Home Contents 黒い砂漠 行動力の仕組み

黒い砂漠 行動力の仕組み

by админ

行動力は黒い砂漠における各種「行動」をするために必要になるポイントのようなもので、様々なことに使用する事が出来ます。

行動力の用途は非常に多く、主に採取といった生産系の活動に使用する以外に、全体チャットでの発信、拠点への投資、NPCから知識を獲得するなど黒い砂漠内の様々なことに必要になる要素です。

行動力の上限

知識を獲得し一つのカテゴリを全てコンプリートすることで行動力の最大値が上昇します。

また、コンプリートが大変(数が多いなど)なカテゴリほどコンプリート時の行動力の増加値が大きい傾向があります。

また、知識を削除した場合にはそのカテゴリで獲得していた分の最大行動力が減少するため注意しましょう。

生産系をメインにする場合

行動力の多さがそのまま採取や牛からの搾乳などを行える回数にそのまま直結するため、生産系をメインに楽しみたい人には必須、出来る限り最大値は多くするようにするのがオススメです。

特に成長段階では連続したクエストの中で複数回行動力を消費して進める事もあり、最低でも180〜200程度の行動力が無いと加工などの生活スキルの知識を得ることが出来ません。

回復まで待つ必要が出るなどの足止めを食らってしまう可能性があります。

戦闘メインの場合

生産などの生活系メインの人ほどは重要にならないものの、こちらでも連続した依頼で行動力を消費することがあります。

また、スキル教官を利用せずにスキルを取得する場合などにも消費する他、よく使う狩場がある拠点に行動力を使用して投資することでドロップ数の上昇などの効果が微量ではあるものの期待できるため、ある程度の行動力は必須です。

現在の行動力事情

現在のところ、最低限の行動力となるとおおよそ「全ての拠点の全てのNPCの知識をコンプリートしている」すると必要な足る十分な量の行動力を獲得することが出来ます。

黒い砂漠では街道沿いにはあまりモンスターが出ないため、Lv解放していない場合の上限LvであるLv49であっても砂漠地帯のバレンシアなどへの移動は十分可能です。

(強力なモンスターに探知されて追い回されるという可能性はあり、面積も広いため馬などの移動手段は必須)

これ以上の行動力を得ようとした場合には、各地のモンスターの知識をコンプリートするのが近道になるため、生産系メインよりも戦闘系メインの人のほうが早く行動力が上がる、という事もあります。

行動力の初期値は30に設定

上限に関しては行動力を増加させる方法が非常に多いことも有り、正確な数値までは不明です。

しかし、経験値により上昇する貢献度と違い行動力は知識が関連してくることもあるため有限である可能性が高く、現在は「475」が上限であるとされています。

また、今後新たな大陸や海域、島が実装されることでNPCやモンスターが追加されれば行動力の上限は更に上昇すると考えられます。

ちなみに行動力の初期上限は以前は10でしたが、ウィッチ実装時に30へ増加しました。

それ以前に作成されたアカウントに関しても差の20は増加済のためウィッチ実装前に作成したアカウントのキャラは当時の行動力よりも20多くなっています。

行動力の最大値はアカウントで共有

そのため2キャラクター目以降は知識の獲得をせずとも、キャラ作成後すぐの時点で他のキャラクターと同じ行動力になっています。

ただし共有しているのは「最大値」のみで「現在値」はキャラクターごとに管理されているため、「Aのキャラクターで行動力を使い切ってしまったからBのキャラクターに切り替えて続きをする」といった事も可能です。

行動力の回復

行動力は、ログイン時には3分で1回復、ログアウト時は1時間で1回復します。

また、複数のキャラクターが作成済みの場合、操作しているキャラクターのみが3分で1回復し、他のキャラクターについてはログアウト時と同様に1時間に1回復する形になっています。

特定のアイテムを使用している間は行動力の回復量が増加するなどの効果があるものもあります。

行動力の回復は時間経過による回復以外にもアイテムで回復したり、逆に自キャラが持っている行動力を消費することで、行動力を回復出来るアイテムに変換することなども可能です。

行動力の使い方

09096-blackdesert_thumbnail

行動力は、採取や貿易時の交渉といった生活系コンテンツに使う事が多いですが、実際にはかなり用途の幅が広く設定されています。

システム面

・全体チャット

・スキルの遠隔取得

・貿易相場の確認

・拠点投資

・遠隔拠点への操作

などが可能です。

全体チャット

ゲームにログインしている全員に対して発言するチャットです。黒い砂漠では全体チャットで1回発言するたびに行動力を1消費します。

現在はメガサーバー化しているため、全てのサーバーの全てのチャンネルに対して発信されます。

また、これよりも狭い範囲のチャット(ギルドチャットや密談等)は行動力を消費することはありません。

スキルの遠隔取得

スキルは通常、村や都市に居るスキル教官から取得しますが、行動力を3消費することでスキル教官を介さずにその場でスキルを取得することが出来ます。

あくまでもスキルが取得できるだけで、スキル特化などは行えない点と全てのスキルを振りなおす場合には行動力がかなり必要になる点などには注意が必要です。

貿易相場の確認

ワールドマップ上で、行動力を1消費する事で貿易相場を閲覧することが出来ます。

現地に行ってから相場が安いという事が無くなるため、貿易で金策を考えている人は覚えておくと便利な機能の一つです。

拠点投資

行動力を消費することで活性化した拠点に対して投資を行う事が可能です。

投資を行った拠点は投資された行動力の量に応じてLvが上昇し、同拠点下に置かれているエリアでのモンスター撃破時のドロップ量などが僅かに増加します。

ただし、Lv1あたりの効果は薄く、最大であるLv10にするためには行動力が11,450必要になります。

現在の行動力の上限とされる475でも全投資を繰り返したとしても25回近く必要になるなど、必要量が非常に多い点には注意が必要です。

遠隔拠点への操作

プレミアムパッケージ使用時のみ、行動力を10消費して遠隔地の拠点を接続することが出来ます。

遠隔地に行かないまま接続することが出来るため便利ですが、未発見の拠点では使用できないため、島などは一度自力で回る必要があります。

生産系

・採取

・釣り

・労働者契約

・搾乳

で行動力を消費します。

採取

1回の採取に付き行動力を1消費して行う事が出来ます。基本的に例外はなく全ての採取に適応されます。

また行動力を消費するのがあくまでも自分自身で採取を行った場合であり、労働者が採取をした場合や、加工や料理といった採取ではない生活スキルを使用した場合には行動力が消費されることはありません。

釣り

釣り針を投げ入れる際にボタンを長押しすることで、行動力を最大で10消費して釣りをすることが可能です(長押ししなければ行動力消費無しで釣りが出来ます)。

行動力を消費して釣りを行った場合には、一回の釣りで獲得できる魚の枠数が増加しやすくなるとされています。

また以前は行動力を消費することでレアな魚が釣れやすくなる効果がありましたが、現在は枠数増加の効果に変更されたため無くなっています。

労働者契約

この時は行動力を5消費します。また他の労働者を確認するためにも5消費します。

そのため気に良った労働者が出るまで行動力の許す範囲で選びなおしをすることが出来ます。

無邪気な労働者などは1回あたりの作業終了までの時間も長いため出来る限り高い等級の労働者が出るまで粘ってみるのもオススメです。

搾乳

牛から牛乳を得る搾乳でも行動力を消費します。

広義に見ればこれも採取系と見れなくもないですが、搾乳では他の採取と違い行動力を5消費します。

行動力の消費量が他の採取よりも多いもののアイテムの獲得数も多いのが特徴です。また搾乳に失敗した場合にはアイテムが獲得できないものの行動力の消費も2に減ります。

NPCとのコミュニケーション関係

・挨拶

・会話交流

・盗む

・その他

挨拶

行動力を3消費して対象となるNPCと挨拶を行う事で親密度を3上昇させることが可能です。

会話交流による親密度上昇が困難なNPCは無理に会話するよりもひたすら挨拶を繰り返すことで親密度を稼いだ方が早く上がることもあります。

特にメディア方面以降はその傾向が強く、ほとんど会話交流出来ないパターンもあります。

会話交流

対応した行動力を消費することで対象NPCと会話するミニゲームを行う事が可能です。

消費する行動力はNPCによって様々で親密度が上がるほど1回の会話交流に必要な行動力の量が多くなります。

会話の内容を選び会話することで進めていくミニゲームですが、成功すれば挨拶よりもはるかに多い親密度を獲得することが出来ます。

しかし、残念なことにこの方法が上手く設定されているのはカルフェオン程度までで、それ以降は会話交流が不可能なレベルの設定がされていることが多くあります。

盗む

キャラクターのレベルが一定以上の時にNPCに後ろから近づくことで、「盗む」コマンドが出現するようになります。

これを行うと行動力を12消費して対象のNPCからアイテムを盗むことが可能ですが、失敗する可能性もあります。

失敗した場合には親密度が大きく下がり、街中では衛兵などの警備NPCに追いかけられることになり、更にキャラクターの性向値も下がります。

盗みはF2に指定されているためNPCの近くで馬の荷物をチェックしようとすると勝手に発動してしまう事があります。

行動力の消費も大きいですが、それ以外もデメリットが多いため注意しましょう。

その他

NPCにバフを貰ったり、貿易管理人に対して価格交渉のミニゲームを挑むことなどが出来ます。




行動力の増やし方

行動力を増やす、というのはいくつかのアプローチの仕方があります。

もちろん基本は行動力の上限そのものを上げて使える行動力の総量を増やすという事ですが、それ以外にも、様々な方法が考えられます。

現在の行動力を回復する

アカウントで使用できる全ての行動力の合計を増やす

などの方法でも間接的に行動力を増やすことが可能です。

最も基本的な方法は「行動力の上限を増やす」ということですが、これを行うためには大量の知識を獲得する必要があります。

それも数ではなく、カテゴリごとにコンプリートする必要があります。そのため最も簡単な方法は、全ての拠点に足を運び、土地の知識と、そこにいるNPCの知識を得ることです。

これを行うだけでも行動力はかなり増えます。

次に必要なのが、各地のモンスターの知識です。これは大半がモンスターそのものを倒すことで獲得できます。

必要経験値量が少ない序盤などは意外と知識を獲得する前にそのエリアに行かなくなっていることも多いため、序盤のほうから埋めていくのもオススメです。

行動力を回復する

次に、行動力を回復する方法です。アイテムを使用して直接回復したり、行動力の回復にボーナスを得る事などが該当します。

行動力の回復に関しては代表的な物では、都市で受けることが出来るデイリークエストをこなすことです。

カルフェオン内のモノをこなすだけでも50近く回復します。クエスト内容も簡単で覚えてしまえば時間もそれほどかからないため確実にやっておきたい方法です。

これ以外にも、行動力回復ポーションを使用する事でも行動力の回復が可能です。このアイテムは課金アイテム以外にも、ベリア村の錬金術師アルスティンに話しかけることで自分の行動力と引き換えに交換可能です。

即時回復しますが、ポーション自体の再使用時間が10分と長いのがネックです。取引所に出品することも可能です。

その他の回復方法

料理商人から購入できる高級ワインを特定のNPCにふるまう事で行動力を回復することも可能です。

こちらの方法は再使用時間もなく無限に回復できますが、高級ワイン自体が1本50,000シルバーと比較的高価なため、効率そのものはよくありません。

回復量を増やすという方法でも使用できる回復量を間接的に増やすことが出来ます。代表的な物ではカーマスリブの祝福や住居内のベッドなどがあります。

どちらも自然回復時の回復量にボーナスを付与するもので、1回の回復あたりの回復量を増加させることが出来ます。

ある程度準備出来るものを併用する事でそれなりの効果が期待できますが、いずれも課金アイテムであることが多いため、全てを同時に併用できるという機会はほぼありません。

サブキャラの作成

これら以外の方法ではサブキャラを作成するのもオススメです。

黒い砂漠では行動力が上限のみ共有し、現在値はキャラごとに管理されているため、使わない時に回復しておくことで必要になったときに一気に使う事が出来ます。

黒い砂漠では特にサブキャラのメリットは大きいため、行動力はポーションにしてしまい、売ったり、メインのキャラで行動力が枯渇したときに使う、というのも方法の一つです。


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/onlinega/public_html/q-movie.com/wp-content/plugins/advanced-custom-fields-pro/includes/api/api-template.php on line 502

You may also like

Leave a Comment