QムービーTOP > 音楽 > 洋楽 > K-POP

韓国発のアジアンスーパースター東方神起。なんでこんなにかっこいいの?

 東方神起は、韓国のアイドルグループとして2004年に5人でデビューし、一躍人気アイドルグループになる。歌唱力とダンスに定評があり、翌年日本でもデビューを果たすが、日本デビューシングル「HUG」ではオリコンの順位もおもわしくなく、そこから日本のオリコンチャート1位を果たすまでには数年の期間がかかる。2007年のパープルラインでようやくオリコン1位を果たすが、その後契約会社との話し合いのもつれ、メンバーの脱退騒動があり、2009年に一旦活動中止になる。その後、メンバー3人は脱退し、メンバー2名で再始動し、現在に至る。2人で再始動後に発売したシングル「why?」はオリコンチャート1位を獲得した。その後アリーナツアー、ドームツアーも実現させている。特に、日産スタジアムのライブは韓国人歌手としては初の快挙であり、新しい記録を打ち立てた。また、歌手以外としての活動も行っており、ドラマ出演、バラエティーなどの活動もある。K-POPブームの火付け役ともなったアーティストなので女性ファンが多いが、男性ファンも増えつつある。東方神起の韓国での事務所はSMエンターテインメントで、日本の事務所はエイベックスであることから、活動の幅がとても広いアーティストでもある。

HUG

 日本デビュー1枚目シングル。オリコンチャート上位にはいたらなかったが、5人の美しいハーモニーと初々しい恋心を歌う歌詞が人気。激しいダンスナンバーが多いグループでもあるが、しっとりとしたバラード曲も多く、HUGはそんな彼らの美しい歌声を堪能することができる。デビュー曲なので日本語歌詞がたどたどしくもあるが、韓国語でも同曲は発売されており、両方の曲・歌詞を楽しむことができる。10周年記念ライブでも歌われ、日本デビューした時の記念すべき曲としてファンに長く愛されている曲でもある。

トップページへ

パープルライン

 パープルラインは16枚目の日本シングルであり、東方神起が初めてオリコンチャート1位に輝いたシングルでもある。そして同曲は韓国語でも発売されていて、韓国語バージョンのほうも人気が高い。また、1位獲得によって人気があがり、こ_フ年は念願だった紅白出場を実現させた年でもあり、紅白歌合戦でもパープルラインは披露されている。激しいダンス曲でもあり、ライブで盛り上がる1曲でもある。パープルラインはイントロ部分の掛け声も盛り上がる部分であり、ライブでは掛け声とともに楽しめる曲でもある。

トップページへ

Why?

 why?は、東方神起メンバー3人が脱退後、残りのメンバー2人で再始動した時に初めて発売した日本シングルである。初動枚数23万枚以上で見事オリコンチャート1位に輝く。ダンスナンバーで、挑発的な歌詞が多くのファンを魅了した他、今までの5人の東方神起のイメージ、アイドルグループのイメージを大きく変えた1枚でもある。激しいダンスも見どころで、ライブで必ず披露される曲でもある。しかし、why?の歌詞は脱退したメンバー3人を思わせるものや、脱退した3人に対する嫌味にもとらえられる歌詞があるため、発売当初はファンからも好まれないことがあった。だが、この曲で2度目の紅白出場を果たし、2人の東方神起の人気を確実なものにした1曲でもある。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社