Home Minecraft建築まとめ 教会

教会

by админ

教会

教会画像1

マインクラフトでは大型建築はゲームをする上で特に必要ではありません。体力が回復する、特殊なアイテムが手にはいるなどの効果はないためです。

しかし、ゲームを進めると手にする素材や、そこから作製できるアイテム、できるようになった技など複合的なものの表現先が大型建築物となります。

大型建築物の中でも人気なのがロールプレイングでは欠かせない教会です。冒険ゲームに欠かせない上に、建築物としてある程度形が決まっており、なおかつ個性を出すことができることが人気の要因です。

教会画像1

教会を製作する際に必要なものは、まずスペースです。教会は普段生活する家とは違い、実用性が全くないため大きさにイメージが付きにくい部分があります。

そして元々ある村若しくは作った街のどの部分に配置するかによっても建物の大きさがかわってきます。次に必要なものは材料です。大型建築のため大量の素材が必要です。

どういったものを作るかを先に考える必要があります。全面石造りか、屋根だけを別の素材にするか、松やダークウォークの暗い木で作るかなどです。

教会を作ってみよう

ある一例の教会は砂岩でつくった教会です。この教会に必要だった砂岩を山ひとつ分削って用意しました。ここでは外装面のみの話です。内装も含めると多種の素材が必要です。

最後に必要なものは根気です。素材を集めるだけでも疲労度は増します。いざ建設するとなると途中で思った様にならなかったり、微調整を確認するため都度距離をとって建設途中の建物を確認するなど手間がとても多いです。

1:素材の準備をしよう

教会画像2

また、材料が足らなくなることもあるのでその度に山などに採取に出かける必要があります。作り方は、ある砂岩で作った教会を参考にすると材料は、まず30スタックの砂岩を用意します。

1スタックは64個です。砂岩は砂から作ることができます。砂を4つで1つの砂岩を作ることができます。そして茶色のレンガも用意します。外から中に入る床に使います。

2:アプローチを作ろう

場所が決まったらまず、教会にはいるまでの道を作ります。レンガブロックをブロック幅3つ分設置していきます。そしてある程度の長さ設置すると次に両脇を砂岩で挟みます。

砂岩の上には華やかさを出すための花を植えていきます。教会の幅を決めるため砂岩をシンメトリーに自分が思う幅分置いていきます。

3:玄関を作ろう

教会画像3

次に教会のファサードとなる玄関を作ります。

レンガロードの端、教会建物の入り口には柱を模様付き砂岩で建てます。この柱の高さで建物のおよその高さを決めます。

ある程度の高さから砂岩を横に拡げる事で梁を作ります。高所の作業ではマイクラ独特の動きが必要不可欠です。柱と屋根の継ぎ目には砂岩で作った階段を逆さに設置すると、洋風建築の雰囲気がでます。

4:壁を作ろう

次に壁を作ります。横に拡げた梁まで床から砂岩を積んでいき、壁を作ります。ここまで来るとハリボテの教会ができます。

5:内装を作ろう

この段階で教会らしくするためには教会玄関の上にある程度の高さのある壁を作り、その上にシーランタンなど十字を作ると教会っぽくなります。壁にはガラスを縦長にシンメトリーに挟むと洋館の様な雰囲気を醸し出します。

ここで重要なのはモンスターが建設中に出ないようにマメに松明をつけていくことです。ここから内側の作業になります。

内装の床材はハーフブロックの木材を使います。外側の幅分木材を敷き詰めレンガロードから続く中央の道には羊を赤く染色した羊毛を敷いていきます。まるでレッドカーペットのようにすると結婚式をするにも可能な内装ができます。

木材床の上には松で作った階段を横並びでおいていくとベンチが出来上がります。教会の前面部分を一段高く作り暗い木材で祭壇を作ります。

ここで内側の下部分が完成です。あとは左右と玄関の反対側の壁を単純に砂岩を張っていくとできます。

6:屋根を作ろう

屋根を玄関梁から前面部分の壁まで張っていくと教会の完成です。ここからフラットな屋根を階段で作ったり、ガラス部分をステンドグラス風の色付きガラスに変更すると個性が出ます。

またモニュメントとして絵画をつけたりグロウストーンを床につけて下から間接照明風にすると雰囲気がでます。

関連記事

You may also like

Leave a Comment