QムービーTOP > 音楽 > 邦楽 > J-POP

SEKAINOOWARIの世界観に浸れる3曲

 SEKAINOOWARIはukase(ボーカル)、Nakajin(ギター)、Saori(ピアノ)、DJLOVEの4人から構成されるバンド。バンド名はFukaseが世界の終わったような気分で毎日生活していた時に残っていたのもが音楽と現在の仲間だったということから「世界の終わり」から始めるという意味でつけられた。メンバーは実生活でも仲が良く、一軒家で一緒に暮らしている。Fukaseはきゃりーぱみゅぱみゅとの交際を公言しており、公私ともに話題を集めている。2013年リリース、4枚目のシングル「RPG」のヒットをきっかけに、2014年に発売された5枚目のシングル「スノーマジックファンタジー」や6枚目の「炎と森のカーニバル」で一気にオリコンランキング上位に駆け上がる。CMなどに多数起用され、若者を中心に注目を集めるバンドとなっている。

SEKAINOOWARI「DeathDisco」

 2013年に配信限定でリリース、2枚目のアルバム「Tree」に収録、ナゾトキネマ「マダム・マーマレードの異常な謎」の主題歌。野外フェス「炎と森のカーニバル」で初披露したところ、問い合わせが殺到したために配信限定で急遽リリースされた曲。ちょっとホラーのようなおどろおどろしい雰囲気の曲だけど、なぜかとてもかっこよく聞こえて暗い曲なのにクセになる。明るい曲がCMなどに起用され、知名度が高いが、こういった暗くてかっこいい曲もセカオワの魅力なのでぜひ聞いてほしい1曲。

トップページへ

銀河街の悪夢

 2014年リリース、5枚目のシングル「スノーマジックファンタジー」のB面、2枚目のアルバム「Tree」に収録。「世界が終わった」と思っている人に希望を持ってもらえるような曲として描いた作品だが、とても歌詞が重く内容が過激だということもあってラジオで流すなら歌詞を変える、ということも考えられた。しかし、とても素直で率直な言葉が多いので、共感できる部分がたくさんある、とB面とは思えないほど、ファンが多い曲でもある。ライブでは鉄拳によるパラパラ漫画が披露されとても世界観を出している。また、珍しい録音方法をとっているのでヘッドフォンで聴くとすぐそばで歌っているかのような臨場感のある音声になっているのも魅力のひとつ。

トップページへ

DragonNight

 2014年リリース、7枚目のシングル、2枚目のアルバム「Tree」に収録、「めざましテレビ」木曜日デイリーテーマソング。Fukaseが無線機をマイクにして歌う姿が話題になったことで、セカオワの世界観を世に広めた曲といっても過言ではない。実は全て英語の歌詞から作成していたもので、youtubeのセカオワ公式動画には英語バージョンもアップされていてとてもかっこいいのでぜひ見て欲しい。世界平和をドラゴンというファンタジーを出しながら歌っているところがセカオワの不思議な世界観を出していてこの曲でファンがかなり増えた。

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社