QムービーTOP > アニメ > ガンダム > ガンダムUC

『機動戦士ガンダムユニコーンの爆発的なヒットの理由。ガンダム新時代を思わせる新たなるガンダムの形』

 ガンダムユニコーン。通称UC。ガンダムファンはもちろん、一般的にも知名度は非常に高く、特にネット上ではその音楽と物語のあり方から、様々なブームを巻き起こしました。では果たして何がそこまで良いのか? と思われる方。この作品にはガンダムの過去作品の様々な固有名詞が登場し、一切ガンダムを知らない人にとっては若干敷居が高いシリーズではあります。しかし、そこはあまり問題ではありません。描かれているのが乗り物アクション物ではなく、人間のあり方と真実や正義、そして愛情を深く掘り下げているヒューマンドラマであること。これをまず知っておいて欲しいです。というわけで今回は動画を交えつつ、知っている人も知らない人も楽しめるような記事を書こうと思います。

Gundam Unicorn 7 [spoiler] with BGM

 まずはネタバレの映像も入ってしまっていますが、とにかく音楽に浸ってみてほしいのです。この作品には1〜7に分けて音楽が多様に使用されていますが、そのどれもがレベルが高く、また主題歌になっている曲、ユニコーンシリーズを通して人気のある楽曲にアレンジを加え、作中のBGMにしています。その作曲と映像内に取り込む際の演出がとてつもなく素晴らしく、キャラクターの強い感情を表現する際の重要な役割を担っています。その為シリーズを見て、心に残るシーンを思う返す時には必ずと言っていいほどそのシーンで流れた音楽を思い出し、逆に音楽を聴くだけで思い出し泣きをしてしまうこともあるほどです。この動画の音楽はラストシーンに向けて最後の共闘に走る主人公たちの成長の最後の証明を演出する音楽です。当初戦いを拒んでいた主人公が、自らの役割として、あるべき形に世界を導こうと奮い立ち、ライバルキャラも自らの過ちを思い、新たなる意思を持って主人公と共に戦おうと思いたつ。そんなシーンの曲です。

トップページへ

【MAD】機動戦士ガンダムUC 人物&MS&MA&戦艦紹介 【 ver.Episode1〜7】

 この動画では、ユニコーンシリーズのキャラクターとその劇中に登場するモビルスーツ(ガンダムなどの人間が乗るロボット)や戦艦などの解説・紹介動画です。ガンダムファンにとっては「あれの改良版_ゥ!」「このモビルスーツはどっちの軍のものだ?」など解説を楽しめると思います。しかし、初心者にとってはまったく基礎知識がない分、逆にユニコーンからガンダムにハマる良いきっかけになる(かもしれない)動画です。ユニコーンはガンダムの「宇宙世紀」と呼ばれる時代の最後に位置します。つまり前後に様々なガンダムシリーズがあり、それらがどう進化して、これらがどう進化するのか? など様々な「知りたい」という好奇心をくすぐってくれます。またガンダムという作品には様々な機関、軍隊があり、それぞれが各々の思想のもと戦争という悲劇を繰り返して、その中で人々が成長し、時に敵味方であることすらも忘れ、人を救いたい。人を守りたい。そんなごく当たり前な気持ちを持って何かを成し遂げる。そのヒューマンドラマがガンダムの最大の魅力の一つです。

トップページへ

【英語/日本語字幕】宇宙世紀 改暦セレモニー記念演説 機動戦士ガンダムUC (UC Calendar revision ceremony memorial speech )

 続いてはこちら。ユニコーンシリーズ第一作目の冒頭で行われた「宇宙世紀」の幕開けを祝福するセレモニーで、この時代の最高権力者が、人類を代表してスピーチを行うというもの。一見すると正直何を言っているのかわからない。というある意味で非常にリアリティに富んだ演説になっています。早い話が宇宙に人間が住むようになり、地球人という概念から人類は解放され、新たなる時代がここで始まる。という内容です。しかし、その中には聞きなれない単語があるのですが(ガンダムシリーズを見ている人でも結構難しいほど)、このスピーチの中に、様々な政治的思惑や思想の違い、それらを表面上は抑えきり、誰もが「宇宙世紀」を迎えることを喜んでいると強調しています。しかし、現実はそうではなく、このシーンでもこの会場が破壊され、ユニコーンシリーズ最大の謎でありキーアイテムになる「ラプラスの箱」がこの瞬間生まれるのです。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社