QムービーTOP > アニメ > ジブリ > 崖の上のポニョ

【スタジオジブリ】崖の上のポニョで声優を務めていた方関連の動画まとめ

 崖の上のポニョは声優が豪華ということでも話題になった映画です。ここではそんな崖の上のポニョで声優を務めていた方に関連する動画をまとめてみました。これでどんな方がポニョで声優を務めていたのか改めて確認してみてください。

ポニョの声優「ならゆりあ」が踊る HIP HOPダンス

 こちらの動画は映画崖の上のポニョで、主人公でもあるポニョの声優を担当している「ならゆりあ」さんが、ヒップホップダンスを躍る動画となっています。ポニョをつとめていた2008年当時、ならゆりあさんはまだ9歳くらいでしたが、この動画はそれから2年くらいたった2010年の動画となります。2年程度経過しているとはいえ、まだまだ表情にはあどけなさものこり、どことなくポニョの声を思い出しますね。しかし、いざ動きだしたならゆりあさんを見てみると、ポニョのかわいい、おっとりとした声からは想像できないくらいにキレキレのヒップホップダンスを披露してくれています。基本的なステップがしっかりしていることはもちろんのこと、一つ一つの動きのキメがしっかりしていて、素人目にみてもすごく上手に踊れていますね。1999年生まれでまだまだすごく若いならゆりあさんですから、これからのますますの活躍が期待できます。

トップページへ

矢野顕子さんがポニョを好きと思った瞬間

 こちらの動画では、崖の上のポニョで、ポニョの妹たちの声優をつとめている、歌手の矢野顕子さんが、崖の上のポニョという作品を「好きだ」とおもった瞬間を語っている動画になります。なりゆりあさんの妹の役がベテランの歌手である矢野顕子さんというのもまたすごい話ですよね。そんな矢野さんは、まず台本のト書きを見ただけで、「あ、もう好き!」と思ったと語っています。そしてラジオの相手の方が、どんなことが描いてあったのかとさらに内容を掘り下げていくと、「ポニョがバケツの中に入れられて、保育園に連れられて行った際の、ポニョの目が良かった」ということを、その瞬間としてあげています。「そうすけが、まわりのお友達にバケツの中身を見せてとせがまれ、しかたなくクミコちゃんにバケツの中身を見せたところ、ポニョが変な目をしていて、台本に、(女を信用していない)と書かれていた」と言っています。それをみて、矢野さんはポニョというキャラクター、および崖の上のポニョという映画を好きになったと語っています。なんともスタジオジブリの映画らしい、ちょっとした裏設定のおはなしでした。

トップページへ

ポニョの大橋のぞみが4月から高校生という衝撃の事実 凄いんですね

 最後の動画は、崖の上のポニョのテーマをソングを歌い、かつ、カレンというそうすけの同級生役の声優をつとめていた、大橋のぞみさんについての動画となります。タイトルの通り、あんなに小さかった大橋のぞみさんが、もう高校生になるというのです。動画では、そんな大橋さんの変化をより感じるためか、まず大橋のぞみさんが「崖の上のポニョ」を歌唱しているところから始まります。こちらの映像は、スタジオジブリの25周年記念コンサートでの歌唱の映像になります。大橋のぞみさんや、藤岡藤巻さん、林正子さんや、麻衣さんなど、崖の上のポニョの他の楽曲を歌った歌手の方も一緒に歌唱しています。さらに指揮を務めるのは久石譲さんであったりして、すごく豪華なコンサートであることが伝わってきますね。そんな歌唱動画が3分20秒くらいまで続き、3分25秒くらいから、ようやくタイトル通りの展開になり、今の大橋のぞみさんの姿を見ることができます。いざ写真で見比べてみると、幼き日の面影を残したまま、順調に美人さんとして成長していることが分かります。月日の早さを感じる動画でもありますね。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社