QムービーTOP > ゲーム > パズドラ

【パズドラ】一部の降臨も簡単に周回!究極五右衛門ランニング!

初期の頃はそのリーダースキルの倍率が、他のキャラクターと比べて極めて高く強すぎた無課金の星、ゴエモンパーティ。

以降先制攻撃による実装と対策がなされ、一部のダンジョン意外は役に立たなくなってしまった彼ですが、究極進化後に高速周回できるダンジョンが増えていたようなので、いくつかまとめてみました。

◆天下御免の大泥棒・石川五右衛門

・タイプ「体力/ドラゴン」

・スキル「全ドロップを火ドロップに変化。HPが1になるが、敵全体に火属性の超絶ダメージ。(20万)」ターン数:20(最速:15)」

・リーダースキル「体力とドラゴンタイプの攻撃力がほんの少し上昇(1.2倍)。HPが減少するほど攻撃力が上昇、最大5倍。(HP50%以下で2.5倍、HP20%以下で5倍)」

・覚醒スキル・火属性強化・火属性強化・火ドロップ強化・スキルブースト。

長い間、究極進化を放置されてきた彼。・・・というのも、初登場後、降臨キャラクターにもかかわらず、そのあまりの強さに猛威を振るって、ガンホーさんから危険視されていたのが原因です。

その後、究極進化を果たし、無駄のない覚醒スキルに変更されました。リーダースキルは、パーティを合わせておけば、HP20%以下で実質6倍その他に、余計な条件はついてこないので、列や花火をやりたい放題です。

そのためか36倍でも、多色なんか比べ物にならないほどの高火力を出すことが出来ます。とはいえ、先制攻撃が大量の現環境では、高難易度ダンジョンは、五右衛門パに適正がないと厳しいです。(というか、ほぼクリア不可能です)

難しいダンジョンに行くよりも、一部の降臨ダンジョンの周回プレイのほうが向いていたりします。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方

・「リセマラの最新情報

・「最強パーティのランキング

・「サブの最強ランキング

・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 五右衛門が使われ続けている理由とは?

00486-puzzle_dragons_thumbnail

パズドラプレイヤならば、自身で縛りをしていない限りまず五右衛門は育成して使用することになります。

中堅以上のプレイヤで作っていない人はいないと言えてしまう程に使われている五右衛門は、実装が2013年とほぼ初期の降臨ダンジョンドロップキャラで、そこから2年以上ずっと使われ続けています。

なぜここまで使われているかと言うと、とにかく高性能の一言に尽きるわけですが、そこには運営の思惑もあります。

実装当時、20%以下5倍のリーダースキルはあまりに強く、どんなダンジョンでもどうやって五右衛門で攻略するかにプレイヤの視点が向いていました。

そうなると潰してくるのがソシャゲの運営です。先制大ダメージや先制回復といったギミックを敵に積んでくることになります。

そこで使用率は抑えられたかと思えば、今度は最前線ダンジョンではなく、ゲリラなどの敵があまり強くはないが報酬が美味しい時限ダンジョンの高速周回で使われはじめました。

そこでできた高速周回用という認識は今でも健在です。恐らくは、この使用方法を多くされるようになり、運営側はインフレの助長にはなりますが、対策はとらずにそこで周回を沢山してもらって収益を上げるという流れにシフトしたのでしょう。

五右衛門が高速周回に使われ始めてから、それからのゲリラ周回数が激増しました。つまり魔法石の消費も増えて皆ガンガン育成が進むことになります。

そのせいで各種ダンジョンのインフレも進むわけで、さすがに五右衛門以外でも早いキャラも出始め使用率が少し落ち始めます。

その時期に満を持してというか、運営からのもっと周回してくれというメッセージか、五右衛門の究極進化が実装されます。

それも今までの究極進化とは全く違い、覚醒もスキルもガラッと周回用に強化して、周回に使ってくださいと言わんばかりの性能にしてきたのです。

それだけではなく、その後の美味しい報酬があるゲリラダンジョンも主に究極五右衛門パを上手く組めば高速で周れるというものを多数出してきて、五右衛門は次第にパズドラの基準と化してきます。

最適パを作ればより高速に周回ができるとなればプレイヤはガチャをまわします。それでキャラを揃えて、また五右衛門を周回し魔法石を使うのです。

今後も使われ続けるでしょうし、以前の様に究極五右衛門以外でもという選択肢が増えてきたタイミングでまた覚醒や超究極進化が実装されるでしょう。

つまりは五右衛門はもうパズドラが続く限り死ぬことができない永遠の強キャラとなってしまったわけです。

パズドラ 五右衛門を究極後と究極前2体そろえるのはなぜ?

五右衛門が究極進化をして、スキブの追加、火属性強化が2つ追加、スキルには自傷も付与されて、リーダースキルも体力/ドラゴンに保証倍率とHP可変倍率に変更と完全強化進化にしか見えないのに、なぜか究極前五右衛門も使っている人がちょくちょくいます。

これはなぜ??

高ランカーがこうしていて究極進化すべきか悩んでしまっている人もいるようです。その答えとしてはまず、五右衛門の究極進化をまだしていないならしましょう。

究極前を出している人は究極後ももちろんもっています。基本的にするにこしたことはありません。究極前で出している人はかなりシビアなタイプの人です。

ガチガチに効率主義な人でなければ無理にそろえる必要はありません。完全に趣味の範囲と言うことを理解しておきましょう。

さて、五右衛門パを使う時とはどんな時かと言うと、ダンジョンを高速周回する時です。

特にゲリラは1時間限定なので多く周回したいとなると1秒でも早くクリアしたいものですね。この思考を突きつめた先に五右衛門究極前を使うという結論があります。

もちろん究極五右衛門の方が強いです。火力も出ます。ですが、周回予定のダンジョンでその火力は本当に必要かということです。

敵HPが300万の時に500万も火力を出す必要はないですよね。最速クリアには必要最低限でいいのです。究極前でも役割を果たせるとなれば、次に考えることはスキルです。

究極五右衛門のスキルは真・天上大花火の術「全ドロップを火ドロップに変化。HPが1になるが、敵全体に火属性の超絶ダメージ。」です。

次に究極前五右衛門のスキルは天上大花火の術「全ドロップを火ドロップに変化させる」です。この2つのスキルを2つの端末で同時に発動させてみてください。どちらが先にスキル演出が終わるでしょうか。

ほんの少しだけですが、確実に究極前五右衛門の方が早いはずです。HP1なら自傷は発動しませんが、ブレスは確実に発動します。その分時間がかかるということです。

ほんと1秒程度の差です。

ですが、これが10回、100回と続けばその差は広がり、ダンジョン1周分以上の差が生まれた時、究極前五右衛門を使用した方が得であるという結論になるわけです。

でも自傷スキルが無くなると開幕困るのでは?と思うかもしれませんが、基本的にフレンドは究極五右衛門を使います。自傷はフレンドのスキルで補うわけです。

この1秒差の損を気にする人は、余裕ができたら作ってみるのもいいかもしれません。究極五右衛門である限り、最速でも最適でもなくなるわけですから、気になる人はいるでしょう。

でも、そうでない人はこの理由を知って「そういうことか」とだけ思い、安心して進化させましょう。パズドラにはこんなアスリートもいるのですよ。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方
・「リセマラの最新情報
・「最強パーティのランキング
・「サブの最強ランキング
・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 周回用に重宝される五右衛門パ!

レベリングやスキル上げと言った理由から同じダンジョンを何度も何度も周回していかなくてはいけないパズドラでは、如何に楽にダンジョンを周れるかという点も重要視されています。

こういった用途に使われるリーダーで五右衛門は筆頭格です。基本的立ち回りは、1階層で開幕自傷スキルの発動、五右衛門自身のスキルやアーサー、紫龍、ドゥルガーに呂布あたりが候補となります。

その後、各種ブレス系スキルを使って道中はなるべくパズルをしないで攻略をしていき、ボスで火花火を放ちクリアをするという流れになります。

なぜ開幕自傷が基本なのかと言うと、五右衛門のリーダースキル発動のためはもちろんですが、ヴリトラやバーサーカーといったHPが少ないほど高火力のブレスを撃てるスキルはブレス系では最も火力が高く、約30万程度で、赤オーディンのスキルでも約13万程度なのに対して倍以上の威力があり、より多くの敵をスキルで倒せます。

そのスキルを最大限に生かすために自傷スキルでHPを1にしておく必要があるからです。特にバーサーカーは五右衛門と同じ火属性で火属性強化覚醒もあり、スキブも3と非常にかみ合っています。

五右衛門周回パを作る際に気を付けたいのは、五右衛門のスキルが15ターンで発動なので、それに合うスキブ数を確保することです。

一番多いスキブ持ちで、天狗の4つ。シヴァドラは2つもちでスキルで2ターン短縮と実質4ターン分あり、このあたりは調整に重宝します。

他スキブ3つ持ちに赤オーディンやヤマトタケル、バーサーカーなどがいます。スキブ15確保はかなりシビアですが、火力が足りるのならば、フレンドを赤オーディンやヤマトタケルにすることでそれを一気に緩和させることもできます。

他に周回パを作る時に考えたいこと、それは手持ちの代用はどのキャラでいけるかということ。ガチャ限も多く入ってくるので、全員が組めるわけではありません。赤オーディンなどは☆6フェス限ですし、手に入りにくいキャラも多いです。

なので、持っていない!という状況の時に如何にそれに近いキャラを用意できるかを考えましょう。その選考基準は、まずブレススキル代用役には敵全体攻撃かをチェックしましょう。

究極ノブナガやゼロムスが候補に挙がります。

スキブが足りないときは上手く天狗を詰めます。火力が充足しているか計算必須です。最近ではマルチのほうが効率がいい場合も多く、マルチの場合スキブ共有なので、ほぼ倍の数用意できます。

そうなればあまり意識しなくても開幕で15ターンスキブで溜まります。今後はゲリラでもマルチで周回可能になるので、今まで組みきれなくて妥協していた人も手持ちでできる五右衛門周回パを作っておけば、マルチで大活躍です。

五右衛門パ周回で美味しい思いができれば一気に育成や+集めも捗るので、BOXの強化ができ、諦めていたダンジョンもクリア可能になっていくでしょう。

パズドラ 五右衛門パで使える無課金キャラの候補は?

高速周回などでパズドラ全ユーザに使用され尽くしている五右衛門。持っていない、育ちきっていない初心者の人はまず入手して育成をしましょう。

五右衛門パはテンプレががっちり決まっているようなタイプではなく、周りたいダンジョンに合わせて調整しながらパーティを組むタイプのキャラです。

概ねの基準としては、スキルブーストが多いキャラを入れること。火属性強化覚醒持ちを入れること。回復ドロップを火に変換するキャラを入れること。このあたりが選考基準となります。

基本的に一気に突っ走るタイプなので、スキル溜めの必要が無いようにスキル短縮も考慮して、16-階層数のスキブが欲しいところです。これはボスで五右衛門のスキルの火花火を発動させ一撃で沈めるためです。

ただし、開幕自傷スキル使用ができない場合、HP調整で1,2ターン使用することになるので、場合によってはそれも考慮に入れます。

道中はほぼどこであろうと火3個消し程度で敵は沈みます。回復事故が起こらないように攻撃態勢系スキルで回復を消しながら進みます。

とにかく五右衛門パはダンジョン開幕からボスを倒すまで事前に計算し尽くして使用するので、どこでどう行動すべきかをしっかり予習しておかなくてはいけません。

さて、無課金(非ガチャ限)キャラで揃えるとすればどのキャラが良いでしょうか。

無課金キャラで考えるとスキブ確保は至難の業です。火力を計算して問題無ければ天狗は筆頭候補になります。木属性ですが、スキブ4のありがたい覚醒です。

攻撃態勢枠ではやはりギガンテス系ですが、できれば私立パズドラ学園でドロップする番長ギガンテスがベストです。また、OCTOPUSも無課金ダブル攻撃態勢でいいでしょう。

自傷スキル持ちは数が少なく、無課金キャラでは聖王アーサーくらいしか選択肢はありません。無い場合は開幕HP調整必至です。

他、酒呑童子やヘパイストスの降臨キャラはステも高く使いやすいです。ほとんどの人は自傷持ちを用意できないでしょうから、開幕HP調整をする前提だと、サブの4体中の3体がギガンテスという組み方でも十分使えます。

そのかわり1階層でのHP調整は事前に計算必須です。

ギガンテス自身の攻撃力に期待できないため、五右衛門の火力に依存してしまうことになりますが、リーダーフレンド2体の五右衛門の火力では不安な場合は残りの1枠に火ドロップ強化スキル持ちを入れると花火の火力が3倍近くになります。

とにかく、色々なキャラがいない間はギガンテスを使う。ダンジョンに侵入する前にクリアまでの道筋を計算する。

これで五右衛門無課金パは十分強く、五右衛門課金パと大きく性能が変わらない力を実感することができます。

おすすめの関連記事

・「リーダーモンスターの選び方
・「リセマラの最新情報
・「最強パーティのランキング
・「サブの最強ランキング
・「コラボの最強モンスターとは?!

パズドラ 五右衛門で簡単攻略!色々ダンジョン解説!

ここではとにかく五右衛門で高速周回できるダンジョンとその内容についてスピーディに書いていきます。

まずは今更ですが「神々の王」、1階層で自傷スキルを使い抜きます。その後、スキルで抜ける所は抜いて、回復ドロップと回復事故に気を付けて9階層まで進みます。ここで花火を撃って、ボスで再度で花火で終了です。

次に「聖獣達の楽園」、1階層にターンが余裕あるので2ターンほどスキブ足りなくてもOKです。ここで五右衛門を溜めて発動して抜きます。

その後、順次四神を一撃で倒し、たまドラ階は火ドロップの数が少なければ変換や毒、固定ダメで抜きます。そして最後ファガンを花火でワンパン、終了です。

「天元の黒龍」、固定ダメや毒をサブに詰め込んで、1階層で自傷、固定ダメージ等で抜いていき、最後ヘビーメタルドラゴンを花火でワンパンです。

「聖峰の嵐龍」、必須はバインド回復要因です。アメノウズメがいいですね。例によって1階層で自傷、5階層までワンパンで進み、6階層たまドラにバインド受けて回復、次のボスはまたいつもの花火でワンパンです。

お待ちかねの「修練の道」、フレンドにヤマトタケルを選び、サブに赤オーディンを詰め込みます。1体だけなら樹のサムライオーガに変更も可能です。1階層で花火のブレス、2~4階層でグングニル、ボスで花火を撃って終了です。1分を切るスピードです。

「輝望の道」も全く同じ流れで攻略可能です。と言っても修練の道があれば、それよりまずい輝望の道へいくメリットが乏しいのですがね。

いくつかサラッと攻略してみましたが、全編通して初っ端の花火や自傷、ブレスと五右衛門自身のスキルが重要になっています。

そのため五右衛門スキルのスキルを開幕で使用できるようにするためにヤマトタケルや赤オーディンは多めに入れておきたいところ。

そんなに用意できないという人には代用案として、覚醒レイランやトゥバン、シヴァドラといったスキブ持ち+スキルに短縮を持つキャラを入れるといいです。彼らは五右衛門よりスキルが軽いので開幕に発動もしやすく、発動させればスキルターンが短縮されるので、五右衛門の15ターンに届かせやすくなります。

一端自傷ができてしまえば、高火力を維持できるので道中は問題なく、ボスも花火でワンパンできるので、サブのスキルにはブレス系や毒、スキル短縮以外変換機能などは無視して考えられるので惜しまず使いましょう。

最後に五右衛門を使う上で大切なことは、事前予習をすること。自傷でHP1にすることが基本の五右衛門にとって1度のミスで死にます。

そのリスクを負って高速周回ができていることを忘れないように、ミスだけには注意して運用しましょう

[パズドラ]ソニア=グラン降臨超高速周回究極五右衛門PT

 ゴエモン×ゴエモンのソニア=グランクリア動画です。ゴエモンの火力が非常に高く、次々と簡単に突破して行けています。列を1つ混ぜただけでも、コンボ無しでもかなりの攻撃力上昇がみられます。(列強の数からいって1.6倍かな?)ラストのソニア=グランもワンパンですが、根性の特性があるため1ターン耐えられてしまいます。しかし、ソニア=グランはその後、こちらのHPが役1万以上ない場合は、全回復の技を使ってこないため攻撃力強化を優先します。HPが1のままなので、後はペチッと攻撃すれば終了です。ソニア=グランを2分で回れるのがいいですね。ソニアは、降臨キャラの中でも比較的強い部類で、スキル上げをしておくと何かと便利ですのでゴエモン周回パも、ありだと思います。

パズドラの攻略ページへ

[パズドラ]金曜超地獄安定周回究極五右衛門PT50秒

 ゴエモンで金曜超地獄の超高速クリア動画です。・・・あ、これすごく便利だ。多分そう思われるほどに、簡単で確実な、高速周回可能なパーティです。1分で、しかもサブが割と他ので代理可能な上で、金曜超地獄の高速周回ができるようです。エンジェリット、デビリットでスキル上げしたい方や、ミスリット、ベビタマ集めをしておきたい方には、五右衛門がオススメですね!

パズドラの攻略ページへ

【パズドラ】神々の王「高速周回」(五右衛門パ・自傷有)1分14秒

 ゴエモンで神々の王の超高速クリア動画です神々の高速周回は他にも色々ありますが、五右衛門は凄まじい速度でクリアできるようです。構成難易度も赤おでんを除けば、比較的優し目です。赤おでんは別のキャラクターに代理することも十分に可能です。(また、サブの五右衛門も、赤ソニアとかに入れ替え可能だと思われます)ただ、ゼウス戦で列強が足りなくなるので、ドロップ強化の導入が必要となります。この動画より周回速度が少し落ちてしましますが、それでも1分台で周回可能ですので、EXP稼ぎか、ノマダン3倍でプラマラしたい方は、五右衛門パーティを作成してみてはいかがでしょうか?

攻略wikiへ

マイクラ攻略wikiへ DQB攻略wikiへ パズドラ攻略サイトへ モンスト攻略サイトへ DQMSL攻略サイトへ 星ドラ攻略サイトへ グラマス攻略サイトへ

関連記事

© 5Q 2015

運営会社