BitFlyerはアジアの投資ファンドに売却される可能性があります

bitflyer-company

日本最大の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、アジアの投資ファンドに売却されます。 同社は、投資家のworth300百万ドル相当との契約に合意し、来年初めまでに買収を目指していることを発表しました
CEOは、オンライン取引がまだ広く受け入れられていないタイやフィリピンのような国には大きな可能性があるため、東南アジアにも拡大することに興奮していると述べましたが、毎日多くの人々が暗号通貨を使用していることを見ると、これらの市場が追いつく前に時間の問題しか信じられません。

最大45億円でビットフライヤーの潜在的な価値

日本の取引所事業者は、シンガポールを拠点とするプライベート-エクイティ-ファンドに買収される予定です。 この動きは数ヶ月の交渉に続き、すべての当事者がこの買収の条件に合意していると報告されており、bitFlyerの価値は最大45億円(370百万ドル)になる可能性が

東京に拠点を置くbitFlyerは、米国への進出を計画していることを否定していますが、2021年3月時点で5,730億円の資産が保管されているため、すぐに変更され “まだ何も決定されていない”と、会社の経営陣に近いいくつかの情報源に話した後、アメリカの潜在的な将来の計画について彼らに連絡した日系人の代表は語った。

日本は2017年に暗号通貨を合法化し、バブルが形成されました。 マネックスグループは、MtGoxとして知られる別の日本の取引所での最近の規制監督に続く激しい規制のためにすぐにその管理を引き継いだため、より多くの人々が金持ちになる前に、より早く十分に停止しなければ、最終的には通常よりもさらに大きな流行になるだろうものを完全にリードしています。..

150万のアカウントと検証されたidを持つCoincheckは、bitFlyerとほぼ同じ数のユーザーを持っていると考えられています-約2百万人!

海外上場戦略

前例のない動きでは、ベンチャーキャピタル投資家が率いるbitflyer保有者グループは、暗号化交換のための新規株式公開を拒否して東京証券取引所との売却交渉を封印した。 この海外上場戦略を実行するには時間がかかるため(投資が成長するとより高い価格で株式を売却できるという計画)、これらの暗号愛好家は、他の誰

BitFlyerのCEOであり、同社の約40%の株式を所有している創業者の狩野雄三氏は、自分で売却を交渉しています。 アジア全域で暗号取引所を運営するHuobi Groupとの交渉は十分な価値を上げられなかったが、メルカリ日本版オークションサイトとの交渉でも合意は得られなかったため、交渉や議論に関する他のことが起こる前に100億円以上の値札を設定する必要があると報告されている。

加納もこのパートナーシップに参加しています

BitFlyerの共同設立者で積水ハウスの小宮山峰文氏は、韓国ベースの暗号化交換の販売を推進するために団結しています。 マイニーは13%、Sハウスは50%でほぼ半分を保持しています。 ここから独立して交渉を行うACAと力を合わせているので、狩野もこのパートナーシップに参加しているようです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新しいエントリー

カテゴリー

タグ