PSO2 リサは危険なキャスト!?

リサはPSO2に登場するNPCキャラクターです。EP1から存在するキャストの女の子で、クラスはレンジャーです。

格好はイオニア・シリーズのパーツで統一されており、三白眼で常に見開かれた赤い目が特徴的です。

情緒不安定で、可愛い声と裏腹に凶悪な言動が目立ちます。

「〜ですねえ。」「〜ですよお?」といった間延びした語尾で喋りながら、体をぐいぐい動かして感情を表現し、いきなりテンションを上げて銃を撃ちまくるだのエネミーを苦しめるなどと言い出すその姿からは本当にアークスなのか疑問に思ってしまいます。

また、アークスサイドのNPCとしては珍しく年齢不詳です。

PSO2 リサの性格

09013-pso2_thumbnail

エネミーを簡単には死なせず苦しめながら最終的に撃ち殺すことに喜びを抱いている危険な性格(いわゆるトリガーハッピー)で、ハンターやフォースよりも火力が出ないことを知りながら、1発あたりの威力が低く一撃必殺にはなりにくいアサルトライフルを愛用していおり

苦しんで苦しんで苦しんで苦しんでもらわないとだめじゃないですかあ。

大きな敵も小さな敵も分け隔てなく苦しめられる銃が大好きです。

と語っています。その異常性は、他の基本職NPCであるハンターのオーザ・フォースのマールーと比べて武器の説明が異常で、明らかに一線を画しています。

いっぱい倒せて楽しいですけど多くて面倒なのはイヤですねぇ。

やっぱりダーカーは一番嫌いですねぇ。人間よりも、ずっと嫌いですよう。

人間も好きではない?

などと発言しており、ダーカーに対しての嫌悪感は他のアークスと同じくらいにはあるようですが、「人間よりも」と語っており、人間も好きではないようです。

主人公であるプレイヤーに対しては「どちらかというと好きな部類」だそうなので一安心…?

撃ったこと無いのは、ひとだけなんですよねえ。どんなふうになるんでしょうねえ。

と 人間を撃ったらどうなるか興味深々にしているが、人を撃ったら怒られるという理由で撃てないと残念がっています。

ただイベントフィールドでプレイヤーに向けて発砲するシーンがあるため、本当に撃たないのかどうかは怪しいですが…。

意外な一面も

ただそんな彼女ですが協調性がないわけではなく、同じ女性キャストであるフーリエとは仲が良いほうで、オーザやマールーと合同訓練を行っているとのことです。

また他のNPCアークス達とは違い、ストーリー内で起こった出来事・物事の本質を見抜いた意味深なセリフをつぶやりたりと、ただのハッピートリガーではない一面も覗かせます。

アークスの内情やダーカーや惑星の謎をプレイヤーに問いかけてくるなど、驚かされるフィールドイベントは多いです。

本人曰く、幼い頃は身体が弱かったがフォトンを扱う才能は凄かったとのことで、フォトンを扱うために人からキャストへの改造手術を受けてキャストになったとのこと。

ですがリサは幼い頃のことを覚えていないらしく、キャストになることに関してリサの意志があったのかどうかは知らないそうです。

(キャストは皆そういった出自らしく、キャストになる前の自分を覚えていることはない)

EP2ストーリー「再誕の日」

レギアスの発動した絶対令で操られ、オーザ・マールー・フーリエと共にプレイヤーの前に立ちはだかります。

他の3人は絶対令の効果により操られていましたが、リサだけは人を撃ちたがっていたフィールドイベントでも語っていたように、自身の意志で敵対してきます。

戦闘後は、クーナによる絶対令の解除により他の3人が敵対を止めたことと、自分自身が満足したこともあり味方になりました。

「再誕の日」クリア後のフィールドイベントではオーザやマールーが謝罪に来ますが、リサは謝るのではなく楽しく戦えたことなど色々なことをひっくるめて「ありがとうございました。」と感謝をしていました。

EP3のイベントフィールド

普段のリサとは全く違う一面を見ることができます。穏やかな口調で

フォトナーは一人を犠牲にして世界を救おうと考えた

それに対し、アークスはただ一人を救おうと団結している

もう一度同じことをするようならそれこそ幻滅するところだったえ

と述べています。今のアークスは好きに慣れそうだと、そしてマトイをちゃんと助けてあげてとプレイヤーにエールを送ってくれます。

エールを送った直後に普段の様子のリサに戻ってしまいますが、フォトナーのことを知っていたことや普段と違った様子から、実はかなりの高年齢であり多重人格なのでは?と思われます。

イベントやストーリー以外

プレイヤーはリサに関わる機会が多いです。何故ならレンジャーやガンナーを習熟するためには彼女から提示されるクライアントオーダーを達成しなければならないためです。

レンジャークラス・ガンナークラス限定のクライアントオーダーを提示してきたり、レンジャーのスキルポイントを上げる

レンジャーに慣れましょうよお

これこそレンジャーですねえ

レンジャーの極致を追及・Ⅰ〜Ⅳ

ガンナーのスキルポイントを上げる

ガンナーに慣れましょうよお

これこそガンナーですねえ

ガンナーの極致を追及・Ⅰ〜Ⅳ

といった重要なクライアントオーダーも彼女から受けることになります。

また彼女の好感度を高めていくと、武器の属性強化に必要なシンセサイザーやスニークシューター(Lv3)・ピアッシングシェル(Lv5)とアサルトライフル用のPAを貰えてます。

好感度を上げ切ってからもフィッシュレーションを貰えるようになるため、積極的にフレンドパートナーとして使用したり、クライアントオーダーをクリアしましょう。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ




PSO2 フレンドパートナーのリサの性能

リサはEP1の時点からフレンドパートナーにすることが可能でした。

アサルトライフルを使用して援護してくれるのですが、当初はウィークバレットを全く使わないためあまり連れて行くメリットがありませんでした。(彼女の性格を考えると設定に忠実と言えるかもしれませんが…)

その後アップデートされたことにより、現在はウィークバレットを撃ってくれるようになり、支援役として頼れるようになりました。

リサのパートナーカードを入手

彼女のクライアントオーダーである、

長銃はこう使うんですよお

銃剣はこう使うんですよお

大砲はこう使うんですよお

の3つのクライアントオーダーをクリアする必要があります。それぞれアサルトライフル・ガンスラッシュ・ランチャーのみでエネミーを20体撃破すれば達成でき、クライアントオーダー達成報告することでパートナーカードを入手できます。

リサの性能

・メインクラス:レンジャー

・サブクラス:ガンナー

・キャラクター性:命知らず

・特性:逆境好き

・特殊補正:臨戦態勢

・回復アイテム:ディメイト

と設定されています。

使用武器はLv1〜10がライフル、Lv11〜20がスナイパー、Lv21〜30がアルバライフル、Lv31〜40がアルバブラスター、Lv41〜49がヴィタライフル、50〜65

がヴィタブラスター、Lv66からはラムダティグリドルです。

Lv66までずっとコモン武器で戦うため、通常攻撃によるダメージには期待できません。

使用するPAはワンポイント・ホーミングエミッション・ディフューズシェルの3つ。ウィークバレットはLv11から使用するようになり、Lvが一定値になるごとに弾数が増え、Lv41から最大数の4発になります。

支援役として連れて行くならLv11以降から連れて行くことをおすすめします。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ