PSO2 キャラクリはボディペイントも忘れずに!

ボディペイントとは
キャラクタークリエイトで設定できる項目のひとつで、文字通りボディ部分に入る模様のようなものです。
基本的には体の形に添って、テクスチャが貼り付けられているようなイメージです。首から手先・足先までが範囲に含まれます。
「タトゥー」のような印象が大きいかもしれませんね。デフォルトの状態では、わざわざ付け替えようと思うほど目立つものは少ないですし、コスチュームに隠れる部分が多いとあまり重要視はしません。
そのため、最初に設定したボディペイントのままでずっと過ごしがちだと思います。しかしボディペイントには靴下・レギンス・一部手袋のようなものが多く含まれており、コスチュームにアクセントをつけるのに非常に役立つアイテムです。
ボディペイントの設定
ボディペイントは2つまで設定することができ、その表示順(重なりが上か下か)も指定することが出来ます。
エステではもちろん、メニューの「ファッション編集」からも変更・表示順変更が可能です。
デフォルトの表示順は「ボディペイント2、ボディペイント1、インナーウェア」となっています。
この「インナーウェア(レイヤリングウェア)」が含まれることによって、「下着の下にストッキングをはいている」という奇妙な絵面が改善されました。(残念ながら「コスチューム時」の下着はボディペイントより上位表示のままです。)
マイショップ等で試着をする場合
「ボディペイント1」の部分に試着することになります。
デフォルトでは1は2に隠れることになっていますので、2に面積の少ないものを選んでおくか、表示順を変更してから試着すると良いかもしれません。
以前はエステ外で変更出来なかったため、目立たないボディペイントを選ぶこともしばしばでした。(すぐ水着になりたい時等に靴下だと邪魔なので。)
しかしエステ外で変更可能になってからは活用の幅がグンと広がりました!コスチューム毎にコーディネートしたボディペイントを存分に楽しむことが出来ます。
ボディペイントは独立した項目なので、コスチュームともレイヤリングウェアとも共存出来ます。
それぞれ自由に組み合わせ、マイファッションに登録する等して、多くのボディペイントを楽しみましょう♪
「PSO2 攻略Wiki」はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新しいエントリー

カテゴリー

タグ