QムービーTOP > アニメ > ジブリ > 千と千尋の神隠し

【ジブリの都市伝説】 千と千尋の神隠し

 大ヒットしたスタジオジブリの映画『千と千尋の神隠し』ですが、観てみたものの内容がいまいちよく分からないという人も多いはず。私も楽しく鑑賞できたものの、ストーリーもよく分からないし、何を伝えたいのか、いまいちピンときませんでした。そして、宮崎駿さん独特の表現は、千と千尋の神隠しでも様々な都市伝説を生み出しました。え?千と千尋の舞台って風俗が舞台だったの?そんな都市伝説を扱った動画を集めてみました。

【ジブリ都市伝説】 千と千尋の神隠しにまつわる都市伝説

 ジブリの大人気アニメ『千と千尋の神隠し』。 しかしこの作品の舞台がソープランドであることを知る人は少ないのではないだろうか。 主人公の千尋は豚になってしまった両親を助けるため、油屋で『湯女』として働くことになるのであるが、この『湯女』とは江戸時代、都市部の銭湯において、男性客に垢すり、髪すきなどをはじめ、性的なサービスも提供する女性であったというのだ。 それは現代でいう『ソープ嬢』そのもので、当時の江戸でも社会問題となり、幕府からしばしば禁止令が出されるほどであったという。 実際に『油屋』へやってくる客の全てが男である。 また千尋が働き始める際に、『千』という名前をつけられるのだが、これは江戸時代の遊郭において、遊女が仕事上の名前として別の名前を名乗る習慣からきているのだ。

トップページへ

[ジブリ都市伝説]千と千尋の神隠し「売春・風俗業界について」

 千と千尋の神隠し、その裏設定はソープランドのようです。 本名の千尋から『千』と名づけられましたが、これはソープランドからキャバクラまで、夜の街で働く女の子に本名以外の仕事上の名前をつける『源氏名』に類似しています。 油屋(おそらく湯屋をイメージ)で『湯女』として働くことになった千尋ですが、『湯女』は江戸時代で言う遊女(現代の風俗嬢)です。 また油屋にやってくるのは男神ばかりでした。 また油屋で働き出したのは、豚になった両親を助けるためでしたが、なぜ両親が豚になってしまったかを考えるのもおもしろい事です。 オープニングで道を間違えた父。 ぶっきらぼうに娘を突き離す両親。暴飲暴食・・・これは両親の後先考えない行動が『借金』のメタファーと考えられます。 つけを払うのは娘で、両親が豚になっている間に湯屋で働いているのです。

トップページへ

【ジブリ都市伝説2 】千と千尋の神隠し ジブリ公認の裏設定を徹底解剖!

 千と千尋の神隠しは国民的アニメ作品であるが、隠された裏の真実があると言われる。 この映画は『ソープ』に身を売られた少女の話をモチーフにしている。 主人公の千尋は『湯女』として働かされるが、辞書で『湯女』と調べてみると、『温泉場や風呂屋にいて浴客の世話をした女性のこと。一部は私娼(ししょう)化して売春した』、『江戸時代、市中の湯屋にいた遊女』、『風呂屋に奉公し、客の体を洗い、また色を売った女』などと書かれている。 「そういう見方もある」だの「そういう解釈もある」だのというレベルではなく、『湯女』とは『娼婦』を意味する名詞。 昔、トルコ風呂がトルコ人からの抗議でソープランドに改名されたとき、最後まで残った有力候補は『湯女風呂』だった。 もし、湯女風呂になっていればソープ嬢は『湯女』と呼ばれていたはずだ。 もうひとつ『物語は全て死後の世界だった』・・・。 千尋の父が運転し、母と千尋が乗車しているシーンがある。そして引越し先になる場所へと車で走っているのだが、途中で道に迷ってしまうのである。 実は、この時に車は事故に遭遇しており、三途の川を渡り死後の世界に行ったのではないか?というのが都市伝説として話題になっている。 実際に川を渡るシーンなどもあるが、それらが冒頭に出てきているということが、この都市伝説におけるキーワードとなっている。 死後の世界では電車が通っている。そこには『火垂るの墓』に登場する、節子がいると話題になっている。 同じジブリ作品である『火垂るの墓』では、節子は死亡している。 千と千尋の神隠しの世界では、駅のホームでじっとこちらを見ていると言われているのである。 その問題のシーンはこちら。 一人佇むおかっぱ頭の女の子。 節子が出てきているということで、死後の世界であることが実証されたのだ。 こうしたことが重なった関係で『死後の世界の話』という都市伝説が誕生したというわけだ。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社