、Twitter救援を出しているプレイヤーも多く、マルチバトルのIDを入力することで参戦できます。

この機能も上手に活用しましょう。

最終上限解放クエスト「Dオリヴィエ・討伐戦」

注意すべき点は残り体力50%で発動する特殊行動「シルバーレイク」です。

「シルバーレイク」は奥義ゲージ-20%、虚脱状態(毎ターン奥義ゲージ減少)を3ターン付与という厄介なものです。

対策していかないと延々と奥義が撃てなくなります。体力50%以下のものに参戦すると初ターンに必ずくらいますので、注意してください。

OD時、残り体力10%時のDフォールンソードは特大ダメージ(ランダム2回)です。

こちらも強烈なのでダメカット手段を用いるなど対策を怠らないようにしましょう。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

オリヴィエの運用とおすすめ編成

オリヴィエの加護である、最大HP上昇効果は「HLマルチバトル」のような長期戦ではとても有用です。

ナルメア

高火力アタッカーですが、胡蝶刃、泡沫夢幻使用による自身の防御ダウン付与効果により非常に撃たれ弱いです。

ジャンヌ・ダルク(闇バージョン)

インサイテッドの使用により大幅にステータスがアップしますが、ターン経過とともに弱体していき、防御力も下がってしまいます。

このような防御面に不安が残るキャラクターたちも安心して運用することができます。

ダークフェンサー

召還効果の「スロウ」付与は、主人公のジョブが「ダークフェンサー」であった場合、

「グラビティ」と併用することで敵のチャージターンをある程度コントロールすることができます。

ヴァンピィ

スカーレットギフトにもスロウ効果があり、最終上限解放済み「レディ・グレイ」のダークにもスロウが付与されるので、これらのキャラと合わせて運用することで大幅に敵のチャージターンを遅らせることが出来ます。

敵がオーバードライブモード時に巧く使用し、特殊技を食らわない攻略が可能となるでしょう。

グラブルは「ダメージ減衰上限値」の関係で、チェインバーストダメージは116万付近から減衰がかかります。

最終上限解放オリヴィエの、チェインバーストダメージ威力25%UPを活用するなら、なにもフルチェインに拘らなくても構いません。

奥義要員:十天衆シス

サポートアビリティ神狼により、通常攻撃は常時ダブルアタックとなり、非常に奥義回転速度の速いキャラクターです。

「十天衆シス」の自己バフは強力ですが、ダメージを受けると消えてしまうものもあり、迅門・紫電を使うか、奥義効果の幻影をいかに早く付与させるかが重要となってきます。

シングル奥義ですとチェインバーストは発生しませんが、2人だと「2チェイン」3人だと「3チェイン」となります。

最終上限解放オリヴィエの加護はチェインバーストダメージ威力25%UPなので、「2チェイン」、「3チェイン」でもダメージUPが見込め、積極的に奥義を回転させることにより、最終的な与ダメージは大きくなります。

奥義要員

主人公のジョブを「ベルセルク」などの「ウェポンマスター」系のジョブにする。

「忍者」メイン武器に拳装備・忍術 縮地(必ずトリプルアタック)を使用したり、EXアビリティにデュアルインパルス3を積めるものにすると良いでしょう。(グラーシーザー装備のホリセ、セージなど)

「ヴィーラ」も必ずトリプルアタックのアビリティを持っていますし、「フォルテ」や「ナルメア」も自身の連続攻撃確率アップのアビリティを持っています。

「ケルベロス」は連続攻撃UPサポートアビリティのおかげで、素のダブルアタック率は高めに設定されています。

グラブル 攻略Wiki」はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ