PSO2 ファーレン装備~組み合わせを検証~

PSO2 ファーレンとは?

ファーレン画像1

ファーレンは、星11武器と星11ユニットのシリーズです。

タクトを除いたすべての武器カテゴリと、打射法技量4タイプのユニット合計12種からなるシリーズ装備です。

武器の性能

要求値が打・射・法撃の600か、技量400になっており、比較的低いレベルから装備可能です。

攻撃力に関しては、星11武器の中では低めではあるものの、入手時のレベル次第では一つの選択肢になる可能性もあります。

潜在能力

全ての武器に2種類設定されていて、一つは「技巧匠」で共通、もう一つは武器に合わせた潜在能力が設定されています。

技巧匠は「クラフトした状態に限り、ダメージが7%増加」という効果になっています。

赤の武器に設定されている「再輝の赤」の下位互換とでもいえる潜在ですが、こちらは汎用素材であるフォトンスフィアで解放することが出来ます。

現在のクラフト上限であれば、多くの武器がクラフトして技巧匠を解放した方が威力が高くなりますが、ダメージのブレ幅を抑制するための技量が必要になるため、法撃系の武器との相性は良くありません。

もう一つの潜在能力

武器によっては異なり「刹那の撃鉄」といったダメージ増加系の潜在能力が設定されているものから、「光輝の癒し」や、「弧月蝕」、「護攻陣」など武器によっては防御寄りの潜在能力が設定されているものもあります。

ユニット

セット効果やHP、PPの補正については、他の星11ユニットと比べると見劣りしますが、そもそもこの装備シリーズはそれらの装備を狙ってクエストに参加するための装備という見方もあるため、どちらかという比較の対象はSH帯で入手可能な星10ユニットになります。

そして星10ユニットと比較すると防御力は3種類の防御力のうち、最も高い防御力はあまり変わらないものの、星10ユニットでは低く設定されていた他の防御力も高くなっており、3種類の防御力すべてがより高い水準になっています。

入手も比較的簡単なうえ、入手のためにこなしていくクライアントオーダーはいずれも報酬で高額のメセタが受け取れるため、「高額のメセタとSH帯以上で使用できる強力な装備」の両方が同時に手に入るクライアントオーダーになっています。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

ファーレンのセット効果

ファーレンのセット効果

ファーレンのセット効果は、3種セットと4種セットの2段階式になっています。対象となる装備は、全ての武器とユニットが対象になっています。

また、3種セットに関しては、ユニット3か所以外に限らずユニット2か所と武器という組み合わせでも発動します。

3種装備時のセット効果

・打射法+50

・技量+30

・HP+45

・PP+5

の効果があります。

セット効果はサイキシリーズのようなセット効果に大半の効果が集中したタイプではなく、どちらかというとブリサシリーズに近い「ユニット自体の効果とセット効果の合計」が主体になるタイプのユニットです。

そのため、必ずしもクラフトとの相性が良いというわけではありません。

攻撃力に関しては、3ステータス+50とサイキやブリサと比べると少し弱く、技量も+30、HPとPPも増加量自体は控えめですが、サイキやブリサと違い、ユニット3か所と武器を同時に装備することで4種セット効果を発動します。

4種装備時のセット効果

・打射法+100

・技量+60

・HP+90

・PP+9

とPP以外の効果は倍増、PPもほぼ2倍になります。

4種セット効果では、サイキシリーズやブリサシリーズにも負けない高補正値になりますが、武器がファーレン系武器で固定されるため、実際の攻撃力は「あくまでSH帯向け」程度のものになってしまう点がネックになります。

この点を解消するためには、武器をクラフトしつつ、潜在能力で「技巧匠」を選択する、というのがオススメです。

技巧匠ではないの方の潜在能力のほうが強力な場合にはもちろんそちらを選択しても問題ありません。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ




ファーレンの組み合わせ

ファーレンの組み合わせ

ファーレンのセット効果で凄いのは、組み合わせの多さです。ユニット自体が3か所4種類で12個、武器が17本存在するためかなりのパターンの組み合わせが可能です。

その中で構成を選んでいくことになりますが、一番に気にしたいのはHPとPP、次点で物理耐性の事になります。

ただしHP特化やPP特化に関しては他のユニットのほうが安価で強力ということがあるため、ファーレンで目指すのはサイキシリーズのようなバランスの良い構成の装備になります。

各装備のHPとPPの補正値

・打撃防御要求HP+80

・射撃防御要求HP+60PP+2

・法撃防御要求PP+8

・技量要求HP+40PP+4

となっています。

バランス優先の場合

技量系の装備を3か所でも良いのですが、それならば、あえて「打撃防御系1法撃防御系1技量系1」という組み合わせもオススメです。

というのもこの組み合わせにすると、HPとPPの補正は技量系3か所と同じにしつつ、打撃防御と法撃防御の数値が更に高くなるためです。

デメリットとして、射撃防御や射撃耐性は下がってしまうため射撃攻撃に対する防御は下がってしまうため一長一短でもあります。

それ以外の組み合わせ

使いやすいPP120を基準にして「法撃防御系1技量系2」という組み合わせもオススメです。

HP+125、PP+21になるため、PAの発動可能回数が大きく増える反面、防御力や耐性などは低めになるます。

そのため近接打撃系のクラスにはあまりオススメではありませんが、ある程度操作に慣れている、ガード回避には自信があるという場合には敢えてこちらを選択して、攻撃可能な回数を増やすのも方法の一つではあります。

打撃特化型のテクターの場合

あまり大量のPPを必要としない打撃特化型のテクターの場合には、深く考えずに「打撃防御系3」という選択肢もあります。

HP補正は285と高く、打撃と法撃の両方が上昇する点もあり相性は良好です。

とはいえ、難易度SH以降は支援テクが必要になる頻度も高くなり、移動にテクを併用することがあるため、どちらかというと支援系テクニックを必要最低限に抑えた「原人」などと呼ばれる特化構成使用時にオススメの構成です。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

ファーレンの入手方法

ファーレン画像4

ファーレンシリーズの入手方法は、ショップエリアに居るNPC「ジグ」にクライアントオーダーやアイテム交換などで入手する事でのみ入手可能です。

交換にはジグのクライアントオーダーをクリアすることで入手可能なアイテム「名工の標」と「刀匠の証」が必要になりますが、このアイテムは1キャラクターあたりの入手可能数が限られているアイテムです。

武器に関しては交換ショップを通してアイテムに戻すことが可能ですが、ユニットに関しては変換不可なため、交換の際には他のユニットと間違えて交換してしまわないように注意が必要です。

武器の場合

ファーレン画像5

ジグが提示してくるクラフト関係のオーダーを順番に進め、条件を満たすと受注可能になる「情熱の結晶・〜(〜は武器カテゴリ名)」というクライアントオーダーをクリアすることで報酬アイテムとして入手することが出来ます。

ただし、属性はランダム、属性値もかなり低い(属性10〜20が普通)事が多いなどランダム要素が強く、目当ての属性を手に入れるまでかなりの回数繰り返すことになる場合もあります。

武器の入手にはアイテム「刀匠の証」が1個必要になります。同アイテムは1キャラクターにつき4個まで入手できるため、4本で属性50を1本用意するのが基本になります。

シルバ系のクラフト素材は自力で入手する場合星11以上の武器を分解するか、スティ〜系の素材10個で1個交換することが可能です。

クラフトした武器に関して

エクステントLv15以上でクラフトすることが条件なため、同じ武器をクラフトし続ければそのたびにクリア扱いになります。

また、1〜14に関しては他の人に依頼を出しても問題ないため、途中のクラフトで出来ないところがある場合は、チームメンバーやフレンド、他人などにお願いしてクラフトしてもらうのも方法の一つです。

ユニット

ジグの証交換ショップから自由に交換することが可能です。交換に使用するアイテムは「名工の標」1個が必要になります。

同アイテムは1キャラクターあたり6個入手できるため、好きな組み合わせで2セット交換可能です。また、交換数について限定されていないため特定部位を複数個交換する事も出来ます。

PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ